92件中 71 - 80件表示
  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た辻元清美辻元清美

    7月27日 - 辻元清美元・国土交通副大臣が社民党に離党届を提出。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紘一

    加藤紘一から見た辻元清美辻元清美

    2007年2月、自民党の山崎拓、民主党の仙谷由人、枝野幸男、公明党の東順治、社民党の辻元清美らと超党派勉強会「ビビンバの会」を立ち上げる。加藤紘一 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た辻元清美辻元清美

    こうした党との意見の違いによりわずか6か月で辞職。これに伴い、ツルネン・マルテイが繰り上げ当選した。辞職の弁では「日本の民主党がこれほどまでに反民主的な集団とは思わなかった」と述べた。辞職会見の時には、旧社会党系の民主党議員や社会民主党の女性議員が「巨泉さん辞めないでください!」と辞職する巨泉を止めようと説得する場面があった(この時は、辻元清美や福島瑞穂などの議員もいた)。この時巨泉は「僕は辞めると言ってはいないんです。辞めたのです」と説得する女性議員に向かって述べた。比例代表で当選した議員がその党の路線への不満を理由に辞職することについて各方面から批判された。当時の官房長官・福田康夫は会見で「職場放棄だ」と批判した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 中川智子

    中川智子から見た辻元清美辻元清美

    1996年(平成8年)10月20日の第41回衆議院議員総選挙では、社会民主党公認で比例近畿ブロックから立候補し初当選。土井たか子社民党党首(当時)の影響を強く受け、福島瑞穂、辻元清美、保坂展人、北川れん子らと共に「土井チルドレン」と呼ばれた。2000年の第42回総選挙では兵庫県第6区から出馬し、選挙区では保守新党の小池百合子に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、再選。社民党では政策審議会副会長を務めた。中川智子 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日放送開局40周年記念特別番組

    毎日放送開局40周年記念特別番組から見た辻元清美辻元清美

    パネリスト:辻元清美、渡辺豊和、大谷昭宏、松下滋毎日放送開局40周年記念特別番組 フレッシュアイペディアより)

  • 堂本暁子

    堂本暁子から見た辻元清美辻元清美

    1995年、第17回参議院議員通常選挙では新党さきがけ公認で比例区から出馬し、再選。1996年には新党さきがけ議員団座長に就任し、辞任した井出正一代表に代わり、事実上の党代表職を務める。この間、新党さきがけは自社さ連立政権の村山内閣、橋本内閣に参画し、堂本は自由民主党の加藤紘一や社会党(のち社会民主党に改称)の辻元清美らが結成したNPO議連に参加。「特定非営利活動促進法(NPO法案)」の成立に尽力した。1997年、UNEP(国連環境計画)の「環境に貢献した25人の女性リーダー」に選ばれた。新党さきがけを離党後、参議院クラブを経て無所属の会に入党。第19回参議院議員通常選挙には不出馬。堂本暁子 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た辻元清美辻元清美

    社民党の辻元清美の慰安婦問題に関する質問主意書に対して、政府は2007年3月16日の閣議で、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示す記述は見当たらなかった」とする答弁書を出した。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 上野千鶴子

    上野千鶴子から見た辻元清美辻元清美

    辻元清美)『世代間連帯』(岩波新書、2009年)上野千鶴子 フレッシュアイペディアより)

  • ピースボート

    ピースボートから見た辻元清美辻元清美

    ピースボート(Peace Boat )とは、国際交流を目的として設立された日本の非政府組織(NGO)、もしくは、その団体が主催している船舶旅行の名称である。後に政治家となった辻元清美ら早稲田大学の学生数名が1983年(昭和58年)に設立した。創設メンバーで現在運営には関わっているのは、吉岡達也のみ。ピースボート フレッシュアイペディアより)

  • 大淀町

    大淀町から見た辻元清美辻元清美

    辻元清美…政治家(幼少時まで)大淀町 フレッシュアイペディアより)

92件中 71 - 80件表示

「辻元清美」のニューストピックワード