152件中 81 - 90件表示
  • 三浦まり

    三浦まりから見た辻元清美辻元清美

    2015年12月9日には憲政記念会館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく資金集めのパーティに参加している。三浦まり フレッシュアイペディアより)

  • 山崎拓

    山崎拓から見た辻元清美辻元清美

    2015年12月9日には憲政記念会館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく資金集めのパーティに参加している。山崎拓 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎行太郎

    山崎行太郎から見た辻元清美辻元清美

    思想面では保守反動を自称する一方、自由民主党所属時から現在まで一貫して小沢一郎への支持を公表しており、「小沢一郎議員を支援する会」にも度々出席しては講演を行っている。自著『それでも私は小沢一郎を断固支持する』でも小沢への敬意を述べ、小沢が政治資金問題をめぐって裁判を受けた際にも、「小沢一郎潰し」と「民主党政権潰し」を狙った日米合作による不当な政治某略裁判だと批判した。小沢の他にも、志位和夫、ドナルド・トランプ、桜井誠、マリーヌ・ル・ペン、今村雅弘などを高く評価する一方、安倍晋三、野田佳彦、岡田克也、菅直人、鳩山由紀夫、藤井裕久、辻元清美、蓮舫、小池百合子などを痛烈に批判している。山崎行太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 国土交通副大臣

    国土交通副大臣から見た辻元清美辻元清美

    2009年9月18日 辻元清美(?2010年5月31日)、馬淵澄夫国土交通副大臣 フレッシュアイペディアより)

  • 高野孟

    高野孟から見た辻元清美辻元清美

    2015年12月9日には憲政記念会館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく資金集めのパーティに参加している。高野孟 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田久和

    戸田久和から見た辻元清美辻元清美

    卒業後は連帯ユニオンの委員などを経て、1999年門真市議会議員選挙に「市民派」を掲げて立候補、最下位で当選する。所属会派はないが辻元清美らの支援を受ける。2003年の門真市議会議員選挙ではトップ当選し、二期目を務める。かつては「鮮烈市民派」と称していたが、現在は「鮮烈左翼」と称している。2003年4月には、朝鮮学校に通学する生徒を嫌がらせから守るため、近隣の市議や市民活動家ら34名の賛同を得て「ストップ!子供たちへの民族暴力。行動する日本人?大阪」を発足させる。戸田久和 フレッシュアイペディアより)

  • 田原総一朗

    田原総一朗から見た辻元清美辻元清美

    2015年12月9日には憲政記念館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく政治資金パーティーに参加している。田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男

    鈴木宗男から見た辻元清美辻元清美

    2002年2月4日、NGO出席問題を巡って田中眞紀子外務大臣と対立する形で衆議院議院運営委員長を辞任。9日後の2月13日、国後島の「日本人とロシア人の友好の家」(いわゆるムネオハウス)の建設をめぐる疑惑を発端として、数々の疑惑が浮上。2月20日に参考人招致、3月11日に証人喚問を受けたが明白な答弁は避けた。一切の疑惑に対して曖昧な釈明に終始したことより、社民党の辻元清美議員から「もう、ど忘れ禁止法を適用したい」「あなたはねぇ、疑惑のデパート言われてますけど疑惑の総合商社なんですよ!」と批判を受けた(辻元は7年後の2009年に外務委員会で「(自分が追及した案件については)裁判でもその事実は出ておらず、確証がなかった。そのような言葉遣いをしたことを反省している」と陳謝している)。3月15日、自民党を離党。さらに3か月後の6月19日、やまりん事件のあっせん収賄容疑を理由として衆議院本会議にて逮捕許諾決議が可決され逮捕された。21日、衆議院本会議で議員辞職勧告決議が可決されたが議員辞職はしなかった。7月20日、あっせん収賄罪で起訴。証人喚問において島田建設事件とモザンビーク事件に絡んだ証言が偽証として9月13日に議院証言法違反で、また、政治資金規正法違反の罪でも併せて起訴された。鈴木宗男 フレッシュアイペディアより)

  • 4月28日

    4月28日から見た辻元清美辻元清美

    1960年 - 辻元清美、ピースボート創設者、政治家4月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 大串博志

    大串博志から見た辻元清美辻元清美

    2012年には日本国憲法の改正、集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに反対としていたが、2014年には集団的自衛権を巡る憲法解釈変更について、「現在の安全保障上、ニーズが高まっているのは理解できる」とした上で、国民的な議論の積み重ねが必要とした。しかし、2015年の安保法の衆院採決の際に玉木雄一郎、辻元清美、宮崎岳志、泉健太らとプラカードを掲げて猛反対した。大串博志 フレッシュアイペディアより)

152件中 81 - 90件表示

「辻元清美」のニューストピックワード