153件中 91 - 100件表示
  • 辻元清美

    辻元清美から見た第45回衆議院議員総選挙

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では社民党公認で出馬し、大阪10区では自由民主党の松浪健太に敗北したが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、3選を果たす。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では前回敗れた松浪を大阪10区で破り、4選。選挙後の同年9月、女性初の党国会対策委員長に就任した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た特殊法人

    「本当のことを言えば、1条から8条はいらないと思っています。天皇制を廃止しろとずっと言っています。(略)日本国憲法は9条から始め、天皇は伊勢にでも行ってもらって、特殊法人か何かになってもらう。」辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た復活当選

    2012年12月16日、第46回衆議院議員総選挙で小選挙区の大阪10区より出馬し落選するものの民主党の比例近畿ブロックで復活当選を果たす。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た重複立候補

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では社民党公認で出馬し、大阪10区では自由民主党の松浪健太に敗北したが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、3選を果たす。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では前回敗れた松浪を大阪10区で破り、4選。選挙後の同年9月、女性初の党国会対策委員長に就任した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た市民運動

    早稲田大学教育学部卒業。早大在学中の1983年(昭和58年)、その前年に起きた歴史教科書問題に触発され、アジア諸国と日本の交流の活性化を目的としたNGO「ピースボート」を設立した。その後も市民運動に関わり1993年(平成5年)にはエイボン女性大賞教育賞を受賞。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件では衆議院議員・鈴木宗男を激しく追及したが、その後、2009年(平成21年)に国会で「(事件の)裁判でもその事実(自身が追求したアフリカODA疑惑等)は出ておらず、確証がなかった。そのような言葉遣いをしたことを反省している」と陳謝、同事件で鈴木が一二審有罪とされていることについては、「(同事件が)係争中であるため、申し上げる立場にない」とコメントしている。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た罷免

    2010年(平成22年)5月、沖縄県の普天間基地移設問題で、日米の政府間合意に閣議決定で反対し署名を拒否した内閣府特命担当大臣の福島瑞穂が鳩山由紀夫首相に閣僚を罷免され、社民党も連立政権からの離脱を決定。辻元は5月31日、前原誠司国交相に辞表を提出し、副大臣を辞任した。辞表提出後のインタビューで、手がけた道半ばで本当は辞めたくなかったと涙ながらに語った。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た東京地方裁判所

    2012年1月19日、辻元は当該記事や阪神大震災時に被災地で反戦ビラを配布したとした記事などについて、産経新聞社および記事を執筆した同社記者を東京地裁に提訴した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た環境アセスメント法

    議員活動では特定非営利活動促進法(NPO法)、被災者生活再建支援法、情報公開法、児童買春・ポルノ禁止法などに取り組んだ。COP3「地球温暖化防止」プロジェクトチーム、男女共同参画社会基本法、環境アセスメント法審議に関わる。2000年ダボス会議「明日の世界のリーダー100人」に選出される。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た自社さ連立政権

    当時、社民党は自社さ連立政権の一翼をになう与党であったが、社民党・新党さきがけ2党は総選挙直前に大量の離党者を出し(その多くが旧民主党結党に参加)、総選挙で惨敗を喫した。総選挙を経て発足した第2次橋本内閣では社民・さきがけは閣僚を輩出せず、閣外協力に後退し、後に正式に連立政権を離脱する。なお、辻元は一般に「自社さ」と呼ばれた連立の枠組みを常に「社自さ」と称していた。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「辻元清美」のニューストピックワード