153件中 21 - 30件表示
  • 辻元清美

    辻元清美から見た2009年

    2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では社民党公認で出馬し、大阪10区では自由民主党の松浪健太に敗北したが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、3選を果たす。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では前回敗れた松浪を大阪10区で破り、4選。選挙後の同年9月、女性初の党国会対策委員長に就任した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た産業経済新聞社

    2012年1月19日、辻元は当該記事や阪神大震災時に被災地で反戦ビラを配布したとした記事などについて、産経新聞社および記事を執筆した同社記者を東京地裁に提訴した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た角川書店

    辻元清美著『へこたれへん。』角川書店、2005年 ISBN 9784048839310辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見たテレビ朝日

    2002年(平成14年)3月、週刊新潮により辻元が政策秘書給与の名目で給付を受けた公費を流用し、横流ししている疑惑を報じた。辻元は同日に記者会見を開き週刊新潮の報道を否定したが、3月24日のテレビ朝日の「サンデープロジェクト」では、一部が事実であることを認めた。そして社民党の調査委員会は3月25日に調査報告を発表し、週刊新潮の記事がおおむね事実であることを認めた。辻元は翌日の3月26日に責任を取って議員辞職をした。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た岩波書店

    早瀬昇・松原明『NPOはやわかりQ&A』岩波書店、2000年。ISBN 9784000092111辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た鳩山由紀夫内閣

    社会民主党政策審議会会長(第5代)・国会対策委員長(第8代)、国土交通副大臣(鳩山由紀夫内閣)、内閣総理大臣補佐官(災害ボランティア活動担当)などを歴任した。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た警視庁

    2003年6月、警視庁が辻元本人や元秘書らに事情聴取する。7月18日、辻元本人、初代政策秘書、土井党首の元秘書で指南役の五島昌子ら4人が秘書給与詐欺容疑で警視庁に逮捕された。逮捕後は、逮捕前任意聴取時の「政策秘書に勤務実態はあった」という主張が一転し、4人全員が口裏合わせをして証拠隠滅を図った事実と詐欺容疑を全面的に認めた。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た第三書館

    特記なき物は第三書館辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た肥田美代子

    2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では大阪府第10区から社民党公認で出馬し、公明党の石垣一夫、民主党の肥田美代子らを破り、再選を果たした。同年、社会民主党政策審議会長に就任。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た照屋寛徳

    2009年(平成21年)9月に発足した民社国連立政権の鳩山由紀夫内閣において、国土交通副大臣に就任する。国会対策委員長の職にあった辻元は当初、党務に携わるため就任の要請を固辞したが、社民党党首の福島瑞穂が既に閣議で辻元の国交副大臣就任を含む政務三役の人事案に同意し署名していたため、最終的に辻元は国土交通副大臣就任を受け入れた。あわせて国対委員長を辞任し、同職は重野安正社民党幹事長が代行し、辻元は翌2010年(平成22年)1月、正式に国対委員長を辞任した(後任は照屋寛徳)。国対委員長辞任後、新たに設けられた社民党特命常任幹事に就任し、党執行部には残留している。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「辻元清美」のニューストピックワード