176件中 91 - 100件表示
  • 粟津ちひろ

    粟津ちひろから見た辻希美辻 希美

    HAPPY SOUPで自分の好きな女子を紹介するコーナーを持ち、辻希美、加藤綾子アナウンサー、涼宮ハルヒなどを紹介している。粟津ちひろ フレッシュアイペディアより)

  • 春日沙也加

    春日沙也加から見た辻希美辻 希美

    幼稚園の頃、当時モーニング娘。の辻希美を見てアイドルに憧れる。春日沙也加 フレッシュアイペディアより)

  • フラフープ

    フラフープから見た辻希美辻 希美

    フラフープの世界記録は辻希美、加護亜依も所持していたころがあり、ギネスブック2005年版に掲載された。2011年2月11日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』では、直径12.8m(円周約40.2m)のフラフープを30秒間回したと紹介してその大きさを体感する試みをしていたが、円周12.8mの誤りである。フラフープ フレッシュアイペディアより)

  • 恋のバカンス (曲)

    恋のバカンス (曲)から見た辻希美辻 希美

    2004年、W(ダブルユー/加護亜依・辻希美)(シングル)恋のバカンス (曲) フレッシュアイペディアより)

  • チャク部

    チャク部から見た辻希美辻 希美

    表外字であっても「蓮」「迪」「遥」「遼」は表外漢字字体表答申当時の人名用漢字なので、表外漢字字体表では「常用漢字に準じて扱うことが妥当であると判断した。そのため、人名用漢字についても、常用漢字と同様に対象外とした。」とし、「一点之繞」を標準としている(表外漢字字体表では印刷標準字体を示さない)。ただし、司馬遼太郎の「遼」、大杉の「」、蓮實重の「蓮」などは固有名詞であるため二点之繞が用いられる。逆に希美のように印刷標準字体は二点之繞「」だが、名前では一点之繞「」の方を使用している場合もある。チャク部 フレッシュアイペディアより)

  • サウスポー (ピンク・レディーの曲)

    サウスポー (ピンク・レディーの曲)から見た辻希美辻 希美

    W(辻希美・加護亜依によるユニット)が、2004年に発売したアルバム『デュオU&U』でカバー。サウスポー (ピンク・レディーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • MUSIX!

    MUSIX!から見た辻希美辻 希美

    エレベーター娘。(辻希美・加護亜依)MUSIX! フレッシュアイペディアより)

  • 里田 まい(カントリー娘。)

    里田まいから見た辻希美辻 希美

    2006年には出演回の最下位をほぼ独占しており「最下位=里田」のイメージが強かったが、2007年から木下、スザンヌの出演により最下位数が徐々に減少し、上地雄輔出演後からは彼が最下位を独占するようになり最下位とならなかった時期もある。しかし2008年1月9日放送分で最下位となり、同年下半期頃からはmisonoが出演しない回ではたびたび最下位になった。その後はmisonoに加えて元木大介、山田親太朗、森公平などの「おバカ」が出演するようになったため、最下位どころかアンカーにすらもならなくなり、彼らよりさらに「おバカ」とされる辻希美やRYOEIが出演するようになってからは、通常放送やスペシャル番組でも中位入りする機会が増えている。悪い時でも18人中だと13位、21人中だと15位くらいである。2008年12月10日放送分では22点と初の20点台を記録した。2009年以降は10点台後半から20点台で推移している。なお、里田は2009年2月25日放送分以降、ペーパーテスト最下位になることはなかったが、2011年4月13日放送の2時間スペシャルにて9点(木下優樹菜、misonoと同点)を取り、約2年ぶりに最下位になってしまった。里田まい フレッシュアイペディアより)

  • エンジョイガレッジ

    エンジョイガレッジから見た辻希美辻 希美

    ガレッジセール+ゲスト3人(2007年2月26日放送分は、坂下千里子、ザ・たっち。2007年2月26日放送分は、辻希美、スピードワゴン。)で構成された「チームガレッジ」対ゲスト5人で構成されたゲストチームの対抗戦形式。エンジョイガレッジ フレッシュアイペディアより)

  • スターどっきり(秘)報告

    スターどっきり(秘)報告から見た辻希美辻 希美

    先ずは矢口。矢口が一室に一人ぼっちにされた所に当時の現役メンバーの9人(高橋愛・新垣里沙・亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな・久住小春・光井愛佳・ジュンジュン・リンリン)がいきなり入って来て矢口が驚いていた所にミサンガを見せていた。このミサンガは忙しい日程とレッスンの合間を縫って作ったと言う。そのミサンガを見た矢口は涙を見せながらもありがとうと言ってミサンガを付けていた。そして迎えた決勝当日。レースでは先ず、最初に現役メンバーが登場して最新シングルの♪なんちゃって恋愛?を披露。そして夜になったクライマックスの時間帯には卒業メンバー兼「M-line club(現在のドリームモーニング娘。)」(中澤裕子・保田圭・吉澤ひとみ・紺野あさ美・小川麻琴)の5人、更にはヘキサゴンファミリーからも辻希美が特別参加して合計15人の大所帯で往年の名曲/♪LOVEマシーン?を披露した(終了後、矢口は仲間たちが来てくれた事に感謝してみんなの顔を見てるとヤバいし先輩や後輩も沢山来てくれて嬉しかったと言っていた)。スターどっきり(秘)報告 フレッシュアイペディアより)

176件中 91 - 100件表示

「辻希美」のニューストピックワード