前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2226件中 1 - 10件表示
  • 産経新聞

    産経新聞から見た近畿地方近畿地方

    2012年(平成24年)7月?12月平均の販売部数は、朝刊が160万6820部、夕刊が53万6122部であり、朝刊部数では『読売新聞』(約994万部)、『朝日新聞』(約764万部)、『毎日新聞』(約340万部)、『中日新聞』(東京新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井を含めて約334万部)、『日本経済新聞』(約295万部)、『東京スポーツ』(中京スポーツ、大阪スポーツ、九州スポーツを含めて約169万部)に次ぐ業界7位。購読者は90%以上が東京本社版では関東・静岡地区、大阪本社版では近畿地区にそれぞれ集中している。産経新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県

    奈良県から見た近畿地方近畿地方

    奈良県(ならけん)は、日本の都道府県の一つで、本州中西部、紀伊半島内陸部、近畿地方の中東部に位置する県。令制国の大和国の領域を占める。県庁所在地は奈良市。北西部の盆地地域を除き、険しい山々がそびえている。奈良県 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た近畿地方近畿地方

    この豪雪の特徴としては強い冬型の気圧配置が続くことで雪雲が季節風により山地まで運ばれるため山間部や内陸部に大雪をもたらす「山雪型」の特徴が顕著に現れており、北海道地方から北陸地方・山陰地方の山間部では多くの地域で冬(12月 - 2月)の降雪量や最深積雪が平年を上回った。特に新潟県の山間部にある津南町では4mを超える最深積雪を記録したのをはじめ北海道、東北地方、北陸地方、群馬県、岐阜県、長野県、中国地方などの山間部や内陸部を中心として記録的な最深積雪となる所が多く12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点もあった(豪雪の記録は年間で一番積雪が増える1月後半から2月にかけて記録されることが多く、12月中に記録を更新することは珍しい)。一方、金沢市、福井市、鳥取市など日本海側沿岸部に位置する地域では最深積雪こそ平年並あるいは平年を上回るところが多かったものの冬期間の降雪量は平年並あるいは平年を下回るところが多かった。12月は日本海側山間部から内陸部、沿岸部の多くの地点で降雪量が平年を大きく上回ったものの1月中旬以降は冬型の気圧配置が長続きせず高温となる時期も多くなったこと(2005〜2006年冬のシーズンは12月よりも2月の方が高温であった)や冬型の気圧配置となっても山間部中心の降雪となったため日本海側沿岸部では1月、2月の降雪量は平年を下回り、この地域では2月中旬以降は融雪も進み3月を迎える前に積雪がなくなる地点も多かった。山間部の地域でも1月中旬以降は強い降雪のピークは超えたが、代わりに気温の変動などによる雪崩被害も増加した。また新潟市や東北地方太平洋側の仙台市や福島市でも冬の降雪量や最深積雪は平年並、あるいは平年を下回った(但し、元々これらの都市は日本海からの発達した雪雲の影響を比較的受けにくい地域であり北国と呼ばれる割に積雪はとても少ない)。このほか12月は平年の「寒気が南下してくる限界」よりも南に寒気が流れ込んだため九州地方、四国地方、中国地方瀬戸内側、近畿地方、東海地方など平年は雪が少ない地域でも大雪となった。主要都市でも鹿児島市、高知市、広島市、名古屋市など広い範囲で記録的な大雪となった。また、1月下旬には本州南岸を通過した低気圧の影響で関東地方でも大雪となった。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地上デジタルテレビ放送

    日本の地上デジタルテレビ放送から見た近畿地方近畿地方

    親局と中継局(または基幹中継局と補助中継局)が同じ周波数で放送することが可能である。これにより電波の利用効率を大幅に高めることができるほか、外出先でワンセグ放送を受信する際に(受信端末の選局ボタンなどに登録している放送局の周波数と、外出先の地域における周波数が同じ場合には)設定をし直さなくて済むメリットがある。特に近畿地方で多く見られるが一部では混信による受信障害も発生しており、一例として生駒送信所と同一周波数で放送を行なっていた奈良県の大規模中継局である栃原中継局(近畿圏広域民放4局とNHK大阪Eテレ)の周波数が兵庫県の摩耶山送信所と同一周波数であったNHK奈良総合テレビと奈良テレビ放送を含めて全局が2012年1月末をもって変更される事例も発生している。日本の地上デジタルテレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方

    東北地方から見た近畿地方近畿地方

    一方、日本海側(出羽国)は、沿岸に庄内平野、秋田平野、能代平野、津軽平野と、内陸部につながる沿岸平野がほぼ均等な間隔で存在し、北前船に代表されるように、古代から明治時代まで、海運による近畿地方との関わりが深い「沿岸国」としての歴史が綴られている(→越後国の先にある地域)。東北地方 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た近畿地方近畿地方

    東部の徳島県は政治・経済・文化において近畿地方の影響を受けており、北東部の香川県は文化・経済の両面で岡山県や兵庫県とのつながりが深く、西部の愛媛県は広島県や九州の大分県との交流が見られる。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地域

    日本の地域から見た近畿地方近畿地方

    諸外国では、日本の地方制度が周知されていないため、日本列島を構成する主要な4つの島である北海道・本州・四国・九州および琉球列島(奄美群島・沖縄諸島・宮古列島・八重山列島)を以ってそのまま日本の地方区分として用いる例が多い。しかし、日本国内では、北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州に分ける「八地方区分」の方が多く用いられる。歴史的な経緯・交通機関の発達・経済の変化・文化や住民の帰属意識などにより、地方・地域区分は異なるが、ここでは一般的な地方・地域区分を示す。日本の地域 フレッシュアイペディアより)

  • ソフトバンクモバイル

    ソフトバンクモバイルから見た近畿地方近畿地方

    会社組織上は日本国有鉄道(国鉄)が分割民営化するのに先立ち、1986年(昭和61年)に国鉄の鉄道電話事業の継承を目的として設立された鉄道通信株式会社が原点となる。その後、国鉄が保有していた通信網の活用を目的に1984年(昭和59年)に設立された日本テレコム(様々な形態を経て後のソフトバンクテレコム)と合併、新たに日本テレコムとなり、同社が1991年(平成3年)から関東甲信地方、東海地方、近畿地方を管轄とするデジタルホン、1994年(平成6年)からツーカーと共同で北海道、東北地方、北陸地方、中国地方、四国ならびに九州を管轄するデジタルツーカーを各地域ごとに会社を設立し、無線通信サービスを開始した。ソフトバンクモバイル フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞

    朝日新聞から見た近畿地方近畿地方

    朝日新聞の読者は読売新聞に次いで首都圏と関西圏で多く、中日新聞に次いで名古屋圏で多い。2013年現在シェア1位の都道府県はないが、全国的に満遍なく読まれている。朝日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ大阪

    テレビ大阪から見た近畿地方近畿地方

    テレビ東京をキー局とするTXNの基幹局で、近畿地方では最も新しい民放テレビ局である。「大阪テレビ」と誤表記される場合があるが、これはABCテレビ(朝日放送)の旧称である。テレビ大阪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2226件中 1 - 10件表示

「近畿のできごと」のニューストピックワード