2682件中 91 - 100件表示
  • 国際花と緑の博覧会

    国際花と緑の博覧会から見た近畿地方近畿地方

    1990年は台風の当たり年となり、1年に6個もの台風が上陸した。その中でも台風19号は強い勢力を保ったまま9月19日に関西地方に上陸し、この影響で博覧会会場は、午後3時半で閉場となった。当日の入場者数は約4万2000人で、これが会期中最低の人出となった。国際花と緑の博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 成城石井

    成城石井から見た近畿地方近畿地方

    株式会社成城石井(せいじょういしい、SEIJO ISHII CO., LTD.)は、関東地方を中心に、中部地方、近畿地方に店舗を展開する食料品主体のスーパーマーケットチェーンである。成城石井 フレッシュアイペディアより)

  • 桜餅

    桜餅から見た関西地方近畿地方

    関西風桜餅:関西以西で作られている桜餅。道明寺餅。桜餅 フレッシュアイペディアより)

  • 生石高原

    生石高原から見た関西地方近畿地方

    和歌山県の北部を高野山から海南市方面へ延びる長峰山脈の一角をなしている高原である生石高原は、海草郡紀美野町中田と、有田郡有田川町生石にまたがる高原であり、生石ヶ峰(標高870m)を中心に隆起準平原の平面が続いている。その山頂一帯はススキで覆われた約13haの大草原となっている。春の新緑、秋のススキのシーズンは関西一円から、数多くの観光客が、その自然に触れることを目的に集まってくることでも知られている。また山頂からの眺望も非常に良いことも相まって、和歌山県内有数の行楽地となっている。とりわけ、ここから見た元旦の初日の出は美しいとされている。産業としては、山腹に国民宿舎があるなど観光振興がなされているほか、高原であることによる気候の特性を生かしてトマトやキュウリの抑制栽培も行われるなど農業も盛んである。以前は別荘地開発も行われていた。高原一帯は生石高原県立自然公園に指定されている。生石高原 フレッシュアイペディアより)

  • アップダウンクイズ

    アップダウンクイズから見た近畿地方近畿地方

    ブロック毎の出場者は通常と同様、6地区に分けられ、関東及び関西地区は都府県を問わず筆記問題等を上位で通過した6名が出場、その他の地区はネット局の県ごとに1人ずつ(北海道は北・南から1人ずつ)出場した。アップダウンクイズ フレッシュアイペディアより)

  • 桑原征平

    桑原征平から見た近畿地方近畿地方

    『ハイ!土曜日です』の終了後も、後継番組の『DOサタデー』『モーニングスタジオ・土曜!100%』(以下『土曜100%』と略記)や、関西テレビ制作・全国ネットのクイズ番組『クイズDEデート』で司会を担当した。1985年(昭和60年)4月からは、その人気に注目したフジテレビ(関西テレビのキー局)からの強い要請で、アナウンサーのまま東京支社編成部へ異動(後述)。1987年(昭和62年)3月までの2年間、フジテレビ制作の全国ネット番組『おはよう!ナイスデイ』で司会を務めた。この時期には、関西地方で大きな事件やブームが続発。関西から単身で東京へ赴任していた桑原も、実際には取材リポーターとして頻繁に関西へ戻っていた。桑原征平 フレッシュアイペディアより)

  • 大津テレビ送信所・中継局

    大津テレビ送信所・中継局から見た近畿地方近畿地方

    滋賀県は、近畿地方の中心部から離れていることから、この放送所は1960年、まずNHK大阪放送局によってVHF波による中継局(実験局)として設置された。大津テレビ送信所・中継局 フレッシュアイペディアより)

  • マイカル

    マイカルから見た近畿地方近畿地方

    近畿地方を中心に北海道や沖縄など一部地域を除く全国各地に事業を展開していたが、2011年3月1日にイオンリテールが吸収合併し消滅した。マイカル フレッシュアイペディアより)

  • ニュース845 (NHK大阪)

    ニュース845 (NHK大阪)から見た近畿地方近畿地方

    『ニュース850』『845』の極一時期(1980年代)には、20:55頃から『西日本ダイヤル』と題し、近畿地方・中国四国地方・九州地方(沖縄県含む)の各放送局からそれぞれのブロック概ね1つずつ、計3つのトピックの放送が行われた。ニュース845 (NHK大阪) フレッシュアイペディアより)

  • 東京一極集中

    東京一極集中から見た近畿地方近畿地方

    元来、青森県の津軽地方、秋田県、山形県の庄内地方、新潟県を中心とした東日本の日本海側は、関東との間に奥羽山脈や三国山脈といった険しい脊梁山脈が横たわっているという地形上の理由や北前船との関係から、江戸時代は特に近畿地方との交流が深く、北奥羽方言や佐渡弁などの伝統的方言や伝統文化にも関西色が残っている。鉄道がなかった江戸時代までは人々の行き来も関東よりも北陸や関西との交流が盛んであった。しかし明治以降、交通網の整備で東京志向へと変わり、さらに高度経済成長期の集団就職での首都圏への大量流入や、東北新幹線や上越新幹線、関越自動車道などの開通によって、戦後はますます東京志向が顕著となった。さらに山形新幹線や秋田新幹線の開通がよりそれを促進させた。一方、日本海側を通り、東北から北陸や関西方面への最短ルートとなる日本海東北自動車道(日東道)などの建設も進められていものの、依然として整備は遅れている。また、北陸新幹線開業に伴う高速鉄道網の再編に伴い、新潟県内などの拠点間における旅客輸送の分断も指摘されている。東京一極集中 フレッシュアイペディアより)

2682件中 91 - 100件表示

「近畿のできごと」のニューストピックワード