2682件中 71 - 80件表示
  • 炭火焼肉たむら

    炭火焼肉たむらから見た近畿地方近畿地方

    2009年2月23日から、「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー」という商品名のレトルトカレーを、近畿地区のファミリーマートで発売している。カレーは、黒箱(中辛)、赤箱(辛口)、金箱(激辛)の3種類。現在では、前述の通信販売でも購入できるほか、一部のスーパーマーケット、大阪市内の土産ショップ(大阪駅、新大阪駅、道頓堀など)、吉本興業のグッズショップ(なんばグランド花月やルミネtheよしもとなど)でも取り扱っている。ちなみに、「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」では、この商品をベースにした「たむけんおすすめ特選和牛カレー」を数量限定で提供している。炭火焼肉たむら フレッシュアイペディアより)

  • 牛カツ

    牛カツから見た近畿地方近畿地方

    しかしながら、牛肉文化圏である神戸や大阪、京都などの近畿地方では豚肉ではなく牛肉のカツが主流となり、東京発祥のとんかつが全国的に普及した現在も内食や外食において日常的に食べられている。(近畿地方を参照)牛カツ フレッシュアイペディアより)

  • コミュニティ・ストア

    コミュニティ・ストアから見た関西地方近畿地方

    関東、東海、関西地方を中心に602店舗(2014年末時点)を展開していたが、最近では閉店が進んでおり、会社概要によれば2016年12月末時点で520店舗となっている。コミュニティ・ストア フレッシュアイペディアより)

  • マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき

    マルちゃん赤いきつねと緑のたぬきから見た近畿地方近畿地方

    赤いきつねは各地の好みに合わせて、北海道向け、東日本向け(東北地方・関東地方・甲信越地方・東海地方)、近畿地方向け、西日本向け(北陸地方・中国地方・四国地方・九州地方)の4種類が販売されている。だしの素材が異なっており、東日本向けパッケージと西日本向けパッケージはそれぞれ側面部分の「E」または「W」で区別できる。マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき フレッシュアイペディアより)

  • メントレG

    メントレGから見た近畿地方近畿地方

    当時の視聴率は関西地区では約6 - 8%と低迷していたが、それ以外の地域では全国的に約12 - 14%前後と安定した数字を記録していた。メントレG フレッシュアイペディアより)

  • 弥生時代の墓制

    弥生時代の墓制から見た近畿地方近畿地方

    木棺墓(もっかんぼ)は、木製の棺を用いる墓である。北部九州でも当初は木棺を用いた。しかし、前期末以降は集団墓地が中核となり、独自に生み出された甕棺を用いる甕棺墓へと変遷していった。近畿地方や伊勢湾沿岸部での主流となった。木棺を作るには、製板技術が必要であり、そのためには金属器(または磨製石器)の使用が不可欠であることから、弥生時代前期に出現したと考えられている。しかし木材は土中の保存状態が悪く、その実態は詳しく判っていない。弥生時代の墓制 フレッシュアイペディアより)

  • 下街道 (善光寺道)

    下街道 (善光寺道)から見た近畿地方近畿地方

    明治に入り規制がなくなると、名古屋方面と(伊那谷以外の)信州を移動する人も荷物も、専ら下街道を利用する様になった。さらに、明治になり新しく帝都となった東京と西日本を結ぶ国土幹線交通路は、東海道本線の敷設などにより、岐阜より東側ではもっぱら名古屋・静岡経由の東海道沿線が担うようになった。そのため、中部山岳を通る内陸ルート自体が、本州を縦貫する東西交通路から、中京地方と信州を結ぶ地域内交通路へと役割を変えていった。その結果、近畿から関が原を通って、(名古屋へ南下迂回せず)岐阜市や美濃太田を経由して長野県を通過する江戸時代の中山道自体が、東西交通を担う単一の道としては主たる交通路から外れ、地方ごとに解体再編されることとなった。下街道 (善光寺道) フレッシュアイペディアより)

  • エビイモ

    エビイモから見た近畿地方近畿地方

    エビイモ(海老芋)は、サトイモ属ヤマサトイモの変種トウノイモ(唐芋、学名: )の品種のひとつ。土寄せ等の独特の栽培を施したもので形状は湾曲している。湾曲して表面には横縞がありエビのように見えることが名前の由来とされている。京芋(きょういも)とも呼ばれる。収穫時期は10月上旬?11月中旬(出荷時期は11月上旬?12月中旬)で、京都府を中心に主として近畿地方で消費されている。エビイモ フレッシュアイペディアより)

  • デイリースポーツ

    デイリースポーツから見た近畿地方近畿地方

    スポーツニッポン(1949年創刊)、オールスポーツ(1950年創刊。現・日刊スポーツ西日本本社・大阪本部版)、サンケイスポーツ(1955年創刊)、報知新聞(1964年大阪進出)が近畿地方で発行を始めるまでは、名実ともに「近畿唯一のスポーツ紙」であった。その後、デイリースポーツ社が東京、大阪、神戸の3本社体制に発展し、東海3県を除く本州の各地と四国地方で発行していく。デイリースポーツ フレッシュアイペディアより)

  • まったり

    まったりから見た近畿地方近畿地方

    『日本方言辞典』では「まったり」について次の三つの語義を示している。2は長野県下伊那郡の方言として収録されているが、1と3はともに近畿地方の方言として収録されている。すなわち、のんびりと落ち着いた様子・気分を表す「まったり」は全くの新用法であって近畿方言としては間違いである、とは言い切れないことが分かる。まったり フレッシュアイペディアより)

2682件中 71 - 80件表示

「近畿のできごと」のニューストピックワード