531件中 11 - 20件表示
  • 近畿地方

    近畿地方から見た播磨国

    701年に大宝律令が施行され、律令制が本格的に導入され始めた。律令制の地域区分である五畿七道によれば、大和国・山城国・摂津国・河内国・和泉国の5国が五畿(畿内)とされたほか、丹波国・丹後国・但馬国が山陰道に、播磨国が山陽道に、紀伊国・淡路国が南海道に、伊賀国、伊勢国、志摩国が東海道に、近江国が東山道にそれぞれ区分されていた。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た伊賀国

    近畿地方は、『小學地理』でその範囲が初めて公的に示されて以来、前述の2府5県を指すのが通常であるが、現在では場面によって範囲が変わることがある。特に三重県は、名古屋市との経済的結びつきが強くなったため、東海地方に含むことが一般的となっている。ただ、三重県でも淀川(木津川)水系に属し、京阪神との結びつきが強い伊賀地方は、現在でも暗に近畿地方に含むことが多い。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た姫路城

    近畿地方における有力な藩としては、徳川御三家の紀州藩(紀州徳川家、56万石)や彦根藩(井伊家、35万石)や姫路藩(池田家、52万石)や津藩(藤堂家、32万石)などがあった。紀州藩は西日本の鎮として睨みを利かせ、彦根藩は中山道沿線を領地として京都に対する備えとして、姫路藩は瀬戸内海に面する山陽道沿いを領地とし西国に対する備えとして、配置されていた。3藩とも幕府にとって重要な存在であったため、居城の和歌山城と彦根城と姫路城は大きな規模を誇っている。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た関東地方

    かつての畿内とその周辺地域から構成される。飛鳥から平安京までの王城の地で、現在は関東地方に次ぐ日本第二の都市圏・経済圏であり、西日本の中核である。「近畿地方」という名称と範囲が初めて公的に示されたのは、1903年(明治36年)の国定教科書『小學地理』である。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た総務省

    内閣府(公正取引委員会近畿中国四国事務所の本所直轄、警察庁近畿管区警察局、金融庁)、総務省(近畿総合通信局)、法務省(大阪高等検察庁、大阪法務局、大阪入国管理局、大阪矯正管区、近畿公安調査局、近畿地方更生保護委員会)、財務省(近畿財務局、国税庁大阪国税局)、農林水産省(近畿農政局)、国土交通省(近畿運輸局及び神戸運輸監理部、気象庁)、環境省(近畿地方環境事務所)近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た奈良市

    姫路市(人)・東大阪市(人)・西宮市(人)・尼崎市(人)・豊中市(人)・和歌山市(人)・奈良市(人)・高槻市(人)・大津市(人)近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た西日本

    かつての畿内とその周辺地域から構成される。飛鳥から平安京までの王城の地で、現在は関東地方に次ぐ日本第二の都市圏・経済圏であり、西日本の中核である。「近畿地方」という名称と範囲が初めて公的に示されたのは、1903年(明治36年)の国定教科書『小學地理』である。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た寿司

    蕎麦対うどん、鰻の蒲焼の違い、江戸前握り寿司と関西寿司、桜餅の違い、飲食物の名称など、東京との食文化の違いがよく比較される。東西で名称が異なるものには「お造り」「関東煮」「フレッシュ」「サンライズ(神戸など)」「ぜんざい」「たぬき(大阪と京都でも違いがある)」「豚まん」「飛竜頭」「レーコー」「冷麺」「回転焼・太閤饅頭」などがある。また、意外なことであるが、名古屋めしの代表格とされる味噌かつや天むすは三重県津市が発祥の地である。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見た飛鳥時代

    古墳時代が終わる6世紀中期頃から、王宮が奈良盆地南部の飛鳥に代々営まれるようになった。そのため古墳時代に続く時代区分を飛鳥時代という。古墳時代後期から中国大陸や百済などからの渡来人が多数来朝しており、その多くは飛鳥時代に奈良盆地や河内平野など畿内近国に定着して帰化した。近畿地方 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿地方

    近畿地方から見たKinki Kids

    「近畿」を称するもの - 近畿で始まる記事の一覧、キンキホーム、Kinki Kids、競馬キンキ、近畿日本鉄道など近畿地方 フレッシュアイペディアより)

531件中 11 - 20件表示

「近畿のできごと」のニューストピックワード

  • 地域の人の役に立ちたい

  • 統合型リゾートを批判した共産党の清水忠史議員は、衆院本会議で可決後、毎日新聞の取材に

  • 観光消費てこ入れ