2143件中 51 - 60件表示
  • 上本町

    上本町から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    近鉄大阪上本町駅と地下鉄谷町九丁目駅周辺。街の中心である大阪上本町駅の所在地が上本町6丁目であり、その駅前の交差点が「上本町6」であることから、そこから少し離れたところまでも、上六(うえろく)とも呼ばれる。上本町 フレッシュアイペディアより)

  • 沿線開発

    沿線開発から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    日本の鉄道においては大正、京阪神では関西私鉄など関西の大手私鉄は各社が沿線開発に注力、小林一三が率いた阪神急行電鉄、後の阪急電鉄(阪急東宝グループ)のように箕面有馬電気軌道、また百貨店などの副業を路線敷設とセットで行うなど宝塚線の開業時と同様、沿線開発も進めている。阪急神戸本線などルートを沿線開発を考慮して人家のほとんど無かった場所を通したため過疎で乗客数は多くなく、必然的に沿線開発と、阪神間直通客の確保に力を入れざるを得なくなったものや、神戸電鉄三田線のように区間については沿線開発による地価高騰から複線化用地の買収が進まないという事態も乗じたが、多くの路線を敷設し、鉄道会社が中心となって沿線開発を進めた。南海電鉄は今日の南海橋本林間田園都市など、南海高野線沿線開発に力を入れてきたし、菖蒲池駅は近鉄にとって沿線開発のルーツとも呼べる場所とされる。沿線開発 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井城

    筒井城から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    筒井城は近鉄橿原線筒井駅より東北一帯にあり、おおよそ南北400m、東西500mあり、平地部に築かれた中世の城としては比較的規模が大きく、筒井の集落を囲む形で筒井城があった。現在の筒井城跡は、宅地、畑地、水田となっているが、内曲輪と外曲輪を巡った堀跡が点在している。その堀に囲まれた城内には筒井氏とその家臣団の屋敷があった。また『筒井氏と筒井城』によると、筒井には市場があったと確認されており、筒井城の「市場も外堀内部にも設けられていた可能性が高いと思われる」と記載している。また筒井集落は、様々な場所で道が折れ曲がり直進できない構造になっている。これらの道や地割は筒井城が築かれた当時の様子をうかがい知る事が出来る。筒井城 フレッシュアイペディアより)

  • 桑名電軌

    桑名電軌から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    結果、約1kmという短さの当線は「不要不急線」とされてしまい、さらに競合対象である乗合自動車が参宮急行電鉄(現在の近畿日本鉄道)系列の会社で太刀打ちもできないことから、「戦力増強の国策に応じるため」との理由で廃止を決定した。1943年年末の臨時株主総会において廃止と会社解散を決議し、翌1944年1月10日、桑名電軌はミニ路線として、17年の歴史に幕を閉じることになった。桑名電軌 フレッシュアイペディアより)

  • 西桑名駅

    西桑名駅から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    300mほど北に東海旅客鉄道(JR東海)、近畿日本鉄道(近鉄)、養老鉄道の桑名駅があり、下記の路線と乗換え可能である。西桑名駅 フレッシュアイペディアより)

  • 近物レックス

    近物レックスから見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    元は近畿日本鉄道の子会社・近鉄物流であったが、2004年(平成16年)に近鉄グループの再建の一環で、同じ静岡県に本拠があるハマキョウレックスに株式の過半数を譲渡し(近鉄も一部株式を継続保有)、翌年には社名も近物レックスに改めた。近鉄物流時代には車体に大阪近鉄バファローズのシンボルである猛牛マーク(岡本太郎作)が描かれていた。2005年(平成17年)4月に近物レックスに改称後、トラックの「近鉄」が「近物」に、「KINTETSU」が「KINBUTSU」に変更され(なかには「TE」を白く塗り、「BU」に塗り替えているものも存在する)、先述した猛牛マークも「KBR」ロゴに変更されているが、まだ一部のトラックに残っている。近物レックス フレッシュアイペディアより)

  • 中部近鉄百貨店

    中部近鉄百貨店から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    近鉄百貨店グループのうち、滋賀・東海地区を担当する関連会社。近畿日本鉄道が70%、近鉄百貨店が30%を出資していた。中部近鉄百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • パールカード

    パールカードから見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    パールカードとは、近畿日本鉄道(近鉄)が2008年9月15日まで発行していたプリペイド式の乗車カード(プリペイドカード)である。パールカード フレッシュアイペディアより)

  • 烏江駅

    烏江駅から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    高架化前の烏江駅も単式ホーム1面1線の構造を持っていたが、盛り土上に位置する地上駅であった。単式ホームの大外羽駅方の端には古くからの木造で妻面に出入り口のある駅舎があり、駅員(近畿日本鉄道社員)も配置された直営駅であった。烏江駅 フレッシュアイペディアより)

  • 合歓の郷

    合歓の郷から見た近畿日本鉄道近畿日本鉄道

    当初は現在の大崎半島ではなく、志摩郡大王町の登茂山(ともやま)に建設する計画であったが、近畿日本鉄道が既に開発計画を持っていたため、現在地になった。合歓の郷 フレッシュアイペディアより)

2143件中 51 - 60件表示

「近鉄グループホールディングス」のニューストピックワード

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所

  • 敷地全体で盛り土をするという前提が変わったので、現状を見て再評価する