738件中 81 - 90件表示
  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た佐伯勇

    元伊勢電気鉄道・関西急行電鉄の路線により成立した名古屋線は軌間1,067mmの狭軌であり、近畿日本鉄道の主流となる元大阪電気軌道・参宮急行電鉄によって建設された大阪線・山田線などといった路線群は軌間1,435mmの標準軌であって線路幅が異なっていたため、名阪間の直通客は途中の伊勢中川駅で乗り換えを強いられていた。この問題については、第2次世界大戦後に名古屋線の改軌が計画され、橋梁架け替えに伴う線路移設などと併せて準備工事が徐々に進められていたが、1959年9月の伊勢湾台風による被災を機に、当時の社長であった佐伯勇の判断で改軌工事が復旧工事と同時進行で当初の計画を前倒しして実施されることになった。この復旧・改軌工事は、最も手間の掛かる枕木の交換作業などの準備が前もってかなりの規模で進められていて、かつ架け替え工事中であった揖斐川・長良川・木曽川の各新橋梁は当日落成した上、台風で致命的な被害を受けずに済んだ、という幸運も手伝って、被災からわずか2か月後の同年11月27日に名古屋線および鈴鹿線の工事が完了し、さらに同年12月には新造の10100系ビスタカーによる名阪間直通特急の運転が開始された。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見たグローバル・ポジショニング・システム

    3月17日:GPSを用いた日本国内2例目となる「運転士支援システム」をワンマン列車など一部の列車をのぞく全列車に導入。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た日本ラグビーフットボール選手権大会

    1929年に設立された大軌ラグビー部を源流とする社会人ラグビーチーム「近鉄ライナーズ」は、昭和40年代に日本選手権で3度優勝するなど古豪として知られる。同時にラグビーの聖地とも称される近鉄花園ラグビー場を所有しており、プロ野球事業からの撤退後はラグビー部の運営に従来よりも力を入れるようになった。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た大阪市

    近畿日本鉄道の母体ともいえる大阪電気軌道(大軌)は、1910年9月16日に大阪と奈良を結ぶ路線を敷設すべく奈良軌道として設立され、同年10月に大阪電気軌道へ改称した。そして生駒トンネルを難工事の末に完成させ、1914年に最初の路線である上本町 - 奈良間を開業させた(現在の奈良線)。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た近鉄大阪線

    その後、1927年には天理・橿原神宮方面への路線網を確立した。同年に伊勢を目指すため参宮急行電鉄(参急)を設立し、1931年に宇治山田まで開通、大阪から伊勢神宮への日帰り参拝を可能とした(現在の大阪線・山田線)。さらに、伊勢電気鉄道(伊勢電)の合併、関西急行電鉄(関急電)の設立により、1938年には名古屋へのルートを確立した(現在の名古屋線)。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た名古屋市

    その後、1927年には天理・橿原神宮方面への路線網を確立した。同年に伊勢を目指すため参宮急行電鉄(参急)を設立し、1931年に宇治山田まで開通、大阪から伊勢神宮への日帰り参拝を可能とした(現在の大阪線・山田線)。さらに、伊勢電気鉄道(伊勢電)の合併、関西急行電鉄(関急電)の設立により、1938年には名古屋へのルートを確立した(現在の名古屋線)。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た京都市

    大阪府東南部から愛知県西部に至る紀伊半島の付け根を横断して、大阪市・京都市・名古屋市といった政令指定都市を始め、近畿地方の大阪府東南部・奈良県・京都府南部、東海・中部地方の愛知県西部・三重県の各都市・観光地を結ぶ路線網を持つ(第三種鉄道事業を含めると岐阜県を含む)。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た伊勢神宮

    その後、1927年には天理・橿原神宮方面への路線網を確立した。同年に伊勢を目指すため参宮急行電鉄(参急)を設立し、1931年に宇治山田まで開通、大阪から伊勢神宮への日帰り参拝を可能とした(現在の大阪線・山田線)。さらに、伊勢電気鉄道(伊勢電)の合併、関西急行電鉄(関急電)の設立により、1938年には名古屋へのルートを確立した(現在の名古屋線)。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た高速バス

    11月11日:阿部野橋ターミナルビルの増築が完成、高速バス発着場(あべの橋バスステーション)も開設。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道

    近畿日本鉄道から見た伊勢湾台風

    元伊勢電気鉄道・関西急行電鉄の路線により成立した名古屋線は軌間1,067mmの狭軌であり、近畿日本鉄道の主流となる元大阪電気軌道・参宮急行電鉄によって建設された大阪線・山田線などといった路線群は軌間1,435mmの標準軌であって線路幅が異なっていたため、名阪間の直通客は途中の伊勢中川駅で乗り換えを強いられていた。この問題については、第2次世界大戦後に名古屋線の改軌が計画され、橋梁架け替えに伴う線路移設などと併せて準備工事が徐々に進められていたが、1959年9月の伊勢湾台風による被災を機に、当時の社長であった佐伯勇の判断で改軌工事が復旧工事と同時進行で当初の計画を前倒しして実施されることになった。この復旧・改軌工事は、最も手間の掛かる枕木の交換作業などの準備が前もってかなりの規模で進められていて、かつ架け替え工事中であった揖斐川・長良川・木曽川の各新橋梁は当日落成した上、台風で致命的な被害を受けずに済んだ、という幸運も手伝って、被災からわずか2か月後の同年11月27日に名古屋線および鈴鹿線の工事が完了し、さらに同年12月には新造の10100系ビスタカーによる名阪間直通特急の運転が開始された。近畿日本鉄道 フレッシュアイペディアより)

738件中 81 - 90件表示

「近鉄グループホールディングス」のニューストピックワード

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所

  • 敷地全体で盛り土をするという前提が変わったので、現状を見て再評価する