306件中 91 - 100件表示
  • 近鉄モト51形電車

    近鉄モト51形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    しかし無蓋電動貨車には交換用レールの輸送など保線用としての需要があったことから、これらに代わる車両の製造が求められた。そこで、やはり昇圧に伴い廃車となったモ430形(旧奈良電気鉄道デハボ1000形)モ449・451 - 453の4両の電装品や台車と車籍を流用し、機器を直流1,500V対応に改造した上で新設計の車体に搭載したモト51 - 54の4両が同年に近畿車輛で製造された。近鉄モト51形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京福電気鉄道デナ500形電車

    京福電気鉄道デナ500形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    阪神831形として1928年に10両が田中車輌で、翌1929年には10両が川崎車輌でそれぞれ製造された。正面は貫通路を備えた平面状3枚窓の形状。優等列車運用に充当され軌道線での乗降運用がなくなった為、客用扉はステップレスで当初よりドアエンジンを装備していた。自動進段制御でモータは4個であったが、電気ブレーキは装備していない。集電装置は当初ポールであったが後にパンタグラフに改められていた。京福電気鉄道デナ500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京福電気鉄道デオ200形電車

    京福電気鉄道デオ200形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1944年に戦災の激しかった福井支社(現、えちぜん鉄道)に転出したデナ11形4両の補充目的で、1951年に近畿車輛で201?204の4両が製造された。前面非貫通形で窓配置はdD5D5Dd、全長15.9m、片開き3扉の両運転台車。トロリーポール集電であった叡山線にあって当初からパンタ台を有し、弱め界磁付き(使用せず)自動進段カム軸制御、叡山線では初となった電動発電機の搭載、制動装置にAMMを用いるなど、鴨東線建設による京阪線直通を意識して作られていた。京福電気鉄道デオ200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージャージー・トランジット

    ニュージャージー・トランジットから見た近畿車輛近畿車輛

    HBLRとNLRで現在使用されている車両はともに近畿車輛製の3車体連接式の部分低床電車で、見た目も中身をほとんど一緒である。リバーライン向けの車両はStadler製の低床連接台車採用の気動車GTWシリーズの1種が導入されている。なおNLRでは2001年までPCCカーが運用されていたが、前述の近車製新型車両に置き換えられて引退している。ニュージャージー・トランジット フレッシュアイペディアより)

  • 三重電気鉄道松阪線

    三重電気鉄道松阪線から見た近畿車輛近畿車輛

    松阪鉄道線の電化にあたってデキ11形デキ11・デキ12として田中車輛で新造された、軸配置Bの10t級凸型電気機関車。デキ12→デ62は1954年に架線電圧750V昇圧直前の北勢線へ転出したため、廃止時にはデキ11→デ61のみが当線に在籍した。三重電気鉄道松阪線 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸電気鉄道300系電車

    神戸電気鉄道300系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    近畿車輛製のシュリーレン台車KD-37を装着する。神戸電気鉄道300系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸電気鉄道800系電車

    神戸電気鉄道800系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    台車は新造されており、デ800形の初期車3編成が近畿車輛製シュリーレン式台車KD-45を、それ以降の車両は川崎車両製のウイングバネ式台車、川崎641を装備する。いずれも軸間距離は2300mm、車輪径は910mmである。神戸電気鉄道800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局3000形電車

    東京都交通局3000形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1922年(大正11年)から1924年(大正13年)にかけて、全部で610両も生産された前後2扉の低床式木造ボギー車。車体自体は木造だが、車体の堅牢化のために柱と屋根組には鉄骨が採用されている。屋根は二重屋根となっている。メーカーは日本車輌、田中車輛(現・近畿車輛)、藤永田造船所、汽車会社である。東京都交通局3000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄1480系電車

    近鉄1480系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    性能は、WNドライブで主電動機は三菱電機製125kWモーターを装備する。これは10100系(新ビスタカー)と同じものである。歯車比は5.47としている。制御装置は同じ三菱製の単位スイッチ式抵抗制御(モーター8台制御)でモ1480形(奇)に搭載した。台車はともに近畿車輛製シュリーレン式で、コイルバネを装備する。パンタグラフはモ1480形(偶)に1台装備した(増備途中から2台に変更、既存車も同様に改造)。ブレーキ(制動)方式は発電制動併用電磁直通制動HSC-D型(抑速制動付き)である。空気圧縮機と電動発電機はモ1480形(偶)に装備する。なお、制御装置などは20100系「あおぞら」号にも共通で採用された。また、125kWモーターの2M1T編成という構成は後年も特急車の機器を流用した2470系、2680系、2000系(132kWに増強)などに受け継がれている。近鉄1480系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪500型電車 (初代)

    京阪500型電車 (初代)から見た近畿車輛近畿車輛

    1000型(初代)に引き続いて、1500型として1926年から1928年までの間に22両が製造された。登場当時は3枚窓非貫通の両側運転台付で、側面割付は dD6D6Dd(dは乗務員用扉、Dは客用扉、数字は窓の数を指す)、台枠はトラス棒付であった。1501 - 1505は日本車輌製造製、1506 - 1508・1515・1516は梅鉢鉄工所(後の帝國車輛工業)製、1509・1510・1519 - 1522は田中車輌(現・近畿車輛)製、1511 - 1514・1517・1518は藤永田造船所製である。京阪は本形式の製造に先立って車両限界を拡大しており、1000型と比較すると約1m全長が長くなり、車体幅は約20cm広い2590mmとなった。このサイズは1910年の創業時に予定された大きさであったが、大阪市電との乗り入れ協定のために縮小を余儀なくされ、その後大阪市側に一方的に協定を反故にされてから15年以上が経過してようやく実現したものであった。京阪500型電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

306件中 91 - 100件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード