365件中 141 - 150件表示
  • 熊本市交通局1200形電車

    熊本市交通局1200形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    台車は1201〜1204・1210が近畿車輛製KD-201形、1205〜1209は住友金属製FS-74形である。熊本市交通局1200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 宇治川電気51形電車

    宇治川電気51形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    製造所はそれぞれ51 - 63が藤永田造船所(1927年)、64 - 70が田中車輛(1928年)、71 - 75が汽車製造会社(1928年)、そして76 - 85が川崎車輛(1930年)である。宇治川電気51形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新京阪鉄道P-6形電車

    新京阪鉄道P-6形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    製造は、当時の主要車両メーカー4社(汽車製造、日本車輌製造、川崎造船所、田中車輌)で行われた。貴賓車500号を除いた72両は、2グループに大別される。新京阪鉄道P-6形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪700系電車 (2代)

    京阪700系電車 (2代)から見た近畿車輛近畿車輛

    中間電動車780型は780が日本車輌製造NS84-35を改造したNS-A、781 - 790が日車NS-18、791 - 794が汽車KST-18を改造したKST-18C、795 - 799が近畿車輛KRS-12をそれぞれ装着する。京阪700系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ3000形貨車

    国鉄タキ3000形貨車から見た近畿車輛近畿車輛

    30t積のガソリン専用車である。1947年(昭和22年)から1964年(昭和39年)にかけて国鉄所有車・私有車合わせて1,594両が、川崎車輛、飯野重工業、三菱重工業、日本車輌製造、帝國車輛工業、振興造機、日立製作所、汽車製造、新潟鐵工所、東急車輛製造、富士重工業、東洋工機、富士車輌、近畿車輛で製造された。番号は次のとおりである。国鉄タキ3000形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄18000系電車

    近鉄18000系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    なお、全車とも近鉄の子会社である近畿車輛で製造されている。近鉄18000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄タキ2700形貨車

    国鉄タキ2700形貨車から見た近畿車輛近畿車輛

    タキ2750形は、1960年(昭和35年)11月8日から1961年(昭和36年)9月6日にかけて、3ロット5両(タキ2750 - タキ2754)が日本車輌製造、三菱重工業、近畿車輛の3社にて製作された。前級であるタキ2700形に対して積載荷重が拡大され日本初の35t 積クレオソート専用タンク車である。国鉄タキ2700形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 広九直通列車

    広九直通列車から見た近畿車輛近畿車輛

    1998年6月1日、広深線の電化が完成し、新たに最高時速200kmの「新時速」車体傾斜式車輛が導入された。新時速列車の列車番号には高速列車を示す「“G(高)”」の字がつけられ、九龍?広州東間の所要時間は最短で90分となった。同年8月28日、香港の九広鉄路公司(1983年2月1日に公社化)は列車を導入した。Ktt九広通は両端の電気機関車はスイス製、機関車の間に挟まれた2階建て客車は日本の近畿車輛製で、食堂車と荷物車の連結はないが、特等車が連結されアテンダントによるスナックの無料提供がある。Ktt九広通は運行開始当初は1日1往復であったが、(2015年10月現在)では1日3往復運行されている。広九直通列車 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市交通局1001形電車

    大阪市交通局1001形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1001形(初代)の問題点を踏まえ、車体構造をはじめとした設計を改良の上で、1922年から1924年にかけて梅鉢鉄工所、楠木製作所、加藤車輌、日本車輌製造、藤永田造船所、田中車輛の6社によって1081 - 1250の170両が製造された。大阪市交通局1001形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市交通局801形電車

    大阪市交通局801形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    801形(801 - 805) 前述のように、1932年7月に登場した801号に続き、同年10月に田中車両で802 - 805の4両が1001形(初代)から鋼体化改造された。既述のように1601形までの13mクラスの3扉大型車ではなく、11mクラスの2扉中型車として、車体の前後端を絞った斬新なデザインで登場した。側面の窓配置はD4D5で、前扉は運転手が操作する2枚折り戸、中扉は車掌が操作するドアエンジン装備の両開きドアという、日本の路面電車では初の前中式のドア配置であった。当時の路面電車はポール集電で、交差点などでポールの付け替えも発生したが、前後ドア式に比べると乗客の乗降監視には前中式ドアのほうが有利であるため、大阪市電においては以後の中型車はすべて前中ドア式になっただけでなく、戦後の大型3扉車の2扉化においても前中ドア式が採用され、後には路面電車のドア配置の標準型として、他都市にも広まるきっかけとなった。前面のデザインも切妻型の前面に左右非対称の2枚窓というこれまた斬新なデザインで、正面右側の窓上に方向幕と系統幕が取り付けられていたほか、ヘッドライトも屋根上に取り付けられた。足回り及び電装品は、鋼体化改造車であることから種車のブリル77E型台車を履き、モーターは1時間定格出力30kWのゼネラル・エレクトリックGE-247-Aを2個搭載し、制御器はゼネラル・エレクトリックK-39を装備していた。大阪市交通局801形電車 フレッシュアイペディアより)

365件中 141 - 150件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード