365件中 11 - 20件表示
  • 西鉄313形電車

    西鉄313形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1952年(昭和27年)に近畿車輛で2両固定編成4本が製造された。形式は大牟田寄りの制御電動車がモ313形で、福岡・太宰府側の制御車がク363形である。西鉄313形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西鉄1000形電車 (鉄道)

    西鉄1000形電車 (鉄道)から見た近畿車輛近畿車輛

    大牟田線(現・天神大牟田線)の特急電車用として1957年より1960年までに、日本車輌製造および近畿車輛で4両編成6本の24両が製造された。番号は年次と製造会社別で100台単位で分けられ、日本車輌製の1000番台および1100番台と、近畿車輛製の1200番台の3種類(厳密にいえば細部の違いで4種類)があるが、形式はすべて1000形となっている。なお、同じく特急用の1300番台は別形式となっている。西鉄1000形電車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 南海2001形電車

    南海2001形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1929年の1次車20両を「昭和4年型」と呼ぶ(301 - 310・911 - 920)。魚腹台枠を持つ半鋼製車で、深い屋根にきついカーブを描く前面水切りが特徴である。なお、このグループは301 - 306・911 - 917が日本車輌製造、307・308・918・919が田中車輌、309・310・920が大阪鉄工所で製造されている。南海2001形電車 フレッシュアイペディアより)

  • マニラ・ライトレール

    マニラ・ライトレールから見た近畿車輛近畿車輛

    その後、ライトレールの建設が具体化する。1980年、大統領令603により、運輸省の下、LRTA(Light Rail Transit Authority)が設立された。1981年には、ベルギー政府の借款によりLRT-1線の建設が開始され、1984年に運行が開始された。LRT-1線の乗客数は、年々増加し、運行の拡大が求められるようになった。また、線路や車両の老朽化も進んだ。1994年、日本政府は、政府開発援助 (ODA) の実施機関である国際協力機構 (JICA) (当時のOECF)によって、LRT-1線増強事業を実施し、LRT-1線の整備・増強を支援することを決定した。2000年には、フェーズ2としてLRT-1線増強事業?を継続しており、これにより、近畿車輛・日本車輌製造の車両を導入。また、ベルギー製の既存車両にもエアコンを取り付けるなどして、修復整備した。マニラ・ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄800系電車

    近鉄800系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1955年3月より奈良線用として近鉄の子会社である近畿車輛で合計24両が製造された、近鉄初の量産型高性能車である。塗色はそれまでのダークグリーンに対しマルーンレッドとなった。近鉄800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ノックダウン生産

    ノックダウン生産から見た近畿車輛近畿車輛

    例としてはJR北海道キハ261系気動車(車体の製造を川崎重工業、艤装を苗穂工場または新潟トランシスで実施)、JR西日本(元北越急行)683系8000番台電車(車体製造を川崎重工業、艤装を新潟トランシスで実施)、阪神5550系電車(車体製造をアルナ車両、艤装を阪神車両メンテナンスが実施)、一畑電車7000系電車(車体製造を近畿車輛、艤装を後藤工業が実施)ノックダウン生産 フレッシュアイペディアより)

  • 営団03系電車

    営団03系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1994年(平成6年)までに8両編成42本(336両)が製造された。製造メーカーは第01編成が川崎重工業、第02編成が日本車輌製造、それ以外は近畿車輛と東急車輛製造である。このうち1次車は1988年度の輸送力増強用であり、2次車以降は3000系の置き換え用である。営団03系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市交通局10系電車

    京都市交通局10系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1981年5月29日の烏丸線北大路 - 京都間6.9 kmの開業に備えて、1・2次車として4両編成9本、36両が近畿車輛(以下、近車)で製造された。全車1980年(昭和55年)に製造されたが、竣工は1981年(昭和56年)4月となっている。前面角部に縁取りがあり、騒音防止とメンテナンスの容易化のために側窓が固定窓とされている点がその後の車両との主な相違点である。京都市交通局10系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 総合車両製作所

    総合車両製作所から見た近畿車輛近畿車輛

    東日本地区の鉄道事業者を主要な顧客とするが、合併によって東急車輛製造大阪製作所(現在は和歌山に移転)となった旧帝國車輛工業当時から取引があった南海電気鉄道は、西日本地区における数少ない顧客である。ただし、帝國車輛工業合併以前にもオールステンレス車両である6000系電車などの納入実績がある。これは当時オールステンレス車両の製造技術を有するメーカーが東急車輛製造のみであったことに起因する。なお、2015年秋デビューの8300系は近畿車輛での製造となる。一方で京都市営地下鉄烏丸線(京都市交通局)に導入予定の新車デザインを「1円」で落札したと報じられた。総合車両製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 南海7000系電車

    南海7000系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1963年から1968年までの5年間に帝國車輛工業、近畿車輛、東急車輛製造(大阪製作所)で90両が製造され、2015年時点で南海本線用車両としてはもっとも使用年数が長かった。2007年より廃車が開始され、2015年10月に運行を終了した(詳細は後述)。南海7000系電車 フレッシュアイペディアより)

365件中 11 - 20件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード