365件中 21 - 30件表示
  • JR東海313系電車

    JR東海313系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    本節では、2006年度に製造された車両について述べる。新たな番台区分として、2000番台と5000番台が登場した。それ以外の番台区分においては、初期車のものに100を加えることで、仕様の変更を示している。近畿車輛での製造は3次車までとなる。JR東海313系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局5000形電車 (鉄道)

    東京都交通局5000形電車 (鉄道)から見た近畿車輛近畿車輛

    車体側面の形状は、帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)丸ノ内線用の500形に準じていた。台車の枕バネにはウイング金属バネ(軸箱支持装置は近畿車輛製シュリーレン式)を使用したが、最終新製車は空気バネとなった。主電動機出力はやや大きめだが歯車比が6.53と低速域重視であり、定格速度が低い上に弱め界磁制御も中速域までであった。さらにWN形駆動装置の影響で高速域では床が振動し始めるなど、高速性能が悪く、最高速度は100km/h程度が限度だった。そのため、京急線内での急行運転時はほとんど惰性走行することなくマスコンハンドルを入れたままで走行していた。東京都交通局5000形電車 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神1001形電車

    阪神1001形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1931年に331形331~340を種車に1001~1010の10両が大阪鉄工所で鋼体化改造を実施され、1932年には357・358・369・370を種車に1017~1020の4両が田中車輌で、1932年から1933年にかけて1011~1016の6両が341~346を種車に川崎車輌においてそれぞれ鋼体化改造を実施された。阪神1001形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市交通局1000形電車

    大阪市交通局1000形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    「1000A形」は、市営地下鉄1号線(現・御堂筋線)の4両編成化に備えて、1953年(昭和28年)から1954年(昭和29年)に19両が製造された。うち、1001 - 1003・1009・1010・1015 - 1017が近畿車輛で、1004 - 1006・1011・1012・1018・1019が川崎車輛で、1007・1008・1013・1014が日本車輌製造でそれぞれ製造された。大阪市交通局1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局6300形電車

    東京都交通局6300形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    製造メーカーは6301 - 6329編成および6334 - 6337編成が川崎重工業、6330 - 6333編成が近畿車輛である。なお、近畿車輛製も製造所銘板表記は「川崎重工」(車内は「Kawasaki」)となっているが、運転室に「近畿車輛」の銘板がある。3次車の川崎重工のプレートは製造年は西暦、社名ロゴはローマ字で「Kawasaki」と表記(埼玉高速鉄道2000系の色違い)されている。東京都交通局6300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄31系電車

    国鉄31系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    田中車輛(6両) : 31099 - 31104国鉄31系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東急車輛製造

    東急車輛製造から見た近畿車輛近畿車輛

    南海電気鉄道・阪堺電気軌道・大阪府都市開発(泉北高速鉄道)・大阪市交通局は、東急車輛製造の西日本地区における数少ない顧客であった。なかでも南海電気鉄道は、合併によって大阪製作所となった旧帝国車輛工業の前身である梅鉢鉄工場時代から長く取引が続いており、架線電圧昇圧に伴う車両大量増備が行われていた頃までは近畿車輛への発注実績があったが、以後2015年まではグループ会社である阪堺電気軌道ともども東急車輛製造1社単独での車両受注となっていた。また大阪市交通局は入札制を徹底させており、1990年代までは東急車輛製造・日本車輌製造・近畿車輛・川崎重工業・日立製作所の大手5社に近隣のアルナ工機(現・アルナ車両)を加えた6社に対して新車の発注を行っていた。東急車輛製造 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄バス稲田営業所

    近鉄バス稲田営業所から見た近畿車輛近畿車輛

    1965年に近畿日本鉄道自動車局の茨田(まった)自動車区・営業所として大阪市鶴見区浜一丁目(諸口停留所前)に開設された。当時鶴見通に頻繁運行する阪奈生駒線・住道線などの基地となった。1990年の国際花と緑の博覧会が鶴見緑地にて行われるため、その整備のために茨田営業所の土地は大阪市に譲渡し、1989年4月1日に系列の近畿車輛の施設などがあった現在地に移転、稲田自動車区・営業所として再スタートを切った。ただし、この時点で営業所前には停留所は設置されず、担当路線の車両は全て回送での出入庫となった(梅田・京橋方面からの諸口折返便は折返場のある浜南口へ延伸)。近鉄バス稲田営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本車輌製造

    日本車輌製造から見た近畿車輛近畿車輛

    かつて、大阪市交通局では入札制を徹底させており、日本車輌を含めた大手5社(日車・川重・日立・近車・東急)すべてに発注した実績がある。現在、大阪市営地下鉄の新製車両は川崎重工業と近畿車輛のみで製造している。日本車輌製造 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄583系電車

    国鉄583系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    窓の日よけは、通常のカーテンや布製ブラインドでは寝台セット時に邪魔になるため、2枚のガラスの間に回転式ブラインド(通称:ベネシャンブラインド)を仕込む方式とした。ブラインドの上下は窓上部に設けたハンドルの手動操作による。この回転式ブラインドはその形状・色彩から内装だけではなく外見上も良く目立つものとなった。これ以外にも、サシ581形から採用されたFRP製座席や、折りたたみ可能な片持式テーブルなどは、同時期以降における他形式の食堂車に波及した。国鉄583系電車 フレッシュアイペディアより)

365件中 21 - 30件表示