306件中 21 - 30件表示
  • 近鉄5800系電車

    近鉄5800系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1988年に登場した5200系も3扉転換クロスシート車であり、2600系列に比べると居住性は向上したが、3扉車のためラッシュ時の運転には適さないものであった。このためだけではないが、近鉄と近畿車輛は大量輸送と長距離着座輸送を1つの車両で実現できるように、ロングシートとクロスシートに自由に変更できるデュアルシート車の開発を進めてきた。1996年に2610系・2621FをL/Cカーの試作車として改造し、同年2月から大阪線で、翌3月から名古屋線で運転した。輸送品質の向上が利用客から好評を博したため、さらに増備すべくL/Cカーの新造が行われた。それが当系列である。近鉄5800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • JR西日本521系電車

    JR西日本521系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    車体はステンレス鋼を採用し、レーザー溶接の適用範囲を側構体の腰部・吹き寄せ部に加え幕板部に拡大し、溶接跡が目立たず外観平滑性の高い構造となっている。223系5000番台の前頭部形状と窓・座席配置、同時期に近畿車輛で製造されていた321系の構体設計が流用されている。屋根肩の雨樋カバーも321系同様にやや丸みが付けられたものとなっている。前面下部の排障器(スカート)も223系の強化型(製造途中に設計変更)よりさらに強固なものとなった。なお、営業開始後しばらくして、スカートに編成番号が記入された。JR西日本521系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄800系電車

    近鉄800系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1955年3月より奈良線用として近鉄の子会社である近畿車輛で合計24両が製造された、近鉄初の量産型高性能車である。塗色はそれまでのダークグリーンに対しマルーンレッドとなった。近鉄800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄23000系電車

    近鉄23000系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    近鉄が三重県志摩郡磯部町(現・志摩市磯部町)に開発した複合リゾート施設である志摩スペイン村が1994年4月22日に開業するのに合わせて製造された特急形車両で、1993年から1995年にかけて6両編成6本(36両)が近畿車輛で製造された。志摩スペイン村への大阪・名古屋方面からのアクセス輸送用として、同年3月15日のダイヤ変更時から営業運転を開始した。近鉄23000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見た近畿車輛近畿車輛

    近年は、北米のライトレールには70%低床車両の導入も進みつつある。ポートランドのMAX では1997年よりシーメンス製のSD660を導入している。また大手車両メーカーによるブランド化された高速型低床車輛の導入も進みつつある。例えば、欧州等のトラムトレインとも共通するが、シーメンス製S70(アヴァント)、ボンバルディア製フレキシティ・スウィフト、アルストム製Citadis Dualis等がある。なお近畿車輛や日本車輌などの日本の鉄道車両製造メーカーも北米向けの低床型等のライトレール車両の製造に携わっている。近畿車輛は70%低床車両で大きな北米市場シェアを占めている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • 西日本旅客鉄道

    西日本旅客鉄道から見た近畿車輛近畿車輛

    5月10日:近畿車輛の株式を一部取得、業務提携を強化。西日本旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車両

    近畿車両から見た近畿車輛近畿車輛

    近畿車両 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輌

    近畿車輌から見た近畿車輛近畿車輛

    近畿車輌 フレッシュアイペディアより)

  • 田中車輌

    田中車輌から見た近畿車輛近畿車輛

    田中車輌 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄モト90形電車

    近鉄モト90形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1960年にモ1420形(元モニ2300形)をク1520形にする際に発生品した余剰品を流用してレール運搬用のモト2720形として近畿車輛で製造された。改番に際し本形式に編入され、モト97・98となった。1982年に南大阪線の牽引回送用に改造され、電磁直通ブレーキ化された。その後、1995年に1800系・8000系の廃車発生品を流用して高性能化されている。近鉄モト90形電車 フレッシュアイペディアより)

306件中 21 - 30件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード