306件中 31 - 40件表示
  • 名古屋市交通局BLC形電車

    名古屋市交通局BLC形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    BLA形こと1200形の成功に自信を得て計画された半鋼製低床ボギー車で、1200形の改良・大型版である。1929年7月に田中車輌で16両が製造された。14.03mの全長・17.88tの自重は名古屋市電ボギー車中最大で、外板の厚さは3mm近くあり、頑丈そのものである。名古屋市交通局BLC形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 北陸鉄道モハ5100形電車

    北陸鉄道モハ5100形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    制御器はHL-74電磁単位スイッチ式手動加速制御器、主電動機は三菱電機製MB-64Cを1両当たり4基搭載し、台車は近畿車輛製KT-10形鋼組み立て式釣り合い梁式台車を装備する。これらはモハ5000形と同一の装備であった。制動装置はSME非常弁付直通空気ブレーキである。北陸鉄道モハ5100形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近車

    近車から見た近畿車輛近畿車輛

    近車 フレッシュアイペディアより)

  • 高安検修センター

    高安検修センターから見た近畿車輛近畿車輛

    近畿車輛で完成した新車の搬入(同社からはトレーラーで陸送)と車体更新工事、廃車時の解体作業が主な業務である。既存車両の車体更新工事は特急用車両の全てと、東花園車庫・西大寺車庫所属の奈良線・京都線車両、高安車庫所属の大阪線車両、東生駒車庫所属のけいはんな線の車両が対象である。高安検修センター フレッシュアイペディアより)

  • 北陸鉄道モハ5000形電車

    北陸鉄道モハ5000形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    制御器はHL-74電磁単位スイッチ式手動加速制御器、主電動機は三菱電機製MB-64Cを吊り掛け式で各台車に2基ずつ計4基搭載し、台車はモハ1820形と共通の近畿車輛製KT-10形鋼組み立て式釣り合い梁式台車を装着した。制動装置はSME非常弁付直通空気ブレーキである。北陸鉄道モハ5000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府道15号八尾茨木線

    大阪府道15号八尾茨木線から見た近畿車輛近畿車輛

    近畿車輛本社・工場(若干離れている)大阪府道15号八尾茨木線 フレッシュアイペディアより)

  • 九州産業鉄道オハフ1形客車

    九州産業鉄道オハフ1形客車から見た近畿車輛近畿車輛

    九州産業鉄道オハフ1形客車(きゅうしゅうさんぎょうてつどうおはふ1がたきゃくしゃ)は九州産業鉄道が保有していた客車の1形式である。1932年に田中車輌で1両のみ製造された。九州産業鉄道オハフ1形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄22000系客車

    国鉄22000系客車から見た近畿車輛近畿車輛

    当然ながら従来よりも拡幅された車体を備え快適性に勝るこれらの客車は、翌1920年9月より汽車製造会社(汽車)東京支店・日本車輌製造(日車)東京支店・日車本店・藤永田造船所・梅鉢鉄工場・川崎造船所(川造)兵庫工場といった省指定民間車両メーカー各社を総動員しての量産が開始された。さらに、震災後には被災焼失車の補充もあって新たに新潟鐵工所・田中車両の2社が製造に参加し、当初より優等車の一部については大井・大宮・鷹取・小倉の鉄道省直営4工場が製造を担当していたこともあって、結果として日本国内でこのクラスの大形客車製造が可能な工場を文字通り総動員する態勢が採られ、空前の大量生産が実施された。国鉄22000系客車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄5000系電車

    近鉄5000系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    台車は、5001 - 5005が日本車輌D-16C、5006・5007は同社D-18、ク5100形は近畿車輛KD-32Dである。モ5000形の主電動機は5001 - 5006が東洋電機製104kwのものが4個、5007は同社製だが75kwのものを4個装備している。近鉄5000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 武庫川車両工業

    武庫川車両工業から見た近畿車輛近畿車輛

    発注各社の路線の性格から、受注車両のほとんどが通勤用のロングシート車であったが、叡電のデオ900形「きらら」や阪神9300系のようにクロスシート車を受注・製造し、「きらら」が1997年度の鉄道友の会ローレル賞を受賞したように、他社にひけをとることはなかった。なお、後年は車両デザイン面で近畿車輛と提携している。武庫川車両工業 フレッシュアイペディアより)

306件中 31 - 40件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード