365件中 31 - 40件表示
  • 徳庵駅

    徳庵駅から見た近畿車輛近畿車輛

    1番のりばが上り本線、2番のりばが下り本線、3番のりばが下り副本線である。ただし旅客列車が主に停車するのは1番のりばと2番のりばである。3番のりばは回送列車およびダイヤが乱れた場合に京橋方面への折り返し列車が停車するのみであり、通過待ちは行われない。駅の近くにある近畿車輛で製造された車両の試運転やディーゼル車の回送の場合は3番のりばが使われることもある。そのため、3番のりばには両方向から入れるようになっている。徳庵駅 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神電気鉄道

    阪神電気鉄道から見た近畿車輛近畿車輛

    かつてグループに武庫川車両工業(現・阪神車両メンテナンス)を有していた関係で、現有車両は武庫川車両工業製が大多数を占めている。このほかに、川崎重工業製の車両もあるほか、武庫川車両工業が解散してからは近畿車輛やアルナ車両製の車両も導入されている。1960年代ごろまでは汽車製造・日本車輌製造でも製造していたことがあった。阪神電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄特急

    近鉄特急から見た近畿車輛近畿車輛

    他社では、車体と台車を別メーカーで製作している例もあるが、近鉄の場合は名古屋線改軌に伴う交換用台車として日本車輌製造製円筒案内式(SIG式)台車を購入して以降は、車体と台車を同資本の近畿車輛で一体的に設計・製作している。近鉄特急 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄5800系電車

    近鉄5800系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1988年に登場した5200系も3扉転換クロスシート車であり、2600系列に比べると居住性は向上したが、3扉車のためラッシュ時の運転には適さず、近鉄と近畿車輛は大量輸送と長距離着座輸送を1つの車両で実現できるように、ロングシートとクロスシートに自由に変更できるデュアルシート車の開発を進めてきた。1996年1月に2610系・2621FをL/Cカーの試作車として改造し、同年2月から大阪線で、翌3月から名古屋線で運転した。輸送品質の向上が利用客から好評を博したため、さらに増備すべくL/Cカーの新造が行われた。それが当系列であり、混雑時は窓に平行して座席が並ぶロングシートに、閑散時は回転式クロスシートに変更される「デュアルシート」を配置している。近鉄5800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄23000系電車

    近鉄23000系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    近鉄が三重県志摩郡磯部町(現・志摩市磯部町)に開発した複合リゾート施設である志摩スペイン村が1994年4月22日に開業するのに合わせて製造された特急形車両で、1993年から1995年にかけて6両編成6本(36両)が近畿車輛で製造された。近鉄23000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄12000系電車

    近鉄12000系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1967年12月に近畿車輛で2両編成10本が製造され、開設されて間もない富吉検車区に全車が新製配置された。その後の増備は12200系に移行したため、1ロット20両の製造で終了した。1967年12月20日ダイヤ変更から営業運転を開始した。近鉄12000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線300系電車

    新幹線300系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    日本車輌製造・日立製作所・川崎重工業・近畿車輛(JR東海所有編成のみ)に発注され、最終的にJ編成61本・976両とF編成9本・144両の合わせて70本・1,120両が製造されたが、J編成の中には500系の製造終了後に落成した編成もあるほか、J52以降の編成は700系の量産先行試作車であるC0→C1編成より後に落成。また、量産車第1号のJ2編成は、100系G編成のうち最終増備編成のG46編成より先に落成したが、G46編成が先に廃車になった。新幹線300系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急3000形電車 (初代)

    小田急3000形電車 (初代)から見た近畿車輛近畿車輛

    基本構想の策定を行う研究会は、1954年11月から1955年1月までに合計8回行われた。1955年1月25日には基本構想が策定されたが、この時点では小田急の最長編成は17m車4両編成であったことから、全長70mの5両連接車という内容であった。1955年1月16日には共同設計者として日本車輌製造・川崎車輛(当時)・近畿車輛・東洋電機製造・東京芝浦電気(当時)・三菱電機が参画し、研究所の指導の下に具体的な設計に入った。小田急では創業当時から電装品は三菱電機、台車は住友金属工業の製品を採用しており、特に三菱グループとは主力取引銀行としての関係もあったが、新型特急車両の設計参画メーカーの決定に際しては純粋に技術的見地から決定され、どうしても優劣がつけがたく決定できない場合に限って、過去の小田急との取引を考慮して決定した。小田急3000形電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 東京都交通局5300形電車

    東京都交通局5300形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    5次車(近畿車輛)・18 - 21編成(1994年度)/近畿車輛東京都交通局5300形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線500系電車

    新幹線500系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1996年1月に1編成、1997年7月から1998年12月にかけて8編成の全9編成・144両が川崎重工業(旧1 - 6号車)・近畿車輛(旧7・8号車)・日立製作所笠戸事業所(旧9・10・13 - 16号車)・日本車輌製造(旧11・12号車)の各社が製造した。新製時はすべて16両で組成され、編成記号はW。3次に分けて製造された(W1:第1次車(量産先行車)、W2 - W6:第2次車、W7 - W9:第3次車)。1997年3月22日のダイヤ改正で営業運転を開始し、山陽新幹線区間での営業最高速度は300km/hを実現した。当初新大阪駅 - 博多駅間の「のぞみ」に投入され、最短2時間17分となった。新幹線500系電車 フレッシュアイペディアより)

365件中 31 - 40件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード