306件中 51 - 60件表示
  • 近鉄葛城索道線

    近鉄葛城索道線から見た近畿車輛近畿車輛

    現在の搬器(ゴンドラ)は、1999年6月の取替えによって登場した2代目搬器2台で、1号が「はるかぜ」、2号が「すずかぜ」の愛称を持っている。定員は51名。製造は近畿車輛で、窓の大きなボディとしている。近鉄葛城索道線 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄680系電車

    近鉄680系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    モ680形は大阪線10000系の先駆となったWNドライブを搭載する高性能車であったことから、種車の近畿車輛KD-10台車をはじめとする主要機器がほぼそのまま流用された。近鉄680系電車 フレッシュアイペディアより)

  • フレスポ東大阪

    フレスポ東大阪から見た近畿車輛近畿車輛

    大和工商リースが、近畿車輛から土地を借り、そこに各企業の希望に沿った商業施設を建設して建物を企業にリースする「借地LOCシステム」と呼ばれる形態で不動産の活用を行っている。フレスポ東大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄6431系電車

    近鉄6431系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    車体長20.72m、車体幅2.74mの準張殻構造軽量車体である。名古屋線に存在した四日市市内などの急カーブ区間(善光寺カーブ、天理教カーブなどと呼称)が1956年に線形改良され、車体長の制限(それまでは19m級が限界であった)が解消されたため、大阪線向けと同様の21m級として設計された。それゆえ座席配置などの基本デザインは大阪線の2250系に準ずるが、1957年に南大阪線向け通勤車として製造された6800系で初採用された、980mm幅のシュリーレン式サッシレス2連窓が応用され、これを7組並べたdD (1) 2×7 (1) D1(d:乗務員扉、D:客用扉、(1):戸袋窓)という、独特なサイドビューとなった。前頭形状は6421系の後期増備車と同様で前面窓はHゴム支持である。近鉄6431系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄マロネ40形客車

    国鉄マロネ40形客車から見た近畿車輛近畿車輛

    マイネ41形は、MRSの外国人観光客受け入れ完備の方針によりマイネ40形の増備車として1950年に12両が製造された1等寝台車である。外観やデザインはマイネ40形を大筋で踏襲しているが、当初から片側1デッキ式とすると共に、窓を1区画1枚とし、寝室には1,200mm幅の広窓、その他の窓は800mm幅としている。マイネ40では鋼板屋根を採用したが不具合が発生した事から木製屋根・防水布の組み合わせに後退している。妻面はスハ43形客車等と同様の完全切妻形車体。また雨樋管は外妻ではなく側面に取り付けられた。台枠はUF125、台車は当初からTR40A形であった。製造は日本車輌・川崎車両に加え寝台車としては初めて近畿車輛が担当する事となった。国鉄マロネ40形客車 フレッシュアイペディアより)

  • サンタクララバレー交通局

    サンタクララバレー交通局から見た近畿車輛近畿車輛

    1987年の開業時から2003年9月までの間、VTAライトレールは入り口に段差のある電車を使用・運行していたが、2002年に近畿車輛製の超低床電車 (LRV) を導入することを発表した。このLRVは、駅がその床の低さに対応できていたマウンテンビュー?ミルピタス間(州間高速道路880号線経由)を走行した。他の路線にある駅はその床の低さに対応できていなかったため、しばらくの間旧型の電車を使用し、LRVはその区間の運行を見合わせていた。2003年には全ての駅においてLRV対応の改築が完了し、現在では全ての路線で活躍している。サンタクララバレー交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市交通局50系電車

    京都市交通局50系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    京都市交通局50系電車(きょうとしこうつうきょく50けいでんしゃ)は、京都市交通局(京都市営地下鉄)東西線用の通勤形電車である。全車が近畿車輛製である。京都市交通局50系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄バス稲田営業所

    近鉄バス稲田営業所から見た近畿車輛近畿車輛

    1961年に近畿日本鉄道自動車局の茨田自動車区・営業所として大阪市鶴見区浜一丁目(諸口停留所前)に開設された。当時鶴見通に頻繁運行する阪奈生駒線・住道線などの基地となった。1990年の国際花と緑の博覧会が鶴見緑地にて行われるため、その整備のために茨田営業所の土地は大阪市に譲渡し、1989年4月1日に系列の近畿車輛の施設などがあった現在地に移転、稲田自動車区・営業所として再スタートを切った。ただし、この時点で営業所前には停留所は設置されず、担当路線の車両は全て回送での出入庫となった(梅田・京橋方面からの諸口折返便は折返場のある浜南口へ延伸)。近鉄バス稲田営業所 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市交通局80系電車

    大阪市交通局80系電車から見た近畿車輛近畿車輛

    2006年(平成18年)12月24日正午の今里筋線の開業時から営業運転を開始した。既存のリニアモーター車両である長堀鶴見緑地線用70系とは設計変更点が多い。試験車両の01編成は2005年(平成17年)11月に近畿車輛で落成し、今里筋線が完成するまで長堀鶴見緑地線で試運転を実施していた。また、02編成以降は川崎重工業でも製造され、2009年現在17編成68両が在籍している。大阪市交通局80系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪260形電車

    京阪260形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1968年に280-286の7両が近畿車輛で製造された。片運転台の両開き2扉である点は3次車と共通だが、ウィンドウシルが無い(ノーシル)ほか、前照灯が2灯になっているが、この車体構造は、同時期に製造された300型と共通するものである。また、パンタ化のさいは連結面側に取り付けられた。京阪260形電車 フレッシュアイペディアより)

306件中 51 - 60件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード