365件中 61 - 70件表示
  • サンタクララバレー交通局

    サンタクララバレー交通局から見た近畿車輛近畿車輛

    1987年の開業時から2003年9月までの間、VTAライトレールは入り口に段差のある電車を使用・運行していたが、2002年に近畿車輛製の超低床電車 (LRV) を導入することを発表した。このLRVは、駅がその床の低さに対応できていたマウンテンビュー?ミルピタス間(州間高速道路880号線経由)を走行した。他の路線にある駅はその床の低さに対応できていなかったため、しばらくの間旧型の電車を使用し、LRVはその区間の運行を見合わせていた。2003年には全ての駅においてLRV対応の改築が完了し、現在では全ての路線で活躍している。サンタクララバレー交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 信貴生駒電鉄

    信貴生駒電鉄から見た近畿車輛近畿車輛

    1926年の信貴山下 - 生駒間開業に備えて藤永田造船所(1.2)田中車輌(3.4)で製造された半鋼製電車。信貴生駒電鉄が近鉄に吸収合併される際、同社に承継されず廃車となった。3は無車籍のまま八戸ノ里駅にあった玉川工場へ最後は五位堂工場の構内入換車として1990年(平成2年)まで使われた。信貴生駒電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 営団1700形電車

    営団1700形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1954年(昭和29年)に、銀座線輸送力増強のために、3両(車両番号:1572 - 1574)が製造された。1572は東急車輛製造製、1573・1574は近畿車輛製である。営団1700形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪50型電車

    京阪50型電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1932年(昭和7年)7月に1次車として51が大阪鉄工所(現・日立造船)で、52 - 54が田中車輛(現・近畿車輛で製造され、1933年(昭和8年)2月1日に2次車として55が田中車輛で、56 - 58が日本車輌製造で製造された。台車は電動貨車から流用した高床式のものを履いた反面、逢坂山トンネルや急カーブに対応するため幅を詰めたことで、前面は高さの割に幅が狭く、また中央窓が左右の窓に比べて上下、左右ともに大きい独特のデザインとなった。1次車は濃緑色1色の塗装で登場したが、2次車は上半分クリーム色、下半分がコバルトブルーという京阪線の1000型・1100型に近い塗装となった。後に1次車は上半分だけを2次車と同じクリーム色に変更した後、2次車と同じ塗装に統一された。京阪50型電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪1500型電車 (初代)

    京阪1500型電車 (初代)から見た近畿車輛近畿車輛

    1000型(初代)に引き続いて、1926年から1928年(昭和3年)にかけて22両が製造された。登場当時は3枚窓非貫通の両側運転台付で、側面割付は dD6D6Dd(dは乗務員用扉、Dは客用扉、数字は窓の数を指す)、台枠はトラス棒付であった。1501 - 1505は日本車輌製造製、1506 - 1508・1515・1516は梅鉢鉄工所(後の帝國車輛工業)製、1509・1510・1519 - 1522は田中車輌(現・近畿車輛)製、1511 - 1514・1517・1518は藤永田造船所製である。京阪は本形式の製造に先立って車両限界を拡大しており、1000型(初代)と比較すると約1m全長が長くなり、車体幅は約200mm拡幅された2,590mmとなった。このサイズは1910年の創業時に予定された大きさであったが、大阪市電との乗り入れ協定のために縮小を余儀なくされ、その後当時市営モンロー主義であった大阪市側に一方的に協定を反故にされてから15年以上が経過してようやく実現したものであった。京阪1500型電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 山陽電気鉄道200形電車

    山陽電気鉄道200形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    1945年に田中車輛(現・近畿車輛)で製造された。車体の基本的な構成はタイプIV, Vと同じではあるが、大戦末期の製造であったことから、タイプVまでの優美な前面デザインは簡素化され、傾斜のない緩やかな曲面と直線主体のデザインとなった。車体塗色も戦後の窓周りイエロークリーム、腰板ネービーブルーに近い色であった。このグループも電装品が確保できなかったうえに資材と人員不足が深刻で早期の就役が不可能であったことから、沿線各駅の側線や西新町にあった明石工場に留置されていた。山陽電気鉄道200形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 九州産業鉄道オハフ1形客車

    九州産業鉄道オハフ1形客車から見た近畿車輛近畿車輛

    九州産業鉄道オハフ1形客車(きゅうしゅうさんぎょうてつどうオハフ1がたきゃくしゃ)は九州産業鉄道が保有していた客車の一形式である。1932年(昭和7年)に田中車輛で1両のみ製造された。九州産業鉄道オハフ1形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 大井川鉄道cトキ200形貨車

    大井川鉄道cトキ200形貨車から見た近畿車輛近畿車輛

    三菱重工業および近畿車輛で25両ずつ、合計50両が製造され、当時ダム建設で大井川を流送できなくなった木材輸送に主に用いられ、cワフ0形と連結して大井川本線にも乗り入れた。また、井川線として旅客営業が開始されてからは、乗客が多く客車だけでは足りない場合に、旅客列車に使用されたこともある。大井川鉄道cトキ200形貨車 フレッシュアイペディアより)

  • 北勢鉄道モハニ50形電車

    北勢鉄道モハニ50形電車から見た近畿車輛近畿車輛

    側窓配置は1d(1)D(1)6(1)D1(d:荷物室扉、D:客用扉、(1):戸袋窓、数字:窓数)で前面が3枚窓構成、と近隣の四日市鉄道が先に導入していたデハニ51形(1928年田中車両製。後の近鉄モニ210形)と同様である。もっとも、製造時期が3年遅い分リベットの数が減り、また、その間の車両設計製造技術の進歩を受けて鈍重な1段下降式窓ではなく、上下寸法の大きな2段上昇式窓となったため、重厚な印象のデハニ51と比して明朗かつ軽快な造形にまとまっている。北勢鉄道モハニ50形電車 フレッシュアイペディアより)

  • チワワ太平洋鉄道

    チワワ太平洋鉄道から見た近畿車輌近畿車輛

    なお、急行客車の大半は1976年に建造輸入された近畿車輌製の冷房付軽量客車で14系座席車をベースとしていることから当初はAU13形クーラーを装着していたが最近ではメキシコ三菱電機製業務用エアコンへ換装している。チワワ太平洋鉄道 フレッシュアイペディアより)

365件中 61 - 70件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード