169件中 11 - 20件表示
  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たヤオコー

    住宅用アルミサッシやマンション用玄関スチールドアなどをKINKIブランドで近畿工業が販売していた。本社および埼玉県所沢市には建材の専用工場も持っていた(現在所沢工場跡地はスーパーヤオコーの店舗として賃貸)。営業部門は当初近畿工業で行なっていた後に統合したが、現在さらにコスモ近畿(現・LIXIL鈴木シャッター)に移管している。建材部門は最後まで残ったマンション用スチールドアが2008年9月を以て生産を終了しており、同年度末をもって事業を廃止。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た三菱重工

    JTRAM(広島電鉄5100形電車、国産超低床LRV。三菱重工、東洋電機製造と提携)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た三菱重工業

    かつては様々な製品を製造していたが、現在は鉄道車両関連の製品のみにほぼ特化したメーカーとなっている。車両以外は後述の通り子会社が製造を行っている。また、三菱重工業と業務提携を行っている。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たトステム

    建材部門の関連会社としてスチールドア販売のコスモ近畿があった。同社はトステム(現・LIXIL)ほか大手建材メーカーとの共同出資企業であったが、現在はLIXIL鈴木シャッターに統合されている。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た阪急阪神ホールディングス

    アルナ車両 - 阪急阪神ホールディングス(阪急阪神東宝グループ)傘下の鉄道車両メーカー近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たアルミニウム

    旧国鉄(現・JR貨物)規格に準じた国内専用の鉄道貨物輸送用に私有コンテナを、当時近鉄グループの運輸会社であった近鉄運輸(現在は系列外の近物レックス)から、長さ20フィート型10トン積載のUC5形式ドライコンテナを、1971年11月に受注製造した。コンテナ本体の素材は、鉄道製造事業関連のアルミ製であった。しかし、当時はこれらと同一規格の大型コンテナが車輌製造同業他社からも大量に増備(1970年から1985年までの16年間に、延べ約4020本製造)されていたにも拘らず、同社としては最初にして最後の受注製造であった。これらのコンテナ製造には車両とは別に独自の各種規格や強度等が要求されていた為、コンテナ製造者には大掛かりな各種専用設備を要していた関係もあり、結果的には新製品参入の為に試験的に製造したと思われる。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たオムロン

    近鉄やJR西日本などに、自動券売機の製造・納入をしていた。券売機のほか、回数券発行機(これは全国のバス事業者に販売された)も製造していた。かつては自動改札機の開発も行ったことがある。現在はオムロンに事業譲渡したため撤退している。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た東日本旅客鉄道

    総合車両製作所 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)傘下の鉄道車両メーカー近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た京阪電気鉄道

    京阪電気鉄道(260形→現在の700形の一部まで、以後は車体本体の受注なし)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た夢真ホールディングス

    なお、関連子会社であった近畿工業(現・日本ファシリオ)はすでに発行済み株式の9割を夢真ホールディングスの連結子会社へ売却しているため、現在は連結対象から外れている。同社はのちに夢真グループ時代の合併、さらに夢真からの株式譲渡でAPロジスティックスの子会社を経て綜合警備保障の子会社となったが、現在も近鉄グループ各社が株主となっている。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

169件中 11 - 20件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード