169件中 41 - 50件表示
  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たスイス車両エレベーター製造

    シュリーレン式と呼ばれる円筒案内式の台車を1950年代に、スイスのSWS社との技術提携により導入した。以後、親会社である近鉄の車両は1991年ごろまで一部を除きシュリーレン式を採用した。都営地下鉄も長らくシュリーレン式を採用していたほか、国鉄オシ17形客車などにも採用された。他に小田急SE車や近鉄10000系(ビスタカー)向けには連接台車を製造した。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たLIXIL

    建材部門の関連会社としてスチールドア販売のコスモ近畿があった。同社はトステム(現・LIXIL)ほか大手建材メーカーとの共同出資企業であったが、現在はLIXIL鈴木シャッターに統合されている。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た近鉄バス

    1960年代、近鉄自動車局向けに日本初の2階建てバス「ビスタコーチ」や部分低床バス(ノンステップバス)の製造を行った(シャシは日野自動車製)。また、名神ハイウェイバスに参入した近鉄系の日本高速自動車には、独自開発の高速バス車両を製造した実績がある。高速バスは当時日本では登場していなかったスケルトン構造も一部取り入れた特徴あるデザインであった。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た叡山電鉄

    叡山電鉄(デオ900形:デザインと台車製作を担当)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た阪神電気鉄道

    阪神電気鉄道(1000系)※それ以前の車両部品。8000系の途中よりデザイン協力。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た近物レックス

    旧国鉄(現・JR貨物)規格に準じた国内専用の鉄道貨物輸送用に私有コンテナを、当時近鉄グループの運輸会社であった近鉄運輸(現在は系列外の近物レックス)から、長さ20フィート型10トン積載のUC5形式ドライコンテナを、1971年11月に受注製造した。コンテナ本体の素材は、鉄道製造事業関連のアルミ製であった。しかし、当時はこれらと同一規格の大型コンテナが車輌製造同業他社からも大量に増備(1970年から1985年までの16年間に、延べ約4020本製造)されていたにも拘らず、同社としては最初にして最後の受注製造であった。これらのコンテナ製造には車両とは別に独自の各種規格や強度等が要求されていた為、コンテナ製造者には大掛かりな各種専用設備を要していた関係もあり、結果的には新製品参入の為に試験的に製造したと思われる。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たサンタクララバレー交通局

    サンタクララバレー交通局 (VTA : Santa Clara Valley Transportation Authority) 向け超低床車両近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た東京証券取引所

    東証1部、大証1部上場(証券コード7122)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た名阪近鉄バス

    1960年代、近鉄自動車局向けに日本初の2階建てバス「ビスタコーチ」や部分低床バス(ノンステップバス)の製造を行った(シャシは日野自動車製)。また、名神ハイウェイバスに参入した近鉄系の日本高速自動車には、独自開発の高速バス車両を製造した実績がある。高速バスは当時日本では登場していなかったスケルトン構造も一部取り入れた特徴あるデザインであった。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た埼玉高速鉄道

    埼玉高速鉄道(2000系。川崎重工業が全車を受注し、うち3編成を近畿車輛にて製造)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

169件中 41 - 50件表示

「近畿車輛」のニューストピックワード