208件中 51 - 60件表示
  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た近鉄バス

    1960年代、近鉄自動車局向けに日本初の2階建てバス「ビスタコーチ」や部分低床バス(ノンステップバス)の製造を行った(シャシは日野自動車製)。また、名神ハイウェイバスに参入した近鉄系の日本高速自動車には、独自開発の高速バス車両を製造した実績がある。高速バスは当時日本では登場していなかったスケルトン構造も一部取り入れた特徴あるデザインであった。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た叡山電鉄

    叡山電鉄(車体本体の受注経験はないが、デオ810形815-816編成「こもれび」号の塗装デザインや、デオ900形の車体デザインおよび台車製造を担当)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た阪神バス

    創業間もない大正時代には東京市電からの受注に伴い東京にも工場を置いたが、進出と同時期に発生した関東大震災から復興のため市電に加え都営バスの元祖である「円太郎バス」130台の製造も受注している。また、昭和に入ってからも8〜16人乗りGMC型バスの製造を行い、阪神国道自動車(現在の阪神バス)などへ納入した。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た阪神電気鉄道

    阪神電気鉄道(1000系、5700系)※それ以前の車両部品。8000系の途中よりデザイン協力。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た近物レックス

    旧国鉄(現・JR貨物)規格に準じた国内専用の鉄道貨物輸送用に私有コンテナを、当時近鉄グループの運輸会社であった近鉄運輸(現在は系列外の近物レックス)から、長さ20フィート型10トン積載のUC5形式ドライコンテナを、1971年11月に受注製造した。コンテナ本体の素材は、鉄道製造事業関連のアルミ製であった。しかし、当時はこれらと同一規格の大型コンテナが、鉄道車両製造の同業他社であった富士重工業を始め、現在も鉄道車両製作を行っている東急車輛製造他、鉄道車両ではないが現在もトラック荷台及び特殊自動車車体の製作を行っている日本トレールモービル、日本フルハーフ、加藤車体工業、金産自動車工業からも既に大量に増備(1970年から1985年までの16年間に、延べ約4020本製造)されており、各社とも当時は受注合戦の真っ最中でもあった為に結局、同社としては最初で最後の受注製造で終わった。これらのコンテナ製造には、車両製造とは別に当時の国鉄の定めた鉄道輸送用コンテナとしての、独自の各種規格や強度等が厳しく要求されていた為、コンテナ製造業者には大掛かりな製造にかかわる各種専用設備や、完成検査用の専用設備を要していた関係もあり、結果的には新製品参入の為に試験的に製造したのみであった。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た東京証券取引所

    東証1部上場(証券コード7122)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た日本トレールモービル

    旧国鉄(現・JR貨物)規格に準じた国内専用の鉄道貨物輸送用に私有コンテナを、当時近鉄グループの運輸会社であった近鉄運輸(現在は系列外の近物レックス)から、長さ20フィート型10トン積載のUC5形式ドライコンテナを、1971年11月に受注製造した。コンテナ本体の素材は、鉄道製造事業関連のアルミ製であった。しかし、当時はこれらと同一規格の大型コンテナが、鉄道車両製造の同業他社であった富士重工業を始め、現在も鉄道車両製作を行っている東急車輛製造他、鉄道車両ではないが現在もトラック荷台及び特殊自動車車体の製作を行っている日本トレールモービル、日本フルハーフ、加藤車体工業、金産自動車工業からも既に大量に増備(1970年から1985年までの16年間に、延べ約4020本製造)されており、各社とも当時は受注合戦の真っ最中でもあった為に結局、同社としては最初で最後の受注製造で終わった。これらのコンテナ製造には、車両製造とは別に当時の国鉄の定めた鉄道輸送用コンテナとしての、独自の各種規格や強度等が厳しく要求されていた為、コンテナ製造業者には大掛かりな製造にかかわる各種専用設備や、完成検査用の専用設備を要していた関係もあり、結果的には新製品参入の為に試験的に製造したのみであった。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た名阪近鉄バス

    1960年代、近鉄自動車局向けに日本初の2階建てバス「ビスタコーチ」や部分低床バス(ノンステップバス)の製造を行った(シャシは日野自動車製)。また、名神ハイウェイバスに参入した近鉄系の日本高速自動車には、独自開発の高速バス車両を製造した実績がある。高速バスは当時日本では登場していなかったスケルトン構造も一部取り入れた特徴あるデザインであった。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見た埼玉高速鉄道

    埼玉高速鉄道(2000系。川崎重工業が全車受注し、うち3編成を近畿車輛にて製造。)近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

  • 近畿車輛

    近畿車輛から見たスルッとKANSAI

    近鉄やJR西日本、JR四国などに、自動券売機の製造・納入をしていた。券売機のほか、回数券発行機(これは全国のバス事業者に販売された)も製造していた。かつては自動改札機の開発も行ったことがある。スルッとKANSAIやJスルーカードの導入で券売機の需要が減少したこともあり、オムロンに事業譲渡し撤退した。近畿車輛 フレッシュアイペディアより)

208件中 51 - 60件表示