近藤利一 ニュース&Wiki etc.

近藤 利一(こんどう りいち、1942年9月1日 - )は、大阪府大阪市北区にあるはつり・建築解体工事会社「合建株式会社」代表取締役会長。また中央競馬の馬主として、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員を務めている。徳島県三好市出身。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「近藤利一」のつながり調べ

  • アドマイヤコスモス

    アドマイヤコスモスから見た近藤利一

    後に上村は、自身の騎手引退時にアドマイヤコスモスについて、「オルフェーヴルに挑戦してみたいと思わせてくれた馬だった。競馬を止めていたら復帰できるくらいのケガで済んだんじゃないかと今でも思う。橋田先生にも馬主さんにも本当に申し訳ないことをしたと思っている」と語っている。(アドマイヤコスモス フレッシュアイペディアより)

  • ベガ (競走馬)

    ベガ (競走馬)から見た近藤利一

    繁殖初年度および2年目にはサンデーサイレンスと交配され、初仔のアドマイヤベガは1999年に武豊騎乗で日本ダービーに優勝し、母子でのクラシック優勝馬となった。また、2番仔アドマイヤボスもセントライト記念(GII)に勝利した。ティンバーカントリーとの間に産んだアドマイヤドンは芝・ダートの両方で活躍、2002年から2004年のJBCクラシックで史上初の同一GI競走三連覇を遂げるなどし、当時日本最多タイ記録のGI7勝を挙げた。これらの馬主となった近藤利一は競走馬時代からベガに着目し、桜花賞のパドックで吉田勝己に1億円即金でトレードを打診するも断られ、代わりに産駒の購買を約束したという逸話がある。最初の2頭は近藤と親しい橋田満厩舎で管理されたが、近藤が「ベガを育てた松田調教師にもお願いしたい」と希望したことで、アドマイヤドンからは松田が管理した。(ベガ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

「近藤利一」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「近藤利一」のニューストピックワード