近藤利一 ニュース&Wiki etc.

近藤 利一(こんどう りいち、1942年9月1日 - )は、大阪府大阪市北区にあるはつり・建築解体工事会社「合建株式会社」代表取締役会長。また中央競馬の馬主として、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員を務めている。徳島県三好郡井川町(現・三好市)出身。 (出典:Wikipedia)

「近藤利一」Q&A

  • Q&A

    [サトノ]で御馴染の里見さんは馬主歴何年目ですか? また、同じ馬主歴だった頃の 近藤…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年5月31日 09:42

  • Q&A

    ドゥラメンテの馬主はなぜ近藤利一じゃないのですか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2015年11月25日 22:07

  • Q&A

    馬主の職業を教えてください。 ダノックス 野田みづきさん タマモ ピサの市川さん エ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年7月19日 01:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「近藤利一」のつながり調べ

  • アドマイヤジュピタ

    アドマイヤジュピタから見た近藤利一

    この後は翌年の天皇賞(春)向けて万全を期して年末の有馬記念を回避、年頭の日経新春杯に向かった。しかしここではデビュー以来最高馬体重となる512kgと身体を絞り切れず、1番人気に推されながら4着と敗れる。続く阪神大賞典ではマイナス10kgと減量、レースでは内埒沿いから抜け出し、前年の優勝馬アイポッパー、ポップロックの追走を振り切って優勝した。次走はかねて目標としていた天皇賞(春)に出走となり、当日は前年の菊花賞優勝馬アサクサキングス、一昨年のクラシック二冠馬メイショウサムソンに続く3番人気に支持された。レースではスタートで出遅れて後方からの位置取りとなる。しかし徐々に位置を上げていき、最終コーナーで先行馬群に取り付くと、最後の直線でメイショウサムソンとの激しい競り合いを制して優勝。GI初出走初勝利を飾った。この勝利は馬主の近藤利一、騎手の岩田康誠、調教師の友道康夫にとっていずれも初の天皇賞制覇、友道にとっては初めてのGI競走勝利ともなった。また、この勝利により国際競走馬格付け委員会より芝長距離区分で118ポンドの評価を得、この時点の世界第44位タイ、日本国内における上半期第3位タイに位置付けられた。(アドマイヤジュピタ フレッシュアイペディアより)

  • 橋田満

    橋田満から見た近藤利一

    有力馬主である近藤利一や永井啓弍との繋がりが非常に強く、代表的な管理馬の名前には大抵「アドマイヤ」や「スズカ」の冠名がつく。逆にこの2人の馬主以外の馬でのGI勝ちはパッシングショットの1回しかない。2010年2月22日現在の管理馬42頭中36頭が両名の所有馬である。(橋田満 フレッシュアイペディアより)

「近藤利一」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「近藤利一」のニューストピックワード