前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • アドマイヤムーン

    アドマイヤムーンから見た近藤利一近藤利一

    香港カップ後、馬主の近藤利一はアドマイヤムーンをこの年の有馬記念に出走させると発言。実際に僚馬のアドマイヤメイン、アドマイヤフジとともに有馬記念に登録した。ディープインパクトの引退レースであったが、近藤がこの年の天皇賞を前に「ディープが(天皇賞に)出走しても豊は譲らん!」と発言していたため出走した場合、武豊がどちらを選択するのか話題になったが結局、アドマイヤムーンは回避した。アドマイヤムーン フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤ

    アドマイヤから見た近藤利一近藤利一

    アドマイヤ フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤコスモス

    アドマイヤコスモスから見た近藤利一近藤利一

    後に上村は、自身の騎手引退時にアドマイヤコスモスについて、「オルフェーヴルに挑戦してみたいと思わせてくれた馬だった。競馬を止めていたら復帰できるくらいのケガで済んだんじゃないかと今でも思う。橋田先生にも馬主さんにも本当に申し訳ないことをしたと思っている」と語っている。アドマイヤコスモス フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤジュピタ

    アドマイヤジュピタから見た近藤利一近藤利一

    この後は翌年の天皇賞(春)向けて万全を期して年末の有馬記念を回避、年頭の日経新春杯に向かった。しかしここではデビュー以来最高馬体重となる512kgと身体を絞り切れず、1番人気に推されながら4着と敗れる。続く阪神大賞典ではマイナス10kgと減量、レースでは内埒沿いから抜け出し、前年の優勝馬アイポッパー、ポップロックの追走を振り切って優勝した。次走はかねて目標としていた天皇賞(春)に出走となり、当日は前年の菊花賞優勝馬アサクサキングス、一昨年のクラシック二冠馬メイショウサムソンに続く3番人気に支持された。レースではスタートで出遅れて後方からの位置取りとなる。しかし徐々に位置を上げていき、最終コーナーで先行馬群に取り付くと、最後の直線でメイショウサムソンとの激しい競り合いを制して優勝。GI初出走初勝利を飾った。この勝利は馬主の近藤利一、騎手の岩田康誠、調教師の友道康夫にとっていずれも初の天皇賞制覇、友道にとっては初めてのGI競走勝利ともなった。また、この勝利により国際競走馬格付け委員会より芝長距離区分で118ポンドの評価を得、この時点の世界第44位タイ、日本国内における上半期第3位タイに位置付けられた。アドマイヤジュピタ フレッシュアイペディアより)

  • ベガ (競走馬)

    ベガ (競走馬)から見た近藤利一近藤利一

    繁殖初年度および2年目にはサンデーサイレンスと交配され、初仔のアドマイヤベガは1999年に武豊騎乗で日本ダービーに優勝し、母子でのクラシック優勝馬となった。また、2番仔アドマイヤボスもセントライト記念(GII)に勝利した。ティンバーカントリーとの間に産んだアドマイヤドンは芝・ダートの両方で活躍、2002年から2004年のJBCクラシックで史上初の同一GI競走三連覇を遂げるなどし、当時日本最多タイ記録のGI7勝を挙げた。これらの馬主となった近藤利一は競走馬時代からベガに着目し、桜花賞のパドックで吉田勝己に1億円即金でトレードを打診するも断られ、代わりに産駒の購買を約束したという逸話がある。最初の2頭は近藤と親しい橋田満厩舎で管理されたが、近藤が「ベガを育てた松田調教師にもお願いしたい」と希望したことで、アドマイヤドンからは松田が管理した。ベガ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 第74回東京優駿

    第74回東京優駿から見た近藤利一近藤利一

    同年の牡馬クラシック第1弾である皐月賞はヴィクトリーが優勝した。また前年のJRA賞最優秀2歳牝馬に輝き、桜花賞2着から牝馬としては1996年のビワハイジ以来の出走となるウオッカが参戦を表明していた。レース前の人気は前走の皐月賞で3着に敗退したとはいえ東京コース全勝で敗れた皐月賞でも見事な末脚を見せたフサイチホウオーが1番人気。また、武豊がレース直前にアドマイヤオーラの騎手を降板させられる(岩田康誠への乗り替わり、武は代わりにタスカータソルテに騎乗する)という事態が発生し、それまで蜜月だった馬主の近藤利一との決別が噂されるなど、波乱ムードが漂っていた。第74回東京優駿 フレッシュアイペディアより)

  • ラインクラフト

    ラインクラフトから見た近藤利一近藤利一

    同じく半弟のアドマイヤロイヤル(父・キングカメハメハ)が2007年のJRHAセレクトセールで1億5500万円で叔父のアドマイヤマックスと同じ近藤利一オーナーが落札した。2013年プロキオンステークス優勝。ラインクラフト フレッシュアイペディアより)

  • 近藤英子

    近藤英子から見た近藤利一近藤利一

    夫の近藤利一とともに馬主である。高知県出身。近藤英子 フレッシュアイペディアより)

  • 松田博資

    松田博資から見た近藤利一近藤利一

    2001年からはベガの第3仔であるアドマイヤドンを管理し、地方交流も含めて7つのGI競走を制覇。また同時期にはダートGI競走6勝を挙げたタイムパラドックスも管理し、両馬でJBCクラシック5連覇を達成、同一GI競走の連勝記録を作った。ベガの仔については、初仔で日本ダービーを制したアドマイヤベガ、第2仔アドマイヤボスと、馬主・近藤利一と親しい橋田満が管理していたが、近藤が「ベガを育てた松田調教師にも仔を管理して欲しい」と希望したことにより松田厩舎へ入った経緯があった。これを契機に近藤からの預託が増え、2006年と2007年にはアドマイヤムーンらの活躍で年間最多賞金獲得調教師のタイトルを獲得した。松田博資 フレッシュアイペディアより)

  • アンビシャス (日本の競走馬)

    アンビシャス (日本の競走馬)から見た近藤利一近藤利一

    北海道浦河郡浦河町の辻牧場にて誕生。アドマイヤの冠で知られる近藤利一夫人の英子の所有馬となり、2歳時に栗東トレーニングセンターの音無秀孝厩舎に入厩。アンビシャス (日本の競走馬) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「近藤利一」のニューストピックワード