80件中 61 - 70件表示
  • 近藤利一

    近藤利一から見た冠名

    英語で「賞賛・感心」を意味する「アドマイヤ」の冠名で知られ、現在日本を代表する馬主の一人である。預託する厩舎は橋田満・松田博資・友道康夫・中尾秀正など。勝負服は水色・白袖・青鋸歯形模様であり、所有馬は自身のイニシャルである「RK」の刺繍が入ったメンコをつけている場合が多い。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見たクイーンエリザベス2世カップ (香港)

    2007年の東京優駿で、松田博資厩舎所属のアドマイヤオーラの鞍上を武豊から急遽、タスカータソルテに騎乗予定だった岩田康誠に変更させたことで物議を醸した。2007年4月29日に香港で行われたクイーンエリザベス2世カップにおいてアドマイヤムーンに騎乗した武の乗り方を巡り、口論となったのが発端とされる。その結果として、2007年ヴィクトリアマイルのアドマイヤキッスを最後に、武はそれまで主戦だったアドマイヤムーンを筆頭に、長らく近藤の所有馬には騎乗していなかった(松田博資厩舎所属馬も同馬への騎乗が最後)。また、妻の英子の所有馬にはその東京優駿の1週前(カーネーションカップのヴィヴィッドカラー)を最後に一切騎乗していなかった。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見た勝負服 (競馬)

    英語で「賞賛・感心」を意味する「アドマイヤ」の冠名で知られ、現在日本を代表する馬主の一人である。預託する厩舎は橋田満・松田博資・友道康夫・中尾秀正など。勝負服は水色・白袖・青鋸歯形模様であり、所有馬は自身のイニシャルである「RK」の刺繍が入ったメンコをつけている場合が多い。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見た帝王賞

    アドマイヤドン(2001年朝日杯フューチュリティステークス、2002年JBCクラシック、2003年マイルチャンピオンシップ南部杯、JBCクラシック、2004年フェブラリーステークス、帝王賞、JBCクラシック、2001年最優秀2歳牡馬、2003年・2004年最優秀ダートホース、2003年NARグランプリ特別表彰馬)近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見た井川町 (徳島県)

    近藤 利一(こんどう りいち、1942年9月1日 - )は、大阪府大阪市北区にあるはつり・建築解体工事会社「合建株式会社」代表取締役会長。また中央競馬の馬主として、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員を務めている。徳島県三好郡井川町(現・三好市)出身。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見た競馬ファン

    競馬は紳士の競技であるとの考えから、マナーを弁えない競馬ファンの存在を嘆く一方、毎年老人福祉のため妻名義で大阪市役所や所有馬のファンクラブなどに賞金の一部をそれぞれ寄付するなど、篤志家としての側面もある。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見たアドマイヤコジーン

    アドマイヤコジーン(1998年朝日杯3歳ステークス、2002年安田記念、1998年最優秀3歳牡馬、2002年最優秀短距離馬)近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見たグレード制

    1996年にアドマイヤボサツで初めて中央競馬の重賞(平安ステークス)を制覇。1999年にアドマイヤベガで東京優駿(日本ダービー)を制してからは毎年のようにGI競走に所有馬を送り出しており、2005年にはGI競走21レースのうち15レースに出走を果たし、リーディングオーナーランキングでも個人馬主としては1位を獲得した(総合では5位)。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見たダイヤモンドステークス

    アドマイヤモナーク(日経新春杯、ダイヤモンドステークス近藤利一 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤利一

    近藤利一から見た平安ステークス

    1996年にアドマイヤボサツで初めて中央競馬の重賞(平安ステークス)を制覇。1999年にアドマイヤベガで東京優駿(日本ダービー)を制してからは毎年のようにGI競走に所有馬を送り出しており、2005年にはGI競走21レースのうち15レースに出走を果たし、リーディングオーナーランキングでも個人馬主としては1位を獲得した(総合では5位)。近藤利一 フレッシュアイペディアより)

80件中 61 - 70件表示

「近藤利一」のニューストピックワード