前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示
  • トップウェスト

    トップウェストから見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    この大会で近鉄が優勝し、翌年1958年1月(第10回大会)に近鉄が前年度優勝として参加すると実に5チームが関西からの出場であった。そのうちベスト4はすべて関西のチーム(近鉄 、京都市役所、大鉄、大阪府警)で独占、さらに残る川崎重工も準々決勝で大鉄に僅差で敗れての敗退であったので関西の社会人チームの隆盛ぶりが伺えた。そこでそれまで各チーム同士で調整して行なわれていた対抗戦を廃止し「関西社会人チームでリーグを作ろう」という機運が高まっていた。トップウェスト フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学ラグビー部

    同志社大学ラグビー部から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    1961年度にも早慶明3校を連破し、日本協会推薦で日本協会招待NHKカップに出場。社会人王者の近鉄と対戦し、17-6で勝利。初の日本一に輝く。同志社大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 九州電力キューデンヴォルテクス

    九州電力キューデンヴォルテクスから見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    2003-04シーズンには、トップキュウシュウ準優勝ながらプレーオフでコカ・コーラウエストジャパンを下し、トップリーグチャレンジ1に進出。しかし3位で入れ替え戦に回り、近鉄ライナーズに敗れトップリーグ昇格はならなかった。九州電力キューデンヴォルテクス フレッシュアイペディアより)

  • 大久保吉則

    大久保吉則から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    大久保 吉則(おおくぼ よしのり、1941年3月30日 - )は、奈良県出身のラグビー選手。天理高校、法政大学、近鉄で活躍。ポジションはSH。164cm、65kg。大久保吉則 フレッシュアイペディアより)

  • 摂南大学ラグビー部

    摂南大学ラグビー部から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    森雄祐(SH、近鉄ライナーズ所属/東大阪大柏原高出身)摂南大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • ジャパンラグビートップリーグ2009-2010

    ジャパンラグビートップリーグ2009-2010から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    入替戦の結果、近鉄ライナーズと リコーブラックラムズがトップリーグに残留した。ジャパンラグビートップリーグ2009-2010 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学ラグビー部

    法政大学ラグビー部から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    佐藤幹夫 (FL・№8、ラグビー日本A代表、近鉄ライナーズ所属/ 法政二高出身)法政大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪体育大学ラグビー部

    大阪体育大学ラグビー部から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    1975年、常勤での指導者が欲しいということで中島直矢(元毎日新聞社運動部記者で、当時学生部長、後の名誉教授)が同志社大学の岡仁詩に相談した結果、現役を引退したばかりの近鉄の坂田好弘を薦められた。当初、坂田は近鉄の社業に専念するつもりで固辞していたが、中島の粘り強い説得で、1977年より同大学の講師に就任し、ラグビー部監督にも就任した。大阪体育大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回日本ラグビーフットボール選手権大会

    第50回日本ラグビーフットボール選手権大会から見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズ(トップリーグリーグ7位) 43-21 リコーブラックラムズ(トップリーグ10位)第50回日本ラグビーフットボール選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た近鉄ライナーズ近鉄ライナーズ

    、近畿日本鉄道をスポンサーとする近鉄パールス(設立時は近鉄本社、後にグループ会社の近鉄野球株式会社(初代、のちの近鉄興業株式会社)が経営を担当。移管時期は不明)が佐伯勇の鶴の一声で結成。近鉄にとっては、南海鉄道合併当時の1944年-1947年(近畿日本軍 → グレートリング、現:福岡ソフトバンクホークス)以来の球団運営である。近鉄は大阪電気軌道時代よりラグビー部(現:近鉄ライナーズ)を有していたが、後の佐伯の述懐によれば「ラグビーでは儲からないから」と当時隆盛を極めていた野球経営に食指を動かしたという。11月26日に発足した太平洋野球連盟(パシフィック・リーグ)に加盟。2リーグ制構想を最初に打ち出した正力松太郎は、大阪地区で4チームが同一のリーグに入ることは好ましくないと考え、片方のリーグに近鉄と阪神、もう一つのリーグに阪急と南海を入れる考えを持っていたといわれる。しかし、毎日新聞側で電鉄系球団が結束した後に阪神が離脱するという経過により、この正力の考えは実現しなかった(経過についてはプロ野球再編問題 (1949年)を参照)。加盟申請は早かったもののチーム編成が遅れたため、他球団と未契約の東京六大学出身者(監督藤田省三始め、関根潤三など法政大学勢が多かった為、チーム内に近鉄法友会という懇親組織が存在した)を中心に編成したが、プロ野球経験者は、黒尾重明(東急フライヤーズ)、森下重好、田川豊(いずれも太陽ロビンス)ら数えるほどで、選手層が薄く設立より4年連続最下位となる。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
74件中 1 - 10件表示

「近鉄ライナーズ」のニューストピックワード