前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た近畿日本鉄道

    近鉄ライナーズ(きんてつライナーズ、Kintetsu Liners)は、近畿日本鉄道の実業団ラグビーチームである。ホームグラウンドは東大阪市花園ラグビー場。愛称の「ライナーズ」は近鉄特急「アーバンライナー」に由来し、ラグビーでのスピード感と力強さを表現している。チームマスコットはアーバンライナーnextをモチーフとした「トライナー君」。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た今里良三

    1974年度の日本選手権優勝を最後に、坂田好弘(現関西ラグビーフットボール協会会長)、小笠原博(元ワールド監督)らの日本代表経験を持つ選手らが引退し、さらに1976年度シーズン後に今里良三(元日本代表監督、元近鉄ライナーズ部長)や原進(のちのプロレスラー、阿修羅・原)も現役引退。その後若返りを図ったが強化は思うように行かなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たトヨタ自動車ヴェルブリッツ

    なお、1969年度(1970年1月)は全国社会人大会で優勝し第7回日本選手権の出場権を得たが出場を辞退した。この年の日本選手権はタイ・バンコクでの第2回アジア選手権と日程が重複していた。多数の日本代表選手を輩出していた関西社会人Aリーグは事前に全7チームの監督名で日本協会へ日本選手権の日程変更を申し入れていた。しかし大学の試験時期でもあり日本協会は日程変更せず、全国社会人大会優勝の近鉄はもちろん、準優勝のトヨタ自工、3位の三菱自工京都らは関西勢の総意として棄権した。そのため日本協会は3位の富士鉄釜石(後の新日鉄釜石)に出場を打診し、富士鉄釜石もこれを了承し日本選手権に出場した。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た東大阪市花園ラグビー場

    近鉄ライナーズ(きんてつライナーズ、Kintetsu Liners)は、近畿日本鉄道の実業団ラグビーチームである。ホームグラウンドは東大阪市花園ラグビー場。愛称の「ライナーズ」は近鉄特急「アーバンライナー」に由来し、ラグビーでのスピード感と力強さを表現している。チームマスコットはアーバンライナーnextをモチーフとした「トライナー君」。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たレオン・マクドナルド

    2009年度は更なるステップを目指し、大西将太郎、高忠伸、伊藤太進、田中正純など関西出身の実力者を補強。さらにレオン・マクドナルドというビッグネームの補強もあったが、負傷者とコンビネーション不足などがあり、11位となり入替戦に回った。しかし入替戦では横河に勝ちトップリーグ残留を決めた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た阿修羅・原

    1974年度の日本選手権優勝を最後に、坂田好弘(現関西ラグビーフットボール協会会長)、小笠原博(元ワールド監督)らの日本代表経験を持つ選手らが引退し、さらに1976年度シーズン後に今里良三(元日本代表監督、元近鉄ライナーズ部長)や原進(のちのプロレスラー、阿修羅・原)も現役引退。その後若返りを図ったが強化は思うように行かなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た高忠伸

    2009年度は更なるステップを目指し、大西将太郎、高忠伸、伊藤太進、田中正純など関西出身の実力者を補強。さらにレオン・マクドナルドというビッグネームの補強もあったが、負傷者とコンビネーション不足などがあり、11位となり入替戦に回った。しかし入替戦では横河に勝ちトップリーグ残留を決めた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た坂田好弘

    1974年度の日本選手権優勝を最後に、坂田好弘(現関西ラグビーフットボール協会会長)、小笠原博(元ワールド監督)らの日本代表経験を持つ選手らが引退し、さらに1976年度シーズン後に今里良三(元日本代表監督、元近鉄ライナーズ部長)や原進(のちのプロレスラー、阿修羅・原)も現役引退。その後若返りを図ったが強化は思うように行かなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た中島義信

    1948年度の第1回全国社会人ラグビーフットボール大会(各地域リーグの上位チームによるトーナメント、以下 全国社会人大会)に出場。しかし決勝で九州代表の配炭公団に3-57と大敗し準優勝に終わる。その後も八幡製鐵等の台頭により、優勝を争える力がありながら、なかなか頂点には届かなかった。加えて、1952年度については、全国社会人大会の出場も逃した。そこで、近鉄の選手として初めて日本代表選手となった中島義信が同年度限りで現役を引退するとともに、翌年度シーズンより監督に就任することになった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た小笠原博

    1974年度の日本選手権優勝を最後に、坂田好弘(現関西ラグビーフットボール協会会長)、小笠原博(元ワールド監督)らの日本代表経験を持つ選手らが引退し、さらに1976年度シーズン後に今里良三(元日本代表監督、元近鉄ライナーズ部長)や原進(のちのプロレスラー、阿修羅・原)も現役引退。その後若返りを図ったが強化は思うように行かなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「近鉄ライナーズ」のニューストピックワード