48件中 21 - 30件表示
  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た明治大学

    1946年(昭和21年)4月に部員達が復員し、活動を再開する。戦後も花園ラグビー場は米軍に接収され使用できなくなるが、この年に戦前社会人最強といわれた鮮鉄(朝鮮総督府鉄道局)ラグビー部出身の柘植平内が入社し監督に就任、本格的に強化された。また柘植の鮮鉄時代の恩師である知葉友雄(明治大学OB、元日本代表選手、後の日本大学監督、元日本代表監督)も夏合宿などわざわざ来阪して近鉄の指導を行った。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た国民体育大会

    1947年(昭和22年)第2回国民体育大会関西予選で優勝、金沢で行われた第2回国民体育大会に出場する。当時ステータスの高かった国体に出場できたことは大変な栄誉であった。またこの終戦間もない時代の遠征には物資難・食糧難・資金難など幾多の困難があったが、OBや社員の協力で参加することが出来た。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たワールドファイティングブル

    2007年度のトップウエストAでは上位3強プレーオフ制度があり、3位以内に入ればチャレンジマッチ出場をかけたプレーオフに出られるが、この年はトップリーグから降格したワールドファイティングブルと、ホンダヒートに敗れたのがたたり、レギュラーリーグ3位で消化、辛うじてプレーオフ進出を決めた。その後行われたプレーオフでホンダ、ワールドを撃破して、トップウェスト1位となりチャレンジマッチ1に出場する権利を得た。チャレンジマッチではマツダブルーズーマーズと横河電機に快勝して1位でトップリーグ復帰を決めた。また33年ぶりに日本選手権に出場し1回戦で慶應義塾大学を破ったが準々決勝でトヨタ自動車に大接戦の末破れた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た近鉄花園ラグビー場

    近鉄ライナーズ(きんてつライナーズ、Kintetsu Liners)は、近畿日本鉄道の実業団ラグビーチームである。ホームグラウンドは近鉄花園ラグビー場。愛称の「ライナーズ」は近鉄特急「アーバンライナー」に由来し、ラグビーでのスピード感と力強さを表現している。チームマスコットはアーバンライナーをモチーフとした「トライナー君」。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た日本大学

    1946年(昭和21年)4月に部員達が復員し、活動を再開する。戦後も花園ラグビー場は米軍に接収され使用できなくなるが、この年に戦前社会人最強といわれた鮮鉄(朝鮮総督府鉄道局)ラグビー部出身の柘植平内が入社し監督に就任、本格的に強化された。また柘植の鮮鉄時代の恩師である知葉友雄(明治大学OB、元日本代表選手、後の日本大学監督、元日本代表監督)も夏合宿などわざわざ来阪して近鉄の指導を行った。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たホンダヒート

    2007年度のトップウエストAでは上位3強プレーオフ制度があり、3位以内に入ればチャレンジマッチ出場をかけたプレーオフに出られるが、この年はトップリーグから降格したワールドファイティングブルと、ホンダヒートに敗れたのがたたり、レギュラーリーグ3位で消化、辛うじてプレーオフ進出を決めた。その後行われたプレーオフでホンダ、ワールドを撃破して、トップウェスト1位となりチャレンジマッチ1に出場する権利を得た。チャレンジマッチではマツダブルーズーマーズと横河電機に快勝して1位でトップリーグ復帰を決めた。また33年ぶりに日本選手権に出場し1回戦で慶應義塾大学を破ったが準々決勝でトヨタ自動車に大接戦の末破れた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た九州

    1948年度の第1回全国社会人ラグビーフットボール大会(各地域リーグの上位チームによるトーナメント、以下 全国社会人大会)に出場し準優勝、1953年に九州電力と両チーム優勝の形で初優勝、1956年に九州電力を決勝で破って、第1回大会以来続いていた九州勢の連続優勝を途絶えさせた。これ以後もあわせて第27回大会までに、優勝8回、準優勝9回に輝いている。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た福岡サニックスブルース

    その2005年度はトップウエストAリーグで7戦全勝で優勝し、チャレンジマッチ(トップイースト・トップウエスト・トップキュウシュウの3地域の代表による順位決定戦)に進出。3チーム中2位までに入れば翌2006年度からトップリーグが14チームに拡大されるため自動昇格による復帰を果たすことができたが、日本IBMビッグブルーに0-39、コカ・コーラウエストジャパンに12-15と連敗し、入れ替え戦でもトップリーグで全敗した福岡サニックスブルースに20-46で敗れ、復帰を果たせなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た朝鮮総督府鉄道

    1946年(昭和21年)4月に部員達が復員し、活動を再開する。戦後も花園ラグビー場は米軍に接収され使用できなくなるが、この年に戦前社会人最強といわれた鮮鉄(朝鮮総督府鉄道局)ラグビー部出身の柘植平内が入社し監督に就任、本格的に強化された。また柘植の鮮鉄時代の恩師である知葉友雄(明治大学OB、元日本代表選手、後の日本大学監督、元日本代表監督)も夏合宿などわざわざ来阪して近鉄の指導を行った。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たコカ・コーラウエストジャパン

    その2005年度はトップウエストAリーグで7戦全勝で優勝し、チャレンジマッチ(トップイースト・トップウエスト・トップキュウシュウの3地域の代表による順位決定戦)に進出。3チーム中2位までに入れば翌2006年度からトップリーグが14チームに拡大されるため自動昇格による復帰を果たすことができたが、日本IBMビッグブルーに0-39、コカ・コーラウエストジャパンに12-15と連敗し、入れ替え戦でもトップリーグで全敗した福岡サニックスブルースに20-46で敗れ、復帰を果たせなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「近鉄ライナーズ」のニューストピックワード