48件中 31 - 40件表示
  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た九州電力キューデンヴォルテクス

    1948年度の第1回全国社会人ラグビーフットボール大会(各地域リーグの上位チームによるトーナメント、以下 全国社会人大会)に出場し準優勝、1953年に九州電力と両チーム優勝の形で初優勝、1956年に九州電力を決勝で破って、第1回大会以来続いていた九州勢の連続優勝を途絶えさせた。これ以後もあわせて第27回大会までに、優勝8回、準優勝9回に輝いている。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た横河武蔵野アトラスターズ

    2007年度のトップウエストAでは上位3強プレーオフ制度があり、3位以内に入ればチャレンジマッチ出場をかけたプレーオフに出られるが、この年はトップリーグから降格したワールドファイティングブルと、ホンダヒートに敗れたのがたたり、レギュラーリーグ3位で消化、辛うじてプレーオフ進出を決めた。その後行われたプレーオフでホンダ、ワールドを撃破して、トップウェスト1位となりチャレンジマッチ1に出場する権利を得た。チャレンジマッチではマツダブルーズーマーズと横河電機に快勝して1位でトップリーグ復帰を決めた。また33年ぶりに日本選手権に出場し1回戦で慶應義塾大学を破ったが準々決勝でトヨタ自動車に大接戦の末破れた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たトップウエスト

    1958年度から始まった関西社会人Aリーグの設立時のメンバーチームで、第1回大会から11連覇、計16回優勝している(トップウエストを除く)。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たピーター・スローン

    2008年度はピーター・スローンをヘッドコーチに招聘し、トップリーグでは復帰チームながら開幕2連勝、上位チームには勝てなかったが善戦しボーナスポイントを獲得した。下位チームには確実に勝ち、2試合を残して自動降格は回避。また最終節を待たずに10位以上が決定し入替戦も回避して残留を決定した。最終順位は14チーム中9位であったが、復帰1年目としては好成績であった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たジャパンラグビートップリーグ

    2003年度からスタートしたジャパンラグビートップリーグに参加し、これにより「ライナーズ」の愛称が定められる。2003年度のリーグ戦では3勝8敗で12チーム中10位に終わり入れ替え戦に回ったが、九州電力に47-24で勝って降格を免れた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たラグビー

    近鉄ライナーズ(きんてつライナーズ、Kintetsu Liners)は、近畿日本鉄道の実業団ラグビーチームである。ホームグラウンドは近鉄花園ラグビー場。愛称の「ライナーズ」は近鉄特急「アーバンライナー」に由来し、ラグビーでのスピード感と力強さを表現している。チームマスコットはアーバンライナーをモチーフとした「トライナー君」。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たマツダブルーズーマーズ

    2007年度のトップウエストAでは上位3強プレーオフ制度があり、3位以内に入ればチャレンジマッチ出場をかけたプレーオフに出られるが、この年はトップリーグから降格したワールドファイティングブルと、ホンダヒートに敗れたのがたたり、レギュラーリーグ3位で消化、辛うじてプレーオフ進出を決めた。その後行われたプレーオフでホンダ、ワールドを撃破して、トップウェスト1位となりチャレンジマッチ1に出場する権利を得た。チャレンジマッチではマツダブルーズーマーズと横河電機に快勝して1位でトップリーグ復帰を決めた。また33年ぶりに日本選手権に出場し1回戦で慶應義塾大学を破ったが準々決勝でトヨタ自動車に大接戦の末破れた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た近鉄特急

    近鉄ライナーズ(きんてつライナーズ、Kintetsu Liners)は、近畿日本鉄道の実業団ラグビーチームである。ホームグラウンドは近鉄花園ラグビー場。愛称の「ライナーズ」は近鉄特急「アーバンライナー」に由来し、ラグビーでのスピード感と力強さを表現している。チームマスコットはアーバンライナーをモチーフとした「トライナー君」。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た高安検修センター

    1927年、大阪電気軌道(通称大軌)社員の有志が集まり高安工場敷地でラグビーの練習を行った(この時、後の近鉄グループ総帥と呼ばれる佐伯勇も参加している)。この練習がきっかけで本格的にメンバーを募集しチームが出来た。その後、花園ラグビー場の開設された1929年に大阪電気軌道ラグビー部として正式に設立された。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た新日鐵八幡ラグビー部

    特に、八幡製鐵とは全国社会人大会で1951年度から1968年度まで実に12回対戦。内決勝戦では8回顔をあわせ、社会人チームの二強の一角としても長らく君臨した。戦績は近鉄の2勝10敗(内、決勝は1勝7敗)と大変分が悪く、同大会3連覇がかかった1968年度も準決勝で八幡に敗れて阻止された。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「近鉄ライナーズ」のニューストピックワード