1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た慶應義塾體育會蹴球部

    2007年度のトップウエストAでは上位3強プレーオフ制度があり、3位以内に入ればチャレンジマッチ出場をかけたプレーオフに出られるが、この年はトップリーグから降格したワールドファイティングブルと、ホンダヒートに敗れたのがたたり、レギュラーリーグ3位で消化、辛うじてプレーオフ進出を決めた。その後行われたプレーオフでホンダ、ワールドを撃破して、トップウェスト1位となりチャレンジマッチ1に出場する権利を得た。チャレンジマッチではマツダブルーズーマーズと横河電機に快勝して1位でトップリーグ復帰を決めた。また33年ぶりに日本選手権に出場し1回戦で慶應義塾大学を破ったが準々決勝でトヨタ自動車に大接戦の末破れた。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た全国社会人ラグビーフットボール大会

    1948年度の第1回全国社会人ラグビーフットボール大会(各地域リーグの上位チームによるトーナメント、以下 全国社会人大会)に出場し準優勝、1953年に九州電力と両チーム優勝の形で初優勝、1956年に九州電力を決勝で破って、第1回大会以来続いていた九州勢の連続優勝を途絶えさせた。これ以後もあわせて第27回大会までに、優勝8回、準優勝9回に輝いている。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たアーバンライナー

    近鉄ライナーズ(きんてつライナーズ、Kintetsu Liners)は、近畿日本鉄道の実業団ラグビーチームである。ホームグラウンドは近鉄花園ラグビー場。愛称の「ライナーズ」は近鉄特急「アーバンライナー」に由来し、ラグビーでのスピード感と力強さを表現している。チームマスコットはアーバンライナーをモチーフとした「トライナー君」。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たアジアラグビーフットボール大会

    なお、1969年度(1970年1月)は全国社会人大会で優勝し第7回日本選手権の出場権を得たが出場を辞退した。この年の日本選手権はタイ・バンコクでの第2回アジア選手権と日程が重複していた。多数の日本代表選手を輩出していた関西社会人Aリーグは事前に全7チームの監督名で日本協会へ日本選手権の日程変更を申し入れていた。しかし大学の試験時期でもあり日本協会は日程変更せず、全国社会人大会優勝の近鉄はもちろん、準優勝のトヨタ自工、3位の三菱自工京都らは関西勢の総意として棄権した。そのため日本協会は3位の富士鉄釜石(後の新日鉄釜石)に出場を打診し、富士鉄釜石もこれを了承し日本選手権に出場した。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た日本IBMビッグブルー

    その2005年度はトップウエストAリーグで7戦全勝で優勝し、チャレンジマッチ(トップイースト・トップウエスト・トップキュウシュウの3地域の代表による順位決定戦)に進出。3チーム中2位までに入れば翌2006年度からトップリーグが14チームに拡大されるため自動昇格による復帰を果たすことができたが、日本IBMビッグブルーに0-39、コカ・コーラウエストジャパンに12-15と連敗し、入れ替え戦でもトップリーグで全敗した福岡サニックスブルースに20-46で敗れ、復帰を果たせなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た地域リーグ (ラグビー)

    1948年度の第1回全国社会人ラグビーフットボール大会(各地域リーグの上位チームによるトーナメント、以下 全国社会人大会)に出場し準優勝、1953年に九州電力と両チーム優勝の形で初優勝、1956年に九州電力を決勝で破って、第1回大会以来続いていた九州勢の連続優勝を途絶えさせた。これ以後もあわせて第27回大会までに、優勝8回、準優勝9回に輝いている。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見た三菱重工相模原ダイナボアーズ

    2006年度はトップウエストAリーグを2連覇で、チャレンジマッチに再挑戦。自動昇格をかけた三菱重工相模原との最終戦で31-32の僅差で敗れ自動昇格を逃すどころか、その後行われたIBMとの入れ替え戦でも終盤間際に同点に追いつかれた(29-29)。この場合、大会規定でトップリーグのチームが残留するため、近鉄は2年連続してトップリーグへの復帰を果たせなかった。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄ライナーズ

    近鉄ライナーズから見たトップウェスト

    ところが翌2004年度は2勝9敗で12チーム中11位に終わり、大会規定によりトップウェストAリーグに自動降格した。チームはこれまで企業の福利厚生を目的とした部活の一環として経営してきたが、2005年度からは企業のシンボルスポーツとしての独立組織に一新させる方針で、運営予算も増額された。また責任者としてOBの今里良三(元日本代表、元近鉄監督、元日本代表監督)を抜擢した。近鉄ライナーズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示

「近鉄ライナーズ」のニューストピックワード