193件中 131 - 140件表示
  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た証言

    ゲームは、移動と会話を繰り返して裁判のための情報・証拠品を集める「探偵パート」と、そこで得た証拠を武器に依頼人である被告人の弁護を行う「法廷パート」に分かれている。法廷においては、自分の手元にある入手した情報や証拠品、または検察側から提出された証拠品とつきあわせつつ、証人達の証言を聞き、尋問においてその中にある事実と食い違う部分、つまり「ムジュン(矛盾)」を探し追及するのが、このゲームシステムにおける原則である。また多くの矛盾点を暴いていくことで事件の「真相」を徐々に明らかにしていき、依頼人の無実及び無罪を立証するのが最大の目的である。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たバイザー

    『3』に登場。白い髪と赤く発光するバイザーが入った仮面が特徴の検事。ハードボイルドな性格を持ち、わかりにくい比喩を用いることがある。本名・年齢・経歴がいっさい不明という謎の人物。成歩堂に対し敵対的な態度を見せ、成歩堂を「まるほどう」と呼ぶ。有罪を得ることよりも「真実」を暴くことを目的としているため、非合法な手段を使わずに立証を行う。コーヒーを何より好み、審理中にもしばしば飲んでおり、その際に飲んで良い量は17杯までと決めている。理由は様々だが、 時折コーヒーが入ったままのカップを成歩堂に投げ付けることもある。彼の声は神谷英樹が担当している。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た死刑囚

    今から6年前、誘拐殺人の死刑囚が脱獄し、その死刑判決を決定付けた警察官を殺害した。新米弁護士・綾里千尋の初審理。そしてもう一人、検事局始まって以来の天才検事の初審理でもあった。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た梯子

    シリーズ各作品に必ず1回は登場し、ハシゴとの違いがしばしば議論される、いわゆる「お遊び要素」の一つ。成歩堂編では真宵や茜、糸鋸などが脚立のことを「ハシゴ」と呼び、成歩堂に正されるが「同じような物」「もっとホンシツを見よう」と返されるというもの。また、『2』『3』では暖炉と竈の違いについて似たような会話が展開される。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た法廷

    『逆転裁判』(ぎゃくてんさいばん)は、カプコンの法廷バトルアドベンチャーゲーム及びシリーズ名。同作品に関連した漫画、小説、舞台などを指す。スピンオフ作品『逆転検事』シリーズについては、当該項目を参照。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たコルディリネ・ストリクター

    成歩堂の事務所に置かれている観葉植物。名前が判明したのは『1』第3話から。種類は「コルディリネ・ストリクター」。事務所が千尋のものだった頃から置かれていた。成歩堂によると、「事務所のマスコットキャラクター」。真宵や春美に水を過剰にやられたり、茜の特製化学肥料で妙に黄色くなったりと、散々な目に遭っている。前述したように、成歩堂が来る以前から事務所にあるので、みぬきからは「センパイ」と呼ばれている。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た3次元コンピュータグラフィックス

    証拠品を3Dで表示し、X軸回し・Y軸回し・拡大縮小で色々な角度から調べることができる。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た

    千尋のであり、倉院流霊媒道の霊媒師(『1』では“修行中の”と自分で付け足していた)。『1』第2話にて千尋殺害の容疑者として逮捕され、成歩堂と出会う。成歩堂の弁護によって無罪となって以降、成歩堂と行動を共にしている。『2』にて、修行が成功し一人前の霊媒師になった。『大江戸戦士トノサマン』シリーズの大ファン。従妹である春美とは仲が良く、実力も認めている。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たディレクター

    ゲームボーイアドバンス、ニンテンドーDS等で発売されている。逆転検事以外のシリーズ作品のディレクターとシナリオは全編を通して巧舟が担当している。以下は、特に説明のない限り全て日本国内向けに発売されたバージョンについての情報。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た検察官

    ゲームは、移動と会話を繰り返して裁判のための情報・証拠品を集める「探偵パート」と、そこで得た証拠を武器に依頼人である被告人の弁護を行う「法廷パート」に分かれている。法廷においては、自分の手元にある入手した情報や証拠品、または検察側から提出された証拠品とつきあわせつつ、証人達の証言を聞き、尋問においてその中にある事実と食い違う部分、つまり「ムジュン(矛盾)」を探し追及するのが、このゲームシステムにおける原則である。また多くの矛盾点を暴いていくことで事件の「真相」を徐々に明らかにしていき、依頼人の無実及び無罪を立証するのが最大の目的である。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

193件中 131 - 140件表示

「逆転裁判」のニューストピックワード