249件中 61 - 70件表示
  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た鈴木圭

    宝塚歌劇団によって以下の3作品が上演されている。いずれも鈴木圭が脚本と演出を担当し、宙組公演で初演している。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た稲船敬二

    当初は登場人物を一新させる予定だったが、製作総指揮の稲船敬二の意見により前作までの登場人物である成歩堂龍一が登場することになった。旧作の亜内や裁判長、回想シーンのみで糸鋸が再登場し、『蘇る逆転』と『2』に登場した人物が再登場している。「霊媒」を除いた前作までに登場していた用語も引き続き登場。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た丸山和也

    テレビCMや広告などにはイメージキャラクターとして、丸山和也が出演した。広告キャッチフレーズは「嘘を暴く快感。」。初回限定版には『逆転裁判事典』と銘打ったこれまで発売されたシリーズのあらゆるデータを収録したソフトがもう一本付属していた。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た岩垂徳行

    2007年8月23日にはDS版が発売(GBA版とDS版の違いは『2』に準ずる)。これにより、1 - 4までの全ての作品がDSに揃った。キャラクターデザイン担当は岩元辰郎。BGM担当は岩垂徳行逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た榊原徹士

    虎狼死家左右エ門 - 富田翔 / 宮下雄也 / 榊原徹士(Wキャスト)逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た北川直樹

    製作:菅沼直樹、市川南、徳丸敏弘、奥野敏聡、阿佐美弘恭、弘中謙、平井文宏、北川直樹逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た東山将之

    プロデューサー:東山将之、畠山直人、坂美佐子、前田茂司逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た伊藤嘉之

    本作からシナリオの制作が複数人体制となり、ディレクターの山?剛がシナリオの総括を担当。巧舟は関与していない。メインキャラクターデザインは布施拓郎が、BGMは岩垂徳行が担当。アニメーションのキャラクターデザイン及び総作画監督は伊藤嘉之が担当。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たアーサー・コナン・ドイル

    裁判制度の最先端であった大英帝国(イギリス)の首都・倫敦(ロンドン)が主要舞台であり、アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物が、本作の世界では実在の人物として複数登場する。ロンドンの大法廷では陪審員制を用いた、有罪か無罪を判別する陪審員との駆け引きも行われる。またペナルティがゲージ制から『蘇る』同様回数制に戻っている。他にも複数の証人を尋問したり問い詰めるなど、一部『レイトン教授VS逆転裁判』のシステムを継承している。さらにこれまでの『逆転裁判』シリーズの人物は2Dと3Dで決まった動きをしていたが、本作では全ての人物が自由に動くようになる。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た神谷英樹

    『3』に登場。白髪と赤く発光するバイザーが入った仮面が特徴の検事。ハードボイルドな性格で、独特のわかりにくい比喩を多用する。本名、素顔、年齢、経歴などが一切不明の謎の人物で、なぜか成歩堂に対し敵対的な態度を見せ、彼を「まるほどう」と呼ぶ。有罪判決を得ることよりも「真実を暴く」ことを最大の目的としており、非合法な手段を使わずに正々堂々と立証を行う。コーヒーが大好物で審理中にもしばしば飲んでおり、その際に飲んでよい量は17杯までと決めている。理由は様々だが、 時折コーヒーが入ったままのカップを成歩堂に投げつけることもある。ゲーム内の音声は神谷英樹が担当。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

249件中 61 - 70件表示

「逆転裁判」のニューストピックワード