249件中 81 - 90件表示
  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た着信メロディ

    『1』第2話から登場。子供向けの人気番組。真宵や10歳前後くらいのヤング、さらに御剣までもが夢中になっている特撮ヒーロー番組で、「大江戸戦士トノサマン」「小江戸剣士ヒメサマン」は毎週金曜日夕方5時に放送していたが、「大江戸戦士トノサマン・丙!」から毎週日曜日朝8時に放送が変更された。英都撮影所で製作されている。「大江戸戦士トノサマン」のストーリーは、ネオ・エドシティを舞台に悪の宿敵アクダイカーンと死闘を繰り広げるというもの。ネオ・エドシティにはネオ・フジヤマも存在する。もう1つの子供向けの番組「忍者ナンジャ」とはライバル関係。ストーリーについては登場人物の口からある程度が語られるのみだが、ゲームの中の世界ではライバル番組を押しのけ絶大な人気を誇っている。成歩堂の携帯の着メロもトノサマンのテーマである。御剣も隠れファンの一人(詳細は御剣怜侍を参照)。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たロンドン

    裁判制度の最先端であった大英帝国(イギリス)の首都・倫敦(ロンドン)が主要舞台であり、アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物が、本作の世界では実在の人物として複数登場する。ロンドンの大法廷では陪審員制を用いた、有罪か無罪を判別する陪審員との駆け引きも行われる。またペナルティがゲージ制から『蘇る』同様回数制に戻っている。他にも複数の証人を尋問したり問い詰めるなど、一部『レイトン教授VS逆転裁判』のシステムを継承している。さらにこれまでの『逆転裁判』シリーズの人物は2Dと3Dで決まった動きをしていたが、本作では全ての人物が自由に動くようになる。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た通信販売

    『4』『6』で登場する初動捜査担当の刑事。『蘇る』第5話で成歩堂の助手を務めたことから、成歩堂とは面識がある。『蘇る』第5話の事件後から9年間、アメリカで科学捜査について学び、帰国して科学捜査官の試験を受けたが落ちてしまい、刑事課に配属された。『4』では不機嫌で不貞腐れた様子でいることが多く、黙々とかりんとうを食べ続け、ストレスを発散しようとしている。『4』では自称科学捜査官を名乗り、科学捜査と称し通信販売で買ってきた私物の道具を使って、色々な実験を行っている。『6』では無事試験に合格し、彼女の念願だった科学捜査官として登場。王泥喜や成歩堂に調査の協力をする。『5』では登場しない。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た弁護士

    本作品は「法廷バトル」と呼ばれるジャンルを生み出したゲームである。プレイヤーは主人公の弁護士を操作し、無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にすることがゲームの目的。弁護する事件は主に殺人事件となっている。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たマスコット

    警察のマスコットキャラクター。モデルは現実の警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」。『1』第4話からの警察署・刑事課の背景の人形で登場。刑事課の課長が考えたキャラクターであり、『1』では刑事課のマスコットに留まっていたが、『2』では所轄署の、『3』では警察そのもののマスコットになり、新しい仲間「タイホちゃん」も加わった。「タイホくん」と「タイホちゃん」が結婚する時は、互いに手錠を掛ける。『蘇る』第5話では課長の命令で糸鋸の手で「ダンシングタイホくん」という動くベニヤ板製のロボットが作られ、『逆転裁判』シリーズでキャラクターの仲間入りを果たす。また『蘇る』第5話では事件に強く関わり、成歩堂達に散々迷惑をかけた。タイホくんに関して、真宵や春美は「カワイイ」と賞賛しているものの、御剣は「カイブツ」「うごめくベニヤ板」と表現している為、かなり評価が分かれているようである。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たエレベーター

    地方裁判所を襲った激しい地震で、地方裁判所が停電になり、エレベータの中で御剣怜侍の父・御剣信弁護士とその息子・御剣怜侍、法廷係官・灰根高太郎の計3名が5時間も閉じ込められ、酸欠状態に陥っていた最中、御剣信が何者かに射殺された。この事件は当時は有名で、警察も徹底的に捜査したが、手がかりは何も得られなかった。そこで、警察は極秘裏に綾里舞子の霊媒で御剣信を呼び、犯人が灰根高太郎だと判明、警察は彼を逮捕した。ところが、灰根はDL6号事件の担当弁護士・生倉雪夫の弁護を受け、無罪となった。このことで綾里舞子は警察から厳しく糾弾され、娘の綾里千尋・綾里真宵を置いて失踪してしまった。また、警察が捜査に行き詰った結果霊媒に頼ったことが何者かによって世間に公表され、警察は致命的な恥をさらしたことで笑いものになり、警察は誰がこのことを漏えいしたかを裏で捜査した。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たコーヒー

    『3』に登場。白髪と赤く発光するバイザーが入った仮面が特徴の検事。ハードボイルドな性格で、独特のわかりにくい比喩を多用する。本名、素顔、年齢、経歴などが一切不明の謎の人物で、なぜか成歩堂に対し敵対的な態度を見せ、彼を「まるほどう」と呼ぶ。有罪判決を得ることよりも「真実を暴く」ことを最大の目的としており、非合法な手段を使わずに正々堂々と立証を行う。コーヒーが大好物で審理中にもしばしば飲んでおり、その際に飲んでよい量は17杯までと決めている。理由は様々だが、 時折コーヒーが入ったままのカップを成歩堂に投げつけることもある。ゲーム内の音声は神谷英樹が担当。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た高所恐怖症

    『4』から登場する熱い性格の新米弁護士。角のように尖らせた2本の前髪と赤スーツが特徴。「牙琉法律事務所」に所属していたが、ある事件の解決後、成歩堂の事務所で働くこととなった。証人のしぐさをみぬき、ウソや隠し事を見破る能力を持つ。常に左腕に「腕輪」をはめているが、それが前述の力と関係する特別なものとは知らなかった。成歩堂と同様に高所恐怖症で運動神経が無い。発声練習を頻繁に行っているため声が大きく、そのせいで喉を痛めたり近所から苦情を受けたりしている。牙琉響也からは「おデコくん」と呼ばれている。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見た医療過誤

    医療ミスで14人もの死者を出した「霧崎医院」の院長・霧崎哲郎が、自らの潔白を真宵の霊媒で証明する為、「成歩堂法律事務所」を訪れた。成歩堂は霧崎医師と共に真宵のいる倉院の里を訪れるが、霊媒中に霧崎が殺害されてしまう。容疑者である真宵を救う為、成歩堂は再び真宵の弁護を引き受ける。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

  • 逆転裁判

    逆転裁判から見たミリオンセラー

    牙琉響也がリーダー&ボーカル&ギターを務める大人気ロックバンド。メンバーの5人全員が警察関係者で、デビュー曲「恋の禁固刑・13年」をはじめ、発表した曲は全てミリオンセラーになっている。作中で判明しているメンバーは響也と眉月大庵のみ。結成した理由は響也によると「女の子に振り向いてもらいたいから」。『検事』第3話ではマークのみ登場する。現在はとある理由により解散している。逆転裁判 フレッシュアイペディアより)

249件中 81 - 90件表示

「逆転裁判」のニューストピックワード