83件中 51 - 60件表示
  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たIEEE 802.11

    ネットワークは様々な機器(ハードウェア)を相互に接続して構成される。接続には一般に何らかの配線が必要であり、ケーブル(カテゴリー5ケーブルなど)が使われることが多い。ほかに無線による接続(IEEE 802\.11など)や光ケーブル(光ファイバー)による接続がある。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たアクセスポイント (無線LAN)

    無線ブリッジ: ルーター機能のない無線LANアクセスポイントコンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たカテゴリー5ケーブル

    ネットワークは様々な機器(ハードウェア)を相互に接続して構成される。接続には一般に何らかの配線が必要であり、ケーブル(カテゴリー5ケーブルなど)が使われることが多い。ほかに無線による接続(IEEE 802.11など)や光ケーブル(光ファイバー)による接続がある。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たIEEE

    LAN を WAN (Wide Area Network) と比較すると、データ転送レートは高く、地理的なカバー範囲が狭い。イーサネットは現在では10ギガビット・イーサネットまで存在する。IEEEでは、100ギガビットや40ギガビットの標準化が検討されている。低速な通信路を複数束ねて、高速な転送レートの通信路にする方式として逆マルチプレクサがある。例えば、1ギガビットのインタフェースを4つ束ねて4ギガビットにする。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たInternet Protocol

    現在では、インターネットワークには Internet Protocol が使われる。インターネットワークは、誰が管理し、誰が参加しているかという観点で次の3つに分類される。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た情報化社会

    コンピュータネットワーク()は、複数のコンピュータを接続する技術。または、接続されたシステム全体。情報化社会の基盤をなすため、通信インフラといわれる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たスイッチングハブ

    スイッチはマーケティング要素が強い用語であり、ルーターやブリッジ、負荷分散機能のある機器などを包含する。OSI参照モデルの様々な層に対応するスイッチがあり、物理層、データリンク層(スイッチングハブ)、ネットワーク層(レイヤ3スイッチ)、トランスポート層(レイヤ4スイッチ)がある。複数層に同時に対応するスイッチは「多層スイッチ」などと呼ばれる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た端末

    最も初期のネットワークは、メインフレーム (大型汎用機) と専用端末を、独自のケーブルで接続したものである。かつてはメーカーごとに様々な規格のネットワーク技術が開発され、相互接続性の問題が大きかった。現在はインターネットで利用されている技術を利用することが多い。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たIEEE 1394

    PANの物理的接続にはUSBやFireWireが使われる。無線PAN(WPAN)もあり、IrDAやBluetoothが接続に使われる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た電話

    Personal Area Network (PAN) は、個人の持つコンピュータ機器間の通信を行うネットワークを意味する。例えば、プリンター、ファクシミリ、電話、PDA、スキャナなどが接続される。PANの典型的な大きさは、せいぜい直径9メートル以内である。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「通信ネットワーク」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画