83件中 61 - 70件表示
  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たレイヤ3スイッチ

    スイッチはマーケティング要素が強い用語であり、ルーターやブリッジ、負荷分散機能のある機器などを包含する。OSI参照モデルの様々な層に対応するスイッチがあり、物理層、データリンク層(スイッチングハブ)、ネットワーク層(レイヤ3スイッチ)、トランスポート層(レイヤ4スイッチ)がある。複数層に同時に対応するスイッチは「多層スイッチ」などと呼ばれる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たQuality of Service

    コンピュータネットワークは、その規模によって分類される。LAN (Local Area Network)、WAN (Wide Area Network)、MAN (Metropolitan Area Network)などがある。イーサネットがネットワークへの標準インタフェースとなってきたことから、このような分類はエンドユーザーにはあまり重要ではなくなり、ネットワーク管理者にとってのみ重要となりつつある。ネットワーク管理者は距離に起因する遅延を考慮してネットワークを調整し、必要な Quality of Service (QoS) を達成しなければならない。このときに、ネットワークの規模が重要となる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たハードウェア

    ネットワークカード(ネットワークアダプタあるいはNICとも)は、コンピュータをネットワークに接続するためのハードウェアである。ネットワーク媒体への物理的アクセスを提供し、MACアドレスなどを使った低レベルのアドレス指定機構を提供することが多い。コンピュータはネットワークカードを経由してケーブルや無線によって他のコンピュータと相互接続される。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たTCP/IP

    TCP/IP(インターネットプロトコル)コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た国防高等研究計画局

    地球上の多数の政府、学界、公共、私用のネットワークを相互接続したインターネットワーク。アメリカ国防総省のARPAが開発したARPANETが母体となっている。World Wide Web の基盤でもあり、他のインターネットワークと区別するため、欧米では 'I' を大文字にして "Internet" と記される。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た産業用ロボット

    Controller Area Network は規模という観点では特殊であり、自動車のエンジン、船舶の電子機器、産業用ロボット群などを対象としたネットワークである。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たクライアントサーバモデル

    別の分類法として、ネットワークによって接続される各要素間の機能的関連性に着目した分類もある。例えば、クライアントサーバモデルや Peer to Peer アーキテクチャやStorage Area Networkなどがある。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たBluetooth

    PANの物理的接続にはUSBやFireWireが使われる。無線PAN(WPAN)もあり、IrDAやBluetoothが接続に使われる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た携帯情報端末

    Personal Area Network (PAN) は、個人の持つコンピュータ機器間の通信を行うネットワークを意味する。例えば、プリンター、ファクシミリ、電話、PDA、スキャナなどが接続される。PANの典型的な大きさは、せいぜい直径9メートル以内である。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た10ギガビット・イーサネット

    LAN を WAN (Wide Area Network) と比較すると、データ転送レートは高く、地理的なカバー範囲が狭い。イーサネットは現在では10ギガビット・イーサネットまで存在する。IEEEでは、100ギガビットや40ギガビットの標準化が検討されている。低速な通信路を複数束ねて、高速な転送レートの通信路にする方式として逆マルチプレクサがある。例えば、1ギガビットのインタフェースを4つ束ねて4ギガビットにする。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「通信ネットワーク」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画