83件中 71 - 80件表示
  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たバグ

    障害: 人間がコマンドを間違えて入力した場合、ネットワーク機器のソフトウェアのバグ、部品の故障、システム設計上予期していなかった使い方によるものなど。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たMetropolitan Area Network

    コンピュータネットワークは、その規模によって分類される。LAN (Local Area Network)、WAN (Wide Area Network)、MAN (Metropolitan Area Network)などがある。イーサネットがネットワークへの標準インタフェースとなってきたことから、このような分類はエンドユーザーにはあまり重要ではなくなり、ネットワーク管理者にとってのみ重要となりつつある。ネットワーク管理者は距離に起因する遅延を考慮してネットワークを調整し、必要な Quality of Service (QoS) を達成しなければならない。このときに、ネットワークの規模が重要となる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たMACアドレス

    ネットワークカード(ネットワークアダプタあるいはNICとも)は、コンピュータをネットワークに接続するためのハードウェアである。ネットワーク媒体への物理的アクセスを提供し、MACアドレスなどを使った低レベルのアドレス指定機構を提供することが多い。コンピュータはネットワークカードを経由してケーブルや無線によって他のコンピュータと相互接続される。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たVoIP

    図書館員用のコンピュータ(黄緑部分)はカラープリンターが使え、貸し出し記録にアクセスでき、学術ネットワークとインターネットにもアクセスできる。利用者用コンピュータはインターネットと図書目録にアクセスできる。ワークグループ毎にローカルなプリンターが接続されている。これらプリンタは他のワークグループからはアクセスできない。接続する線の色はサブネットを表しており、各相互接続機器は異なるサブネットを接続しているため、ネットワーク層(第3層)で動作する必要がある。図書館員向けにVoIPネットワークも構築されている。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たパケット

    ハブには複数のポートがある。(スイッチ機能のないハブでは)ひとつのポートにパケットが到着すると、全ポートにそれがコピーされる。パケットをコピーする際に送信先アドレスは変更されず、単にそのままコピーされ全ポートに送出される。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たメインフレーム

    最も初期のネットワークは、メインフレーム (大型汎用機) と専用端末を、独自のケーブルで接続したものである。かつてはメーカーごとに様々な規格のネットワーク技術が開発され、相互接続性の問題が大きかった。現在はインターネットで利用されている技術を利用することが多い。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見た地域インターネットレジストリ

    インターネット上のIPアドレスは、地域インターネットレジストリが管理している。サービスプロバイダや大企業はボーダ・ゲートウェイ・プロトコル (BGP) を通してアドレス範囲の到達可能性についての情報を交換している。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たTCP/IP参照モデル

    ネットワークは、ネットワーク階層と呼ばれるもので分類されることがあり、その際には4層のTCP/IP参照モデルを業界標準とする。学界では7層のOSI参照モデルがよく知られているが、多くのネットワークはTCP/IP参照モデルに準拠していると言える。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たディレクトリ・サービス

    LANなどのネットワーク上でのディレクトリをディレクトリ・サービスという。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータネットワーク

    コンピュータネットワークから見たVirtual Router Redundancy Protocol

    診断機器の最も単純な形態としては、ネットワーク機器の予備を用意しておくだけである。故障したと思われる機器を予備と置換して障害が解消した場合、その機器に問題があると診断できる。これを洗練させると(コストはかかるが)、予備の機器で故障した機器を自動的に置換する方式になる。RFC 3768 に示されている Virtual Router Redundancy Protocol (VRRP) などを使えば、ネットワーク障害をコンピュータから見て透過的にすることができる。コンピュータネットワーク フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「通信ネットワーク」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画