前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示
  • 運転免許

    運転免許から見た運転免許証運転免許証

    運転免許(うんてんめんきょ)とは、運転に一定の技量が必要な機械装置や設備の運転に対する免許のことである。免許の保有を証明して交付される公文書を運転免許証という。運転免許 フレッシュアイペディアより)

  • 事前通知制度

    事前通知制度から見た運転免許証運転免許証

    運転免許証(道路交通法92条1項)、外国人登録証明書(外国人登録法5条)、住民基本台帳カード(住民基本台帳法30条の44第1項)、旅券・乗員手帳(出入国管理及び難民認定法2条5号・6号)、運転経歴証明書(道路交通法104条の4)のうちいずれか1つ以上(不動産登記規則72条2項1号)。事前通知制度 フレッシュアイペディアより)

  • プラヴォ・ヤズディ

    プラヴォ・ヤズディから見た運転免許証運転免許証

    プラヴォ・ヤズディ (Prawo Jazdy) とは、アイルランドにおいて交通違反を繰り返したとされていた架空のポーランド人。本来は「運転免許証」を表すポーランド語だが、これをアイルランド警察が人名と誤認してしまったことから生じた。プラヴォ・ヤズディ フレッシュアイペディアより)

  • taspo

    taspoから見た運転免許証運転免許証

    当初は運転免許証による識別方式を排除しており、その理由として、taspo フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳ネットワークシステム

    住民基本台帳ネットワークシステムから見た運転免許証運転免許証

    居住地以外でも住民票の写しの交付を受けることができる。(住民基本台帳カード、運転免許証やパスポートなどの官公庁が発行した写真付きの証明書が必要)住民基本台帳ネットワークシステム フレッシュアイペディアより)

  • 身分証明書

    身分証明書から見た運転免許証運転免許証

    身分証明(本人確認)を求められる場合、一般には運転免許証やパスポート(旅券)・健康保険被保険者証・住民基本台帳カード(住基カード)など公的機関が発行する証明書で、氏名・住所・生年月日・性別・顔写真など個人を特定する情報を記載・貼付したものであれば、身分証明書として通用する。身分証明書 フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見た運転免許証運転免許証

    携帯電話は、ネットカフェ難民に多いとされる日雇い派遣労働者が人材派遣会社からの出発コール(出勤・現場到着報告)・終了コール(勤務終了報告)・新規派遣先の前日確認などに利用する。2000年代になってから、携帯電話の月々の支払い明細書を電子メールで送付するサービスを実施している携帯電話事業者があるので、住所不定の人物でも契約時に現住所と身分証で契約を済ませていれば、後にネットカフェ難民となってしまった場合でも携帯電話の使用は可能であるが、プリペイド式携帯電話の場合でも、申込書に固定電話番号(または他の携帯電話番号)と住所の記載を求められるなど契約審査が厳格化しており、運転免許証などの提示だけでは簡単に購入・契約できない場合もある。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • 高速道路無料化

    高速道路無料化から見た運転免許証運転免許証

    高速道路の維持費の問題。維持管理費の財源は主に税金を賄う事になる可能性が高いため、例えば自動車運転免許証を所持していない直接利用しない人も日常的に利用する運輸業者も負担が同等となるため、応益原則からは不公平感が生じるというものである。しかしながら高速道路を特別扱いせずに一般道路と同じ目線でみることにより、不公平性は原則なくなる。自動車に乗らない人であっても、物流のコストが下がることで無料化の恩恵を受けられるので、一方的に不公平であるとはいえないと考えることもできる。もっとも、この点については、高速道路が自動車専用道路であることを無視しているのではないかという疑問もある。さらに、自動車に乗る人であっても、離島に住む人のようにフェリーなどで高速道路のある地域に行かない限り無料化のメリットを受けられない場合もある(なお、離島のガソリン価格は輸送費が加算されるため一般的には本土より高い)。なお、一般会計に組み込まれたガソリン税や自動車重量税などの道路特定財源は3兆円以上存在し、高速道路の維持管理費は、道路会社4社(NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、本四高速)で4,863億円(2006年度)。うち3割程は料金所の人件費となる。高速道路無料化 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車保険

    自動車保険から見た運転免許証運転免許証

    日本では1997年よりリスク細分型自動車保険が認可され、主に外資系保険会社を中心に、放送(コマーシャル)や新聞などマスメディアを使った広告で展開している。ドライバーの年齢、性別、地域、車種、走行距離、運転免許証の色などによって保険料が違うのが特徴である。近年は、国内の既存保険会社が子会社を作って参入するケースもある。週末にしか車を使用しないなど、走行距離が極端に短いケースでは保険料が安くなるが、通勤など日常的に車を利用する地方部などで走行距離が伸びるケースでは、国内の保険会社よりも高くなることが多い。また、法人契約はできず個人契約に限られ、車種も一般的な乗用車(5・3ナンバー)や小型貨物車(4ナンバー)、軽自動車に限られ、キャンピングカーなどの特種用途自動車、(いわゆる8ナンバー)は加入できない(合法的な改造車も加入できない場合がある)。自動車保険 フレッシュアイペディアより)

  • 交通事故

    交通事故から見た運転免許証運転免許証

    この場合の「道路」は、一般交通の用に供する全ての場所である。ただ、運転免許証の要件として「道路外致死傷」が新設され、道路交通法上でも一定の影響を及ぼすようになった。交通事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
177件中 1 - 10件表示

「運転免許証」のニューストピックワード