1479件中 51 - 60件表示
  • マツザワ

    マツザワから見た道の駅道の駅

    2010年09月 - 岐阜県可児市に道の駅「可児ッテ」をオープン。マツザワ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の道路年表

    日本の道路年表から見た道の駅道の駅

    1993年- 道の駅制度が発足する。日本の道路年表 フレッシュアイペディアより)

  • 琴林公園

    琴林公園から見た道の駅道の駅

    1994年3月31日 - 道の駅に登録される。琴林公園 フレッシュアイペディアより)

  • ツーリングトレイン

    ツーリングトレインから見た道の駅道の駅

    北海道を訪れるライダーの減少や前述の安全管理上の問題もあり、ツーリングトレインの名称を使用するJR駅の施設は、2001年まで残っていた富良野駅のものを最後にすべて廃止された。あいおい鉄道公園など、他の場所に設置されていたものの一部は現在も公園や道の駅の施設として残り、宿泊が可能である。ツーリングトレイン フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た道の駅道の駅

    従来、町村の有力"企業"は、1)役場、2)農協(流通・金融)、3)学校、4)工場、5)建設業、6)病院であり、若い労働力の就職先としても機能してきた。しかし、バブル期の金融で失敗した農協が、再編・広域合併などで財政執行権のない支店格化したり、平成不況で工場が閉鎖されたり、小泉政権下の公共事業の削減によって建設業が倒産して、有力"企業"は、役場・学校・病院になった。近年、少子化のために学校が廃校になって地域から失われ、「平成の大合併」によって役場がなくなった地域も出てきた。現在は、高齢化によって「顧客(患者様)」が増加傾向にある病院のみが有力企業として生き残り、町村の形が「病院城下町」化した地域が多くなっている。ただし、医療費削減・医師不足・医療の機能分担などにより、病院も整理統合される可能性がある(参考:町村の新たな有力企業→「道の駅」、「秘湯ブームや個人旅行に対応した温泉宿」)。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • グリーンランドみずほ

    グリーンランドみずほから見た道の駅道の駅

    道の駅瑞穂の里・さらびきが隣接している。グリーンランドみずほ フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県道74号沖縄嘉手納線

    沖縄県道74号沖縄嘉手納線から見た道の駅道の駅

    道の駅かでな(嘉手納町屋良)沖縄県道74号沖縄嘉手納線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道543号上宇莫別美瑛停車場線

    北海道道543号上宇莫別美瑛停車場線から見た道の駅道の駅

    道の駅びえい「丘のくら」=美瑛町本町1丁目9-21北海道道543号上宇莫別美瑛停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道道304号紋別港線

    北海道道304号紋別港線から見た道の駅道の駅

    道の駅オホーツク紋別=紋別市元紋別11-6北海道道304号紋別港線 フレッシュアイペディアより)

  • 醤油の実

    醤油の実から見た道の駅道の駅

    現在では酒屋、土産物として道の駅の売店・土産物店で売られている。醤油の実 フレッシュアイペディアより)

1479件中 51 - 60件表示

「道の駅」のニューストピックワード