前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 達増拓也

    達増拓也から見た小沢一郎

    岩手県立盛岡第一高等学校、東京大学法学部を経て外務省に入省し、後にジョンズホプキンス大学SAISへ留学。在米大使館書記官、大臣官房総務課課長補佐などを経て、1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見たタモリ

    フジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』にて、司会の森田一義(タモリ)が描いた南部鉄器のイラストが放映されたのを機に、それに対する感謝の手紙を番組宛に送付していた。手紙は達増本人の顔写真とともに番組内で紹介され、その内容は番組レギュラーの千原ジュニアによって代読された。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た千原ジュニア

    フジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』にて、司会の森田一義(タモリ)が描いた南部鉄器のイラストが放映されたのを機に、それに対する感謝の手紙を番組宛に送付していた。手紙は達増本人の顔写真とともに番組内で紹介され、その内容は番組レギュラーの千原ジュニアによって代読された。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見たザ・グレート・サスケザ・グレート・サスケ

    陣営は「圧倒的勝利」を目標とし、後援会・党組織をフル回転。「小沢の地元入り=負け」という程ハードルを高くし、結果的には45万票(得票率59.7%)超を獲得、次点の自民推薦候補(得票率20.9%)に3倍の差をつけ、ザ・グレート・サスケを供託金没収に追い込み大勝した。なお、選挙に当たってはマニフェストを掲げた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た田中真紀子

    田中真紀子外務大臣に対し「精神分析の対象」と発言し物議を醸した事もある。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た荒木飛呂彦

    東日本大震災の復興企画、「東北復興平泉宣言」のイメージイラストを、漫画家の荒木飛呂彦に依頼した。これは月見坂と中尊寺金色堂をバックに、中尊寺ハスを前に「ジョジョ立ち」する藤原清衡らが描かれた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た増田寛也

    2006年(平成18年)、小沢と距離を置いていた岩手県知事・増田寛也の4選を阻止するため候補者選びに奔走していたが、達増本人以外に増田に勝てる候補者が見当たらず8月、知事選への出馬を表明した。当初は民主党公認での出馬を検討していたが、他の国政野党との協調や、自民党支持者を取り込むために無所属で出馬した(民主党は推薦)。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た石原慎太郎

    石原慎太郎東京都知事を会長とする「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」に、47都道府県のうち、唯一不参加を表明した。上田清司埼玉県知事が「達増知事は外交は国の専管事項だと狭義に捉えている」と批判したことに対して、達増は「活動の応援や呼び掛けはしている。しかし岩手の外で責任を持って奔走するのは困難と判断した」と説明した。その後一転参加を表明した。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た鈴木宗男

    自公政権時代の2002年に衆議院議員鈴木宗男の証人喚問で尋問を行うなど、野党時代には与党追及の急先鋒とみられていた。また、インターネットが一般化する前からパソコン通信を用いた情報発信を行うなど、先駆的な広報活動で知られ、当時マスコミから"サイバー議員"と呼ばれたことがある。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見たフジテレビジョン

    フジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』にて、司会の森田一義(タモリ)が描いた南部鉄器のイラストが放映されたのを機に、それに対する感謝の手紙を番組宛に送付していた。手紙は達増本人の顔写真とともに番組内で紹介され、その内容は番組レギュラーの千原ジュニアによって代読された。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「達増拓也」のニューストピックワード