83件中 41 - 50件表示
  • 達増拓也

    達増拓也から見た新進党

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た岩手県議会

    知事選と併せて執行された岩手県議会議員選挙でも民主党単独過半数の獲得を目指したが、結果は過半数にわずかに及ばなかった(ただし、県議会第一党の座は確保)。詳細な議席配分数は「岩手県議会」を参照。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た内閣副広報官

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た衆議院

    外務省出身、衆議院議員(4期)、東日本大震災復興構想会議委員を歴任。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た供託金

    陣営は「圧倒的勝利」を目標とし、後援会・党組織をフル回転。「小沢の地元入り=負け」という程ハードルを高くし、結果的には45万票(得票率59.7%)超を獲得、次点の自民推薦候補(得票率20.9%)に3倍の差をつけ、ザ・グレート・サスケを供託金没収に追い込み大勝した。なお、選挙に当たってはマニフェストを掲げた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た福田康夫内閣

    全国的に財政格差が問題になり、福田康夫内閣は5年ぶりに地方交付税を増額する措置をとったが、格差是正策への決め手とはならず、一般会計予算規模は6500億円台(前年度予算は7300億円)となった。予算規模が大きく減ったのは、県債残高を分かりやすく表示するために公債費を一般会計から分離したためで、実質的な減額幅は40億円程度である。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た2011年岩手県知事選挙

    9月11日 - 第17回岩手県知事選挙(無所属・民主党推薦)2期目当選、438,975票。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た岩手医科大学

    当選直後、補正予算を編成。マニフェストとして掲げた県北・沿岸振興、芸術・文化事業、教育事業などへ配分が中心で、平泉の世界遺産登録を見越した準備費、岩手医科大学の入学定員増に対する補助、県産の農産物の中国向け輸出拡大を図るための調査費用などが盛り込まれた。原案通り議会で可決され、平成19年度の岩手県の一般会計予算規模は、7300億円余りとなった。基礎的財政収支は5億円の黒字となり、県債残高は縮減した。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た第46回衆議院議員総選挙

    達増陽子 - 妻。2012年総選挙で階の刺客として日本未来の党から出馬するが落選。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た課長補佐

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「達増拓也」のニューストピックワード