83件中 51 - 60件表示
  • 達増拓也

    達増拓也から見た復興推進委員会

    達増 拓也(たっそ たくや、1964年(昭和39年)6月10日 - )は、日本の外務官僚、政治家。岩手県知事(第7代)。復興庁復興推進委員会委員。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た第44回衆議院議員総選挙

    9月11日 - 第44回衆議院議員総選挙(岩手1区・民主党公認)4期目当選、95,109票。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た第43回衆議院議員総選挙

    11月9日 - 第43回衆議院議員総選挙(岩手1区・民主党公認)3期目当選、91,025票。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た日本国大使館

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た地方消費税

    歳入は、地方交付税や国庫支出金(△200億円)、地方消費税減収の影響で、300億円程度減。このため、職員給与の減額を実施し、人件費を60億円(△3%)縮減。公共事業費も30億円(△3%)縮減するなど、苦しい財政運営となった。基礎的財政収支は、2年度続いた黒字を維持することができず、77億円の赤字となった。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見たバラエティ番組

    フジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』にて、司会の森田一義(タモリ)が描いた南部鉄器のイラストが放映されたのを機に、それに対する感謝の手紙を番組宛に送付していた。手紙は達増本人の顔写真とともに番組内で紹介され、その内容は番組レギュラーの千原ジュニアによって代読された。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た日本における外国人参政権

    東北6県中他の5県の知事は「国民の間で議論がなされていない」など慎重論を語っている中、達増は外国人地方参政権の付与に積極的である。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た地方交付税

    全国的に財政格差が問題になり、福田康夫内閣は5年ぶりに地方交付税を増額する措置をとったが、格差是正策への決め手とはならず、一般会計予算規模は6500億円台(前年度予算は7300億円)となった。予算規模が大きく減ったのは、県債残高を分かりやすく表示するために公債費を一般会計から分離したためで、実質的な減額幅は40億円程度である。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た社会民主党 (日本 1996-)

    8月20日 - 第18回岩手県知事選挙(無所属・民主党推薦、維新の党・日本共産党・生活の党・社会民主党支持)3期目当選、無投票。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た外国人嫌悪

    また、2010年02月10日の記者会見で「(永住外国人は)事実上、日本国籍を持った住民の皆さん」「外国人に権利を与えると国益を損なうというゼノフォビア(外国人恐怖症)のようなものが、妙な広がり方をするのは良くない」と述べている。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「達増拓也」のニューストピックワード