83件中 71 - 80件表示
  • 達増拓也

    達増拓也から見たシンガポール

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た日本の市町村の廃置分合

    広大な面積を有する岩手県は、地域によって異なる生活実態に応じて9の「広域生活圏」を設定し、圏ごとに設置した地域振興局を通じて行政運営を行ってきたが、平成の大合併の成果を踏まえて、その見直しを表明。盛岡・県南・沿岸・県北の4つの「広域振興圏」を設定した。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見たパソコン通信

    自公政権時代の2002年に衆議院議員鈴木宗男の証人喚問で尋問を行うなど、野党時代には与党追及の急先鋒とみられていた。また、インターネットが一般化する前からパソコン通信を用いた情報発信を行うなど、先駆的な広報活動で知られ、当時マスコミから"サイバー議員"と呼ばれたことがある。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た南部鉄器

    フジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』にて、司会の森田一義(タモリ)が描いた南部鉄器のイラストが放映されたのを機に、それに対する感謝の手紙を番組宛に送付していた。手紙は達増本人の顔写真とともに番組内で紹介され、その内容は番組レギュラーの千原ジュニアによって代読された。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た東京大学大学院法学政治学研究科・法学部

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た自由党 (日本 1998-2003)

    6月25日 - 第42回衆議院議員総選挙(岩手1区・自由党公認)2期目当選、74,835票。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た司会

    フジテレビ系バラエティ番組『笑っていいとも!』にて、司会の森田一義(タモリ)が描いた南部鉄器のイラストが放映されたのを機に、それに対する感謝の手紙を番組宛に送付していた。手紙は達増本人の顔写真とともに番組内で紹介され、その内容は番組レギュラーの千原ジュニアによって代読された。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た在アメリカ合衆国日本国大使館

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た岩手県

    岩手県盛岡市出身。生家は炭屋。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 達増拓也

    達増拓也から見た総務

    1983年3月岩手県立盛岡第一高等学校卒業。1988年3月、東京大学法学部を卒業し、同年4月、外務省に入省。同期入省には、赤松武(南スーダン大使)、船越健裕(国家安全保障局参事官)、小野日子(内閣副広報官)などがいる。1991年3月、ジョンズホプキンス大学国際研究高等大学院(SAIS)修了。在米大使館書記官、在シンガポール日本国大使館二等書記官、外務省経済局先進国首脳会議準備事務局勤務、外務省国連局科学課勤務、外務省外務大臣官房総務課課長補佐などを経て、依願退官。1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」と呼ばれていた同党初当選議員のなかでも小沢一郎の最側近の一人として活動。中選挙区時代に小沢の地盤ではなかった県北部の岩手県第1区で4回連続当選を飾るなど、「小沢学校の優等生」と呼ばれていた。達増拓也 フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「達増拓也」のニューストピックワード