前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • ガンバ大阪

    ガンバ大阪から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2001年、早野体制3年目。遠藤保仁、山口智を獲得。1stステージは9勝6敗の5位。1stステージ終了後、稲本がクラブ初となる海外移籍で、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCへ移籍。2ndステージは低迷し、第8節にC大阪戦(大阪ダービー、Vゴール負け)の翌日に早野が監督を辞任した。コーチの竹本一彦が監督に昇格したが、最終成績は5勝2分8敗の11位。年間成績は16チーム中7位(14勝2分14敗)。ガンバ大阪 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のJリーグチャンピオンシップ

    2015年のJリーグチャンピオンシップから見た遠藤保仁遠藤保仁

    延長後半12分、自陣で浦和FWズラタンのプレッシャーを受けたG大阪DF丹羽大輝がバックパスを送るも、これが大きな浮き球となってGK東口の頭上を超えてしまう。バックパスのため手を使えない東口が必死に足を伸ばして辛うじてボールに触ると、ボールは軌道を変えてポストに跳ね返り、あわやオウンゴールという危機を免れる。跳ね返ったボールを拾った東口はそこから素早くフィード、これをDFオ・ジェソク、MF遠藤保仁、FWパトリック、DF米倉恒貴と右サイドから一気に前線へパスをつなぎ米倉がクロス。これを左サイドからゴール前に駆け込んだDF藤春廣輝が右足でダイレクトボレーを放つ。丹羽のバックパスで浦和の集中力が一瞬切れた隙を狙ったG大阪のカウンターが決まって、G大阪が再び勝ち越す。2015年のJリーグチャンピオンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 阿部勇樹

    阿部勇樹から見た遠藤保仁遠藤保仁

    また遠藤保仁を抜き史上最年少での500試合を達成、山田暢久に続く記録達成は同一クラブ二人目では史上初、海外移籍経験者の記録達成も史上初、下部組織出身選手の記録達成も史上初と記録づくめとなった。同試合で後半9分に遠藤からボールを奪取後倒された瞬間背中を右足で蹴られあまりの痛さにピッチ上でのたうち回ったがその後も試合終了までプレーし、次のJリーグカップ準決勝第1戦FC東京戦もフル出場したが試合終了後メディカルチェックを受けると右肋骨を骨折している事が発覚した。決勝ガンバ大阪戦では強行出場し浦和レッズ移籍後初の国内タイトルを手にした。磐田戦で山田暢久の出場記録を抜く通算502試合を達成した。阿部勇樹 フレッシュアイペディアより)

  • ガチャピン

    ガチャピンから見た遠藤保仁遠藤保仁

    2010年9月8日に万博記念競技場で行われたヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦のガンバ大阪対サンフレッチェ広島にゲスト出演。ガチャピンに似ていると言われているガンバ大阪の遠藤保仁とトークショーを行う。ガチャピン フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJリーグカップ

    2014年のJリーグカップから見た遠藤保仁遠藤保仁

    G大阪は広島対策としてMF遠藤保仁をトップ下に、MF明神智和をアンカーに置くダイヤモンド型の中盤を採用したがこれが十分に機能せず、序盤は広島が攻勢に出る。前半18分、G大阪DF岩下敬輔がペナルティエリア内でハンドの反則。これで得たペナルティーキックを広島FW佐藤寿人がゴール右に決めて広島が先制する。このゴールで佐藤はJリーグカップでの通算得点が歴代単独首位となった。広島はさらに前半35分、MF山岸智のクロスボールをクリアされたところをMF石原直樹がダイレクトでミドルシュート。これはゴールポストに弾かれるが、こぼれ球を佐藤が落ち着いて決めて2点目を挙げ、初優勝とカップ戦の連敗ストップへ一歩近づいたかに思われた。しかしその3分後、今度は左サイドからG大阪MF遠藤保仁が上げたクロスボールにFWパトリックが頭であわせてすかさず1点を返し、前半は2-1と広島の1点リードで折り返す。2014年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見た遠藤保仁遠藤保仁

    その後、遠藤保仁、二川孝広、橋本英郎らと共に黄金の中盤と称されながらガンバ攻撃陣の中軸を担い、多くのタイトル獲得に貢献。2009年には当時の鹿島アントラーズ監督オズワルド・オリヴェイラからJリーグ選抜に選出され、韓国・Kリーグ選抜とのオールスターゲームJOMO CUPに出場。また、同年度の日刊スポーツ提供「黄金の脚賞」を受賞し、天皇杯決勝の名古屋グランパスエイト戦では豊富な運動量でチャンスを演出し、チームの天皇杯連覇に貢献。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • 第91回全国高等学校サッカー選手権大会

    第91回全国高等学校サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    遠藤保仁からのメッセージ「楽しもう」第91回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • GAMBA TV〜青と黒〜

    GAMBA TV〜青と黒〜から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2010年6月14日は遠藤保仁が日本代表の一員として出場した2010 FIFAワールドカップ・南アフリカ大会 グループリーグE組「日本 - カメルーン」戦終了直後の放送となることもあり、『ガンバTV緊急生放送企画』と題し、放送時間を15分拡大し生放送を行った。たむらけんじのほかに、進行にガンバTVサポートガールである松本麻衣子(毎日放送アナウンサー)、ゲストに本並健治を迎え、試合を振り返った。その後、FIFAワールドカップ期間中の7月12日まで生放送を行い、松本(7月5日のみ後輩の吉竹史アナウンサー)が進行を務め、たむらはVTRのみの出演となった。GAMBA TV〜青と黒〜 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た遠藤保仁遠藤保仁

    サッカー日本代表 アジアカップのハイライト(本田圭佑=じゅんいち、長友佑都=橋本、遠藤保仁=千葉、川島永嗣=エハラ、香川真司=浅野)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のJリーグカップ

    2016年のJリーグカップから見た遠藤保仁遠藤保仁

    組み合わせ抽選は2016年7月3日に、前年同様ノックアウトステージ進出クラブ代表によるオープンドロー(公開抽選)により行われ、オープンドローの模様が当日深夜のフジテレビ系列の『スポーツLIFE HERO'S』において放送された。参加者は武藤雄樹(浦和)、金澤慎(大宮)、小川諒也(FC東京)、喜田拓也(横浜FM)、遠藤保仁(G大阪)、渡邉千真(神戸)、柏好文(広島)、城後寿(福岡)。2016年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード