99件中 21 - 30件表示
  • カワスポ

    カワスポから見た遠藤保仁遠藤保仁

    2013年8月2日:遠藤保仁(サッカー日本代表、ガンバ大阪所属)カワスポ フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼ・カルロス・ド・ナシメント

    ジョゼ・カルロス・ド・ナシメントから見た遠藤保仁遠藤保仁

    その後は地元ポウゾ・アレグレ市のスポーツ部署に勤務。2014年のワールドカップブラジル大会に際しては、鹿実高出身の遠藤保仁、伊野波雅彦が日本代表に選出されていたため、現地で両名を激励した。ジョゼ・カルロス・ド・ナシメント フレッシュアイペディアより)

  • 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    序盤はG大阪が高い位置の守備から短いパスをつないで再三柏ゴールを脅かす など圧倒的に優勢を保つが、なかなかフィニッシュが決まらない。この戦況を見た柏監督ネルシーニョが早くも動く。前半32分、FW澤昌克を1トップからトップ下に下げ、トップ下のMF水野晃樹に替えてFW田中順也を投入。これが功を奏したのか、35分にMFレアンドロ・ドミンゲスのパスと澤のミドルシュートから得た柏の最初のコーナーキックで、MFジョルジ・ワグネルのキックを負傷欠場の近藤直也に替わって先発出場したDF渡部博文が頭であわせて柏が先制する。しかし前半を通じてはG大阪MF遠藤保仁が「セットプレーでやられた場面以外は、ほぼパーフェクトだった」と語るとおり、前半はG大阪が優位に試合を進めていた。第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1999 FIFAワールドユース選手権

    1999 FIFAワールドユース選手権から見た遠藤保仁遠藤保仁

    日本は小野伸二、本山雅志、高原直泰、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、酒井友之、中田浩二らを擁して勝ち進み、アジア勢としては1981年大会のカタール以来となる決勝進出を成し遂げた。この日本の決勝進出はFIFA主催の世界大会としては男子及び女子、そして全ての年代の日本代表を通じて初の快挙だった(ちなみに、日本A代表(年齢制限なしのその国最強の代表)では、2001年日韓コンフェデ杯がFIFA主催の世界大会初決勝)。また大会ベストイレブンには小野伸二、本山雅志の2名が選出された。1999 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 大島秀夫

    大島秀夫から見た遠藤保仁遠藤保仁

    1998年に前橋育英高校から横浜フリューゲルスに入団。当時のレシャック監督の抜擢により、開幕戦にスタメン出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、クラブが横浜マリノスに吸収合併されたため、同期入団である遠藤保仁や辻本茂輝らとともに京都パープルサンガへ移籍した。京都では思い通りの活躍が出来ず、2000年のシーズンオフに京都からゼロ円提示を受けて事実上の戦力外になる。しかし、2001年に移籍したモンテディオ山形ではレギュラーに定着し、2004年には22得点を挙げ、川崎フロンターレの我那覇和樹と並びJ2の日本人得点王(得点ランク2位タイ)となった。同年の天皇杯4回戦の横浜FM戦では鮮烈なダイビングヘッドを決め、このことが翌年の横浜F・マリノス移籍につながった。なお、この試合は山形が1-2で負けている。大島秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    前半6分にルーカス・セベリーノの右足のシュートが決まってG大阪が先制するも、前半は名古屋がゲームを支配、前半40分にはゴール前の競り合いから中村直志が頭で押し込んで同点に追いついて前半を終える。後半はG大阪ペーストなり、後半22分に遠藤保仁がドリブルで持ち込んで勝ち越しゴール、終了間際にも二川孝広と遠藤が立て続けに駄目押し点を挙げて、G大阪が4-1で名古屋を下し、2年連続3度目の優勝を果たした。第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • アンブロ

    アンブロから見た遠藤保仁遠藤保仁

    ガンバ大阪所属の遠藤保仁、鹿島アントラーズ所属の遠藤康が、スパイク(シューズ)を愛用している。2014 FIFAワールドカップでは、桜島をモチーフにしたデザインを使用する。またフィクションでは漫画『エリアの騎士』の主人公・逢沢駆と2014年に契約している。アンブロ フレッシュアイペディアより)

  • 田畑輝樹

    田畑輝樹から見た遠藤保仁遠藤保仁

    鹿児島実業高等学校では高校選手権。高円宮杯、インターハイ、国民体育大会選抜。元サッカー日本代表の遠藤保仁とは同級生。田畑輝樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のJリーグカップ

    2005年のJリーグカップから見た遠藤保仁遠藤保仁

    決勝はジェフ千葉とガンバ大阪、共にJリーグ開幕から獲得タイトルの無いクラブ同士の初タイトルを賭けての対戦となった。試合は、攻撃的なサッカーを展開するガンバ大阪に対し、ジェフ千葉は豊富な運動力による攻守を展開。しかし、90分を終えてもスコアレスドローのまま。これにより、前回に続き2大会連続での延長戦となるも、両者ともに足をつる選手が続出して120分でも決着が着かず。PK戦に持ち込まれ、結果としてガンバ大阪の一人目遠藤保仁が外したのに対して、千葉は全員決めて初のタイトルを手にした。2005年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • GAKUMANplus

    GAKUMANplusから見た遠藤保仁遠藤保仁

    遠藤保仁選手物語」(松原裕美・シナリオ:市田実)GAKUMANplus フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード