79件中 21 - 30件表示
  • 2005年のJリーグカップ

    2005年のJリーグカップから見た遠藤保仁遠藤保仁

    決勝はジェフ千葉とガンバ大阪、共にJリーグ開幕から獲得タイトルの無いクラブ同士の初タイトルを賭けての対戦となった。試合は、攻撃的なサッカーを展開するガンバ大阪に対し、ジェフ千葉は豊富な運動力による攻守を展開。しかし、90分を終えてもスコアレスドローのまま。これにより、前回に続き2大会連続での延長戦となるも、両者ともに足をつる選手が続出して120分でも決着が着かず。PK戦に持ち込まれ、結果としてガンバ大阪の一人目遠藤保仁が外したのに対して、千葉は全員決めて初のタイトルを手にした。2005年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

  • 1999 FIFAワールドユース選手権

    1999 FIFAワールドユース選手権から見た遠藤保仁遠藤保仁

    日本は小野伸二、本山雅志、高原直泰、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男、酒井友之、中田浩二らを擁して勝ち進み、アジア勢としては1981年大会のカタール以来となる決勝進出を成し遂げた。この日本の決勝進出はFIFA主催の世界大会としては男子及び女子、そして全ての年代の日本代表を通じて初の快挙だった(ちなみに、日本A代表(年齢制限なしのその国最強の代表)では、2001年日韓コンフェデ杯がFIFA主催の世界大会初決勝)。また大会ベストイレブンには小野伸二、本山雅志の2名が選出された。1999 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグベストイレブン

    Jリーグベストイレブンから見た遠藤保仁遠藤保仁

    Jリーグの全日程終了後に開催されるJリーグアウォーズにて表彰される。同年J1リーグ戦17試合以上に出場した者から、Jリーグの監督・選手による投票結果を基に各ポジションの投票数の上位選手から「優秀選手賞」が選出され、その中から活躍が顕著だった選手11名(GKは1名、外国籍選手は3名以内。ただし、アジア枠として1名まで追加可)を選考委員会にて決定する。最多受賞者・最多連続受賞者は共に10回の遠藤保仁。在籍者の受賞者数が最多のクラブは31人の鹿島アントラーズ。Jリーグベストイレブン フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た遠藤保仁遠藤保仁

    1月28日 - 遠藤保仁(鹿児島県、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 黄金のカルテット

    黄金のカルテットから見た遠藤保仁遠藤保仁

    暫くは「黄金のカルテット」の名称がマスコミを中心に頻繁に使われたが、中田と稲本が怪我で長期離脱し、代表のシステムの変化や遠藤保仁や福西崇史の台頭等により、2004年ごろから日本版「黄金のカルテット」のメンバーは揃わなくなり、徐々に死語となっていった。黄金のカルテット フレッシュアイペディアより)

  • アラン・バイーア

    アラン・バイーアから見た遠藤保仁遠藤保仁

    2009年にJリーグ・ヴィッセル神戸へレンタル移籍。4月のガンバ大阪戦では遠藤保仁にマンマークし、完全に押さえ込んだ。しかし、調整不良が続きレギュラーを勝ち取れずベンチウォーマーとなり、三浦体制に移行してからは公式戦には全く出る幕のないまま退団が決まり、古巣のアトレチコ・パラナエンセへ復帰した。アラン・バイーア フレッシュアイペディアより)

  • 立石智紀

    立石智紀から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2004年からは背番号1を背負い、2005年、第19節の柏戦から怪我で離脱した櫛野に代わり出場。以後の公式戦ではチームの堅守に貢献し、プロ13年目にして初めてレギュラーを獲得。ナビスコカップ決勝のG大阪戦でも神懸り的セーブを連発し、PK戦にまでもつれたこの試合で、遠藤保仁のPKを一本止め、自ら試合に決着をつけた。この活躍で、ジェフに初のタイトルをもたらすとともに、自身もナビスコカップMVPを獲得。なお、遠藤はPKの名手であるが、立石はこの決勝のほか2006年のA3チャンピオンズカップでも遠藤のPKを止めている(その後の取材で、また遠藤のPKを止められますかとの質問に対して「もう無理でしょう」と回答している)。立石智紀 フレッシュアイペディアより)

  • 林健太郎 (サッカー選手)

    林健太郎 (サッカー選手)から見た遠藤保仁遠藤保仁

    プロになってから一度もPKを外したことがないPK職人だが、2005年のゼロックス・スーパーカップ(東京V vs 横浜FM)以降PKを蹴っていなかった。しかし、4年後の2009年10月11日に行なわれた天皇杯全日本サッカー選手権大会での2回戦の関西大学との試合でのPK戦の5番手として得意の「コロコロPK」で成功している。甲府でのPKはこれが唯一で、かつプロ生活最後のPKとなった。なお、「コロコロPK」は遠藤保仁の代名詞となっているが、遠藤よりも先に披露している。林健太郎 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐美貴史

    宇佐美貴史から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2010年、開幕当初は前年同様なかなか出場機会を得られなかったが、主力選手にケガ人が続出したことで、この年初めてスタメンで起用された4月10日のJ1第6節大宮戦では、平井将生の同点ゴールをアシストするなど、プロ入り初のフル出場で開幕から5試合連続未勝利が続いていたチームのリーグ戦初勝利に貢献。4月24日、J1第8節FC東京戦でリーグ戦初得点を挙げ、ACLグループリーグ第5節の水原三星戦では、ロスタイムに決勝点を挙げチームの逆転勝利に貢献。同年10月にU-19日本代表として出場したAFC U-19選手権では、グループリーグ第2戦のベトナム戦でハットトリックを達成する活躍を見せるも、日本代表は準々決勝で敗退。一方、G大阪ではシーズン中盤から高校3年生ながら遠藤保仁・二川孝広・橋本英郎・明神智和らの代表経験者で構成されたG大阪の「黄金の中盤」に割って入り、主に左サイドハーフ、または2トップの一角として起用され、2004年に森本貴幸が記録した高校生Jリーガーのシーズン最多得点(4得点)を更新する7得点を挙げる活躍を見せ、G大阪所属選手・G大阪下部組織出身者としても初となるJリーグベストヤングプレーヤー賞(新人王)を受賞し、G大阪の公式応援番組『GAMBA TV〜青と黒〜』の年末特別企画『GAMBA TV アウォーズ』では、選手とサポーターが選ぶシーズンMVPに選出された。 なお、2010年のJ1リーグで放ったシュート数は日本人選手トップを記録した。また、AFCアジアカップ2011の予備登録メンバーにも選出された。宇佐美貴史 フレッシュアイペディアより)

  • 大島秀夫

    大島秀夫から見た遠藤保仁遠藤保仁

    1998年に前橋育英高校から横浜フリューゲルスに入団。当時のレシャック監督の抜擢により、開幕戦にスタメン出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、その後クラブは横浜マリノスに吸収合併されたため、同期入団である遠藤保仁や辻本茂輝らとともに京都パープルサンガへ移籍した。京都時代は思い通りの活躍が出来ず、2000年のシーズンオフに京都からゼロ円提示を受けて事実上の戦力外になる。しかし、2001年に移籍したモンテディオ山形ではレギュラーに定着し、2004年には22得点を挙げ、川崎フロンターレの我那覇和樹と並びJ2の日本人得点王(得点ランキング2位タイ)となった。同年の天皇杯4回戦の横浜FM戦では鮮烈なダイビングヘッドを決め、このことが翌年の横浜F・マリノス移籍にも繋がった。なお、この試合は山形が1-2で負けている。大島秀夫 フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード