79件中 31 - 40件表示
  • 横山博敏

    横山博敏から見た遠藤保仁遠藤保仁

    鹿児島実業高校サッカー部の同学年に元日本代表の城彰二やU-23代表遠藤彰弘(現ガンバ大阪所属の遠藤保仁の兄)がいた。特に城彰二とは中学校時代からの付き合いである(在学中に城が加治木町へ転校してきた)。横山博敏 フレッシュアイペディアより)

  • 第76回全国高等学校サッカー選手権大会

    第76回全国高等学校サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    遠藤保仁(鹿児島実→横浜F→京都→G大阪)第76回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 安田晃大

    安田晃大から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2008年、ガンバ大阪のトップチームに昇格。しかし遠藤保仁を始め多くのA代表経験者が名を連ねるガンバの中盤でのポジション争いに割って入れず、2010年までの3年間で公式戦出場はなかった。安田晃大 フレッシュアイペディアより)

  • 加地亮

    加地亮から見た遠藤保仁遠藤保仁

    家族は妻と1男2女、愛犬(勝利)。2004年1月に入籍。入籍日は日本代表の背番号でもある21日を選んだ。妻は高校の同級生で当時サッカー部のマネージャーをしていた。2006年4月12日に長男が誕生。この日のAFCチャンピオンズリーグ、対大連実徳戦で加地が得たPKを遠藤保仁が決め、ガンバ大阪の選手たちがゆりかごダンスで祝った。加地亮 フレッシュアイペディアより)

  • 二川孝広

    二川孝広から見た遠藤保仁遠藤保仁

    昇格2年目の2000年頃から出場機会を増やし、2002年にガンバの監督に就任した西野朗からも中盤の様々なポジションで起用され、繊細なボール感覚と抜群のパスセンスを発揮し、遠藤保仁らと共にガンバの攻撃サッカーの中軸を担い、2003年からは背番号を10番を背負うようになる。リーグ初制覇した2005年は、主に3-5-2の中盤の左アウトサイドとして出場していた。2006年以降は主に4-4-2の二列目の左MFとして出場している。二川孝広 フレッシュアイペディアより)

  • 明神智和

    明神智和から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2006年、柏のJ2降格に伴い、かつて柏を率いていた西野朗が監督を務めるガンバ大阪に完全移籍。遠藤保仁、二川孝広らと共にガンバ攻撃陣の中軸を担い、多くのタイトル獲得に貢献。2009年には当時の鹿島アントラーズ監督オズワルド・オリヴェイラからJリーグ選抜に選出され、韓国・Kリーグ選抜とのオールスターゲームJOMO CUPに出場。また、同年度の日刊スポーツ提供「黄金の脚賞」を受賞し、天皇杯決勝の名古屋グランパス戦では豊富な運動量でチャンスを演出し、チームの天皇杯連覇に貢献。明神智和 フレッシュアイペディアより)

  • 家長昭博

    家長昭博から見た遠藤保仁遠藤保仁

    当時のオシム日本代表監督からA代表に選ばれるほどの才能を持ちながらも、ガンバ大阪では遠藤保仁や二川孝広らの牙城を崩せずなかなか定位置をつかめずにいた。2008年に出場機会を求めて大分トリニータへ期限付き移籍したが、2008年2月、実戦形式の練習中、右膝前十字靭帯損傷により全治6ヶ月の重傷を負った。同年12月、入団テストを兼ねてイングランド・フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部リーグ)のプリマス・アーガイルFCの練習に約2週間参加。クラブ首脳陣から高い評価を受け獲得を検討されたが、翌2009年1月に労働許可証取得の申請が却下され、プリマスへの移籍は消滅したので、大分トリニータへのレンタル期間を1年間延長した。家長昭博 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡亮輔

    松岡亮輔から見た遠藤保仁遠藤保仁

    理想は明神智和のディフェンスと、遠藤保仁の状況判断・展開力を併せ持ったプレイヤー、と語っている。松岡亮輔 フレッシュアイペディアより)

  • ゼンショク

    ゼンショクから見た遠藤保仁遠藤保仁

    ガンバ大阪とスペランツァFC大阪高槻の公式スポンサーである。CMにはガンバ大阪の選手を起用している(2012年現在は遠藤保仁)。ゼンショク フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た遠藤保仁遠藤保仁

    1999年ナイジェリア大会では、前年のフランスW杯にも出場した小野伸二を中心に、のちにA代表に名を連ねる本山雅志、高原直泰、小笠原満男、遠藤保仁、中田浩二、稲本潤一、加地亮、酒井友之、播戸竜二、2大会連続出場の永井雄一郎・南雄太らを擁した、いわゆる「黄金世代」が、フィリップ・トルシエ監督の指揮の元に準優勝という日本サッカー史上に残る快挙を成し遂げた。大会の直前に主力であった金古聖司・市川大祐を負傷と疾病で欠き、また稲本も負傷の回復途上でコンディションが整わないなど不安視される要素も多かったが、その穴を感じさせぬ各選手の活躍と戦術の機能ぶりが目立った。精神面・戦術面双方の支柱であったキャプテン小野を警告累積による出場停止で欠いた決勝ではスペインに0-4で完敗したものの、小野・本山は大会ベストイレブンにも選出された。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

79件中 31 - 40件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード