99件中 31 - 40件表示
  • 小島宏美

    小島宏美から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2001年、ガンバは優勝を意識したチーム作りを目指し、京都から遠藤保仁、市原から山口智を獲得、またウェストハム・ユナイテッドへの移籍が噂された宮本恒靖が労働ビザの問題で急遽残留し、当時のガンバの大きな特徴であったシドニーオリンピック日本代表世代の選手を多く抱えた状況で開幕を迎えた。優勝を狙えるメンバーは揃っていたものの、若い選手達故、勢いに乗ると強いが安定しないといった戦いが続き、結局1stステージを5位で終えた。2ndステージは、稲本潤一がアーセナルへ移籍した影響で早々に優勝争いから脱落、11位でステージを終えた。小島もコンスタントに試合に出場するものの、スタメンでの起用は少なく、またポジション的にも安定しなかったために、満足なシーズンを送れなかった。小島宏美 フレッシュアイペディアより)

  • 田ノ上信也

    田ノ上信也から見た遠藤保仁遠藤保仁

    鹿児島実業高等学校では、10番を付けて遠藤保仁らと共にプレーしていた。横浜F・マリノスから戦力外通告を受けた後、テスト生として練習に参加していたベガルタ仙台への入団が決まった。柏レイソル時代、ブラジル留学をしていたり、やって来るブラジル人選手とコミュニケーションをとっていたためポルトガル語が堪能1。田ノ上信也 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た遠藤保仁遠藤保仁

    各会場ともその後は一進一退の攻防が15分ほど続いたが、試合は等々力で動いた。川崎DF森勇介がG大阪の左サイドのMF家長昭博の突破を阻止すべく守りにいくも、ペナルティエリア内での痛恨のファウルを起こし、G大阪にPKが与えられる。前半のほぼ同じ時間帯にPKを止められたC大阪に対し、G大阪は79分にMF遠藤保仁が冷静に決め勝ち越しに成功。このシーズンの開幕時、Jリーグ創設時の「オリジナル10」では千葉とともに国内3大会のタイトルのいずれも獲得していないチームであったが、その両チームはこの年のナビスコカップ決勝戦で対戦。PK戦までもつれ込む死闘の末、タイトルは千葉が獲得した。それゆえ最後のチームとなったG大阪にとって優勝のかかったこの一戦に対する思いは熱く、また遠藤にとってはその時の失敗を払拭する1点でもあった。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    どちらが勝ってもJリーグ発足後初の天皇杯制覇となる決勝の戦いは、前半は柏の、後半はG大阪のペースになりながらどちらも決定力を欠き、試合は0-0のまま第81回大会以来の延長戦に突入することとなった。後半も一進一退の攻防を繰り広げるもどちらも得点を挙げることが出来ず、18年振りのPK戦決着が頭をよぎる中、延長後半11分にFWルーカス - MF遠藤保仁 - MF倉田秋とつながったパスを受けた延長後半から出場のFW播戸竜二がミドルシュート。相手ディフェンダーがはじいたところを播戸が自ら押し込んで貴重な決勝点を挙げ、G大阪が前身の松下電器時代以来、18年ぶり2度目となる優勝を果たした。第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎建哉

    岡崎建哉から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2013年、複数のJリーグクラブからオファーを貰い、ユース時代を過ごしたガンバ大阪に入団。G大阪ユース出身者としては、初の大学経由でのトップチーム入団となった。3月24日、J2第5節千葉戦でJリーグ初出場を果たした。以降、ほとんどは途中出場が大半であったものの、代表組の遠藤保仁・今野泰幸の不在時はスタメンで起用された。岡崎建哉 フレッシュアイペディアより)

  • ペナルティーキック

    ペナルティーキックから見た遠藤保仁遠藤保仁

    日本代表の遠藤保仁の代名詞的なキックで、ゆっくりとした助走から蹴る直前までキーパーの動きを見極めゴロのシュートを決めるというもの。ペナルティーキック フレッシュアイペディアより)

  • 立石智紀

    立石智紀から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2004年からは背番号1を背負い、2005年、第19節の柏戦から怪我で離脱した櫛野に代わり出場。以後の公式戦ではチームの堅守に貢献し、プロ13年目にして初めてレギュラーを獲得。ナビスコカップ決勝のG大阪戦でも神懸り的セーブを連発し、PK戦にまでもつれたこの試合で、遠藤保仁のPKを一本止め、自ら試合に決着をつけた。この活躍で、ジェフに初のタイトルをもたらすとともに、自身もナビスコカップMVPを獲得。なお、遠藤はPKの名手であるが、立石はこの決勝のほか2006年のA3チャンピオンズカップでも遠藤のPKを止めている(その後の取材で、また遠藤のPKを止められますかとの質問に対して「もう無理でしょう」と回答している)。立石智紀 フレッシュアイペディアより)

  • 小学館101新書

    小学館101新書から見た遠藤保仁遠藤保仁

    『自然体』(遠藤保仁小学館101新書 フレッシュアイペディアより)

  • Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。

    Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。から見た遠藤保仁遠藤保仁

    発売に際し、朝日新聞の紙面広告では、王貞治、倉本聰、佐藤琢磨、上田晋也 (くりぃむしちゅー)、市原隼人、稲盛和夫、遠藤保仁、冨永愛、湯川れい子、北乃きい、古舘伊知郎、柏木由紀 (AKB48、NMB48)、藤原竜也、後藤輝基 (フットボールアワー)、菊池雄星といった各界の著名人らが、各々の思い入れのある長渕の歌とその歌詞の一節を紹介した。また、Yahoo! JAPANでは期間限定の特別企画として、本作収録の全58曲のテーマ別人気投票や、思い入れのある歌詞の一節が投稿できるようになっている。Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。 フレッシュアイペディアより)

  • 内田達也

    内田達也から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2013年、ポジション登録をMFに変更しボランチにコンバート。開幕当初は出場機会がなかったものの、代表組の遠藤保仁・今野泰幸が不在となった6月にボランチでスタメン起用される。二人が復帰した7月以降も、レギュラーの座を譲らず主に今野とダブルボランチを形成した。内田達也 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード