79件中 41 - 50件表示
  • GAMBA TV〜青と黒〜

    GAMBA TV〜青と黒〜から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2010年6月14日は遠藤保仁が日本代表の一員として出場した2010 FIFAワールドカップ・南アフリカ大会 グループリーグE組「日本 - カメルーン」戦終了直後の放送となることもあり、『ガンバTV緊急生放送企画』と題し、放送時間を15分拡大し生放送を行った。たむらけんじのほかに、進行にガンバTVサポートガールである松本麻衣子(毎日放送アナウンサー)、ゲストに本並健治を迎え、試合を振り返った。その後、FIFAワールドカップ期間中の7月12日まで生放送を行い、松本(7月5日のみ後輩の吉竹史アナウンサー)が進行を務め、たむらはVTRのみの出演となった。GAMBA TV〜青と黒〜 フレッシュアイペディアより)

  • ジャブラニ

    ジャブラニから見た遠藤保仁遠藤保仁

    フリーキックによるゴール数の激減(直接FKをゴールにした例は5例(カルー・ウチェ、朴主永、本田圭佑、遠藤保仁、ディエゴ・フォルラン)しかない)ジャブラニ フレッシュアイペディアより)

  • 今野泰幸

    今野泰幸から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2012年1月 『観察眼』(角川書店) ISBN 978-4041101100 ※遠藤保仁との共著今野泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見た遠藤保仁遠藤保仁

    運動量も豊富で、CSKAモスクワでは、チーム内で1位2位を争うほどの走行距離であり、FIFAワールドカップ・南アフリカ大会では4試合390分で45.48kmとトップの遠藤保仁に次ぐ数値を記録している。以前は日本代表において守備時の運動量の少なさを指摘されることもあった。また全ての中盤のポジションとウイング、時にはセンターフォワードやサイドバックも務めユーティリティ性に優れている。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • 田畑輝樹

    田畑輝樹から見た遠藤保仁遠藤保仁

    サッカー日本代表の遠藤保仁とは同級生。田畑輝樹 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤彰弘

    遠藤彰弘から見た遠藤保仁遠藤保仁

    実弟はガンバ大阪に所属している遠藤保仁。横浜在籍時、ガンバとの対戦は兄弟対決として注目されることも多かった。遠藤彰弘 フレッシュアイペディアより)

  • 第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    どちらが勝ってもJリーグ発足後初の天皇杯制覇となる決勝の戦いは、前半は柏の、後半はG大阪のペースになりながらどちらも決定力を欠き、試合は0-0のまま第81回大会以来の延長戦に突入することとなった。後半も一進一退の攻防を繰り広げるもどちらも得点を挙げることが出来ず、18年振りのPK戦決着が頭をよぎる中、延長後半11分にFWルーカス - MF遠藤保仁 - MF倉田秋とつながったパスを受けた延長後半から出場のFW播戸竜二がミドルシュート。相手ディフェンダーがはじいたところを播戸が自ら押し込んで貴重な決勝点を挙げ、G大阪が前身の松下電器時代以来、18年ぶり2度目となる優勝を果たした。第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    前半6分にルーカス・セベリーノの右足のシュートが決まってガンバが先制するも、前半はグランパスがゲームを支配、前半40分にはゴール前の競り合いから中村直志が頭で押し込んで同点に追いついて前半を終える。後半はガンバが圧倒、後半22分に遠藤保仁がドリブルで持ち込んで勝ち越しゴール、終了間際にも二川孝広と遠藤が立て続けに駄目押し点を挙げて、ガンバが4-1でグランパスを下し、2年連続3度目の優勝を果たした。第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    序盤はG大阪が高い位置の守備から短いパスをつないで再三柏ゴールを脅かすなど圧倒的に優勢を保つが、なかなかフィニッシュが決まらない。この戦況を見た柏監督ネルシーニョが早くも動く。前半32分、FW澤昌克を1トップからトップ下に下げ、トップ下のMF水野晃樹に替えてFW田中順也を投入。これが功を奏したのか、35分にMFレアンドロ・ドミンゲスのパスと澤のミドルシュートから得た柏の最初のコーナーキックで、MFジョルジ・ワグネルのキックを負傷欠場の近藤直也に替わって先発出場したDF渡部博文が頭であわせて柏が先制する。しかし前半を通じてはG大阪MF遠藤保仁が「セットプレーでやられた場面以外は、ほぼパーフェクトだった」と語るとおり、前半はG大阪が優位に試合を進めていた。第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤勇人

    佐藤勇人から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2006年8月16日、アジアカップ予選イエメン戦(新潟スタジアム)において、勇人が後半26分にガンバ大阪の遠藤保仁と交代出場し、後半44分には弟の寿人が浦和レッズの田中達也と交代出場したことから、日本サッカー史上初となる「双子選手の国際Aマッチ同時出場」が実現した。佐藤勇人 フレッシュアイペディアより)

79件中 41 - 50件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード