99件中 41 - 50件表示
  • 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    後半も一進一退の攻防が続く中、迎えた後半8分のコーナーキック。G大阪MF遠藤保仁のキックにファーサイドにいたFWパトリックが浦和DF槙野智章のマークを一瞬の動きで振り切り、ゴール正面でフリーとなって右足で合わせてG大阪が再び勝ち越す。浦和はこの後関根貴大・ズラタン・高木俊幸と攻撃的な選手を立て続けに投入して何とか反撃を試みるが、G大阪は勝ち越し直後に4-4-2にシステムを変えてGK東口順昭を中心に強固なブロックを敷いてこれを守り抜き、G大阪が2-1で連覇を達成した。第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・レシャック

    カルロス・レシャックから見た遠藤保仁遠藤保仁

    1998年に横浜フリューゲルスの監督に就任。3?4?3の攻撃型サッカーを導入する。1stステージは序盤は低迷するも、その後7連勝したこともあり10勝7敗とまずますの成績を残したが、2ndステージに入ると守備が破綻して敗戦を重ね、J1参入決定戦がちらつく事態となり、9月28日に不振の責任を取って辞任した。一方で、周囲の反対を押し切って高卒ルーキーの遠藤保仁を開幕戦から先発起用し、後に遠藤が日本代表の主力となるきっかけをつくっている。またこの際にスペインから連れてきたコーチングスタッフの中に、2012-2013年シーズンにバルセロナの監督代行を務めたジョルディ・ロウラがいた。カルロス・レシャック フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見た遠藤保仁遠藤保仁

    サッカー:遠藤彰弘(サッカー指導者、元・横浜マリノスおよびヴィッセル神戸MF) - 2014年FIFA ワールドカップ期間中から、サッカーの国際大会・日本代表・実弟の遠藤保仁が所属するガンバ大阪の話題を扱う場合に随時出演。放送上は「お兄ちゃん」と呼ばれている。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のJリーグ ディビジョン1

    2006年のJリーグ ディビジョン1から見た遠藤保仁遠藤保仁

    62,240人と、当時Jリーグの最多観客数を更新したこの試合、21分にマグノ・アウベスのゴールでG大阪が先制するも、27分にはポンテのゴールで浦和がすぐに追いつき、さらに前半終了間際のワシントンのゴールで浦和が逆転。後半に入ってもワシントンが追加点をあげて突き放す。G大阪は後半途中から、ウイルス性肝炎で長期離脱していた遠藤保仁を投入し反撃に出るが、反撃は78分の山口智の挙げた1点止まり。浦和が3-2で勝利し、14年目での初優勝を飾った。この試合は、2013年に行われたJリーグ20周年企画「Jクロニクルベスト」において最も得票を集めた試合となった。また、同節で勝利した川崎がG大阪を交わして逆転で2位になり、翌年のAFCチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。2006年のJリーグ ディビジョン1 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグベストイレブン

    Jリーグベストイレブンから見た遠藤保仁遠藤保仁

    Jリーグの全日程終了後に開催されるJリーグアウォーズにて表彰される。同年J1リーグ戦17試合以上に出場した者から、Jリーグの監督・選手による投票結果を基に各ポジションの投票数の上位選手から「優秀選手賞」が選出され、その中から活躍が顕著だった選手11名(GKは1名、外国籍選手は3名以内。ただし、アジア枠として1名まで追加可)を選考委員会にて決定する。最多受賞者は12回の遠藤保仁。在籍者ののべ受賞者数が最多のクラブはのべ37人の鹿島アントラーズ。Jリーグベストイレブン フレッシュアイペディアより)

  • 徳重健太

    徳重健太から見た遠藤保仁遠藤保仁

    しかし2008年、守護神である榎本達也が全治約1ヶ月の怪我をしたことをきっかけに出場機会を得ると自身最多となるJリーグ9試合に出場し不調だったチームの3連勝に貢献(その間にはPK職人として名高い遠藤保仁のコロコロPKを止めた)。徳重健太 フレッシュアイペディアより)

  • 第76回全国高等学校サッカー選手権大会

    第76回全国高等学校サッカー選手権大会から見た遠藤保仁遠藤保仁

    遠藤保仁(鹿児島実→横浜F→京都→G大阪)第76回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年J1最終節

    2012年J1最終節から見た遠藤保仁遠藤保仁

    磐田では、後半8分に右サイドの深い位置でG大阪MF家長昭博のショートパスを受けたMF倉田秋が右サイドを突破し、そのまま角度のないところから右足でゴールに叩き込み、G大阪が同点に追いつく。このゴールで勢いに乗ったG大阪は、家長やFWレアンドロを中心に猛攻を仕掛ける。しかし、レアンドロのヘディングシュートはバー直撃、MF遠藤保仁のヘディングシュートはゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定などであと1歩のところで決めきれない展開が続く。2012年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のスポーツ

    1980年のスポーツから見た遠藤保仁遠藤保仁

    1月28日 - 遠藤保仁(鹿児島県、サッカー)1980年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤彰弘

    遠藤彰弘から見た遠藤保仁遠藤保仁

    実弟はガンバ大阪に所属している遠藤保仁。横浜在籍時、ガンバとの対戦は兄弟対決として注目されることも多かった。遠藤彰弘 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード