79件中 51 - 60件表示
  • 西野朗

    西野朗から見た遠藤保仁遠藤保仁

    柏時代には明神智和(その後G大阪にも在籍する)や北嶋秀朗を、G大阪監督就任当初から二川孝広や橋本英郎(後に西野が監督を務めるヴィッセル神戸に在籍)、安田理大、最近では宇佐美貴史など、当時まだ若手選手の部類だった選手の能力を高く評価し積極的に起用して育て、大黒将志を我慢強く使い日本代表に輩出するなど、日本屈指のストライカーにする、遠藤保仁をワールドクラスの司令塔にするなど、育成面では数々の実績を残している。西野朗 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年J1最終節

    2005年J1最終節から見た遠藤保仁遠藤保仁

    各会場ともその後は一進一退の攻防が15分ほどつづいたが、試合は等々力で動いた。川崎DF森勇介がG大阪の左サイドのMF家長昭博の突破を阻止すべく守りにいくも、ペナルティエリア内での痛恨のファウルを起こし、G大阪にPKが与えられる。前半のほぼ同じ時間帯にPKを止められたC大阪に対し、G大阪は79分にMF遠藤保仁が冷静に決め勝ち越しに成功。このシーズンの開幕時、Jリーグ創設時の「オリジナル10」では千葉とともに国内3大会のタイトルのいずれも獲得していないチームであったが、その両チームはこの年のナビスコカップ決勝戦で対戦。PK戦までもつれ込む死闘の末、タイトルは千葉が獲得した。それゆえ最後のチームとなったG大阪にとって優勝のかかったこの一戦に対する思いは熱く、また遠藤にとってはその時の失敗を払拭する1点でもあった。2005年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のサッカー

    2009年のサッカーから見た遠藤保仁遠藤保仁

    11月24日 - アジア年間最優秀選手賞にガンバ大阪の遠藤保仁が選出された。日本人選手の受賞は7年ぶり。2009年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 梶山陽平

    梶山陽平から見た遠藤保仁遠藤保仁

    2008年からはエースの象徴でもある”背番号10”を託されている。これはチームの悲願であった『ユース出身者による背番号10』の誕生でもあった。2008年北京オリンピック・サッカー日本代表(U-23)でも背番号10を背負い、香川真司が「一緒にやっていてもうまい。縦パス1本でもアイデアがある。攻撃の核」と話すなど、同代表のチームメートからも一目置かれ期待されたが、日本は3戦全敗で梶山も強い存在感を示す事が出来なかった。同年から城福浩がFC東京の監督に就任し、中盤の底のポジションでの守備面の安定感も増加。攻撃の基点としてパスを各所に配球しチームの心臓として機能。石川直宏が「FC東京は(梶山)陽平のチーム」とコメントするなど、チームの主軸として確固たる存在となった。この年、梶山と対談した名波浩は、梶山について「前線の選手を自分の手のひらの上で転がしているかのようなプレーを見せてくれる。それができる選手は(日本人Jリーガーだと梶山の他には)ヤットと憲剛ぐらい(しかいない)」と評した。梶山陽平 フレッシュアイペディアより)

  • みらいのつくりかた

    みらいのつくりかたから見た遠藤保仁遠藤保仁

    遠藤保仁(2012年9月6日、サッカー)みらいのつくりかた フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤大介

    斉藤大介から見た遠藤保仁遠藤保仁

    三浦知良が京都在籍時代に他の当時若手だった遠藤保仁や松井大輔がカズの部屋に遊びに出入りしていたのに対し、斉藤はカズが部屋に入れと言うまで直立不動で入り口で固まって待っているほどの真面目である。斉藤大介 フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・セーレンセン

    トーマス・セーレンセンから見た遠藤保仁遠藤保仁

    2010年南アフリカワールドカップでも正GKとして出場したが、グループステージ最終節の日本戦では本田圭佑、遠藤保仁にフリーキックでの2得点を決められ、合計3失点を喫した(その影響もあってか、前述のようにクラブでもポジションを失いかけている)。トーマス・セーレンセン フレッシュアイペディアより)

  • 寺田 農

    寺田農から見た遠藤保仁遠藤保仁

    スポーツ大陸 「危険なボランチへの挑戦〜サッカー 遠藤保仁〜」(2009年、NHK)寺田農 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た遠藤保仁遠藤保仁

    日本のサッカーにおける黄金世代は、「79年組」とも呼ばれ、1994年に開催されたU-16アジアユース選手権カタール大会の優勝メンバーでもある、小野伸二、稲本潤一、高原直泰、酒井友之、播戸竜二、辻本茂輝、手島和希、本山雅志らに代表される主に1979年度生まれの選手たちを指す。小野や稲本以外にも中田浩二、遠藤保仁、加地亮、坪井慶介、小笠原満男など、その後のA代表に定着した選手も含む。なお、フットサルにおいても、日本代表で中心選手として活躍した木暮賢一郎、小野大輔が該当する。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 徳重健太

    徳重健太から見た遠藤保仁遠藤保仁

    しかし2008年、守護神である榎本達也が全治約1ヶ月の怪我をしたことをきっかけに出場機会を得ると自身最多となるJリーグ9試合に出場し不調だったチームの3連勝に貢献(その間にはPK職人として名高い遠藤保仁のコロコロPKを止めた)。徳重健太 フレッシュアイペディアより)

79件中 51 - 60件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード