166件中 121 - 130件表示
  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た京都サンガF.C.

    高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た2005年J1最終節

    ガンバでは2002年に就任した西野朗監督の下、攻撃的なスタイルを標榜するチームの中心選手になっていき、ガンバに移籍して3年目の2003年に初めてJリーグベストイレブンを受賞する。2005年のナビスコカップ決勝の千葉とのPK戦では立石智紀相手にプロ入り以来初めてPKを失敗してしまいナビスコカップ優勝を逃すも、この年自身初のシーズン2桁得点を記録し、リーグ最終節の川崎戦では、PKでガンバにとって初のタイトルとなるJリーグ優勝を決める決勝ゴールを挙げ、自身にとっても初となるJリーグ優勝を経験。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たシュート (サッカー)

    ポジションは主に攻撃的MFおよびセントラルMF。スピードやフィジカルに頼ったプレーやヘディングは得意ではないが、プレースキックの精度が高く、直接得点したりアシストする場面が頻繁に見られる。直接フリーキックはプロ入り初期はそれほど蹴っていなかったが、日本代表に選出された後、監督のジーコからプレースキッカーの役割を担うよう提言を受け、以降はクラブや代表でもプレースキックを任されることが多くなった。強い回転系のシュートを得意としており、ペナルティエリアやや外くらいからゴールマウスを的確にとらえられる高精度のミドルシュートを持つ。また、テクニックタイプではあるがボディーコンタクトも強い。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た大阪ダービー

    2011年Jリーグ開幕戦となったC大阪との大阪ダービーで、プロ14年目にして初となる開幕戦でのゴールを決めた。7月には3試合連続得点を記録するなど、優勝争いを続けるチームを牽引していたが、8月以降右内転筋痛によりプレースキックを蹴れない状態が続き、さらにクラブ・代表の過密日程により十分な休養が取れないまま強行出場を続け、最終的に発熱で欠場した1試合を除くリーグ戦33試合に出場したが、シーズン終盤まで完治しなかった。11月26日、J1第33節仙台戦で史上7人目となるJ1通算400試合出場を達成。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たFIFAコンフェデレーションズカップ2005

    2005年 - FIFAコンフェデレーションズカップ2005 (グループリーグ敗退)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た茨城県立カシマサッカースタジアム

    2012年、前年に退団した山口智に代わりガンバの副主将に就いた。6月23日、J1第15節札幌戦で、三浦淳宏の記録を抜くJリーグ歴代1位となる通算16得点目の直接フリーキックを決めた。7月21日、カシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチでは、サポーター投票で最多の320,709票を集め、Jリーグ選抜の一員として出場した。この年、ガンバは極度の不振に陥り、自身は代表との過密日程ながら5年ぶりにリーグ戦全試合に出場したが、京都時代以来のJ2降格となってしまった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たアメーバブログ

    2011年3月6日、アメーバブログに遠藤を名乗る偽ブログが掲載される騒動が起こった。8日にガンバ側が遠藤本人のブログではないことを公表し、同日中にブログは閉鎖された。本人は「ブログには興味がない」と語っている。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た2007年のJリーグカップ

    2006年からは、二川孝広・橋本英郎に加えこの年新加入した明神智和とで構成された抜群のパスワークで相手を圧倒する中盤は「黄金の中盤」と称され、ガンバの攻撃陣を牽引していたが、10月に日本代表でのインド遠征中に発熱してから体調が戻らず、後にウイルス性肝炎と判明したことで、シーズン終盤は1ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。12月2日に行われたリーグ最終節の浦和戦で復帰するも、チームは敗れリーグ連覇を逃した。2007年はシーズン通して大きな体調不良もなく、リーグ戦全34試合にフル出場し、ナビスコカップ優勝にも貢献。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たAFCアジアカップ2004

    2004年 - AFCアジアカップ2004 (優勝)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た国立霞ヶ丘陸上競技場

    初得点 - 2003年8月20日 キリンチャレンジカップ vsナイジェリア戦 (国立競技場)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

166件中 121 - 130件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード