166件中 21 - 30件表示
  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た三浦淳宏

    2012年、前年に退団した山口智に代わりガンバの副主将に就いた。6月23日、J1第15節札幌戦で、三浦淳宏の記録を抜くJリーグ歴代1位となる通算16得点目の直接フリーキックを決めた。7月21日、カシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチでは、サポーター投票で最多の320,709票を集め、Jリーグ選抜の一員として出場した。この年、ガンバは極度の不振に陥り、自身は代表との過密日程ながら5年ぶりにリーグ戦全試合に出場したが、京都時代以来のJ2降格となってしまった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た二川孝広

    2006年からは、二川孝広・橋本英郎に加えこの年新加入した明神智和とで構成された抜群のパスワークで相手を圧倒する中盤は「黄金の中盤」と称され、ガンバの攻撃陣を牽引していたが、10月に日本代表でのインド遠征中に発熱してから体調が戻らず、後にウイルス性肝炎と判明したことで、シーズン終盤は1ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。12月2日に行われたリーグ最終節の浦和戦で復帰するも、チームは敗れリーグ連覇を逃した。2007年はシーズン通して大きな体調不良もなく、リーグ戦全34試合にフル出場し、ナビスコカップ優勝にも貢献。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たアルベルト・ザッケローニ

    南アフリカW杯後に日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニからもレギュラーとして起用され、2011年1月に開催されたアジアカップでは全6試合にスタメン出場を果たし、チーム最年長、チーム最多CAP選手として若いチームを引っ張り、中盤の底から決定的なパスを何本も供給し、ゲームをコントロールし続けた大車輪の活躍で、日本代表の2大会ぶりのアジア制覇に大きく貢献し、大会MVPに輝いた本田圭佑は、MVPについて感想のコメントを求められ「個人的にはヤットさん(遠藤)だと思う。ああいう人がいなかったら勝負は紙一重だった」と遠藤を讃えた。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た朴智星

    高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た大島秀夫

    高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た山口智 (サッカー)

    2012年、前年に退団した山口智に代わりガンバの副主将に就いた。6月23日、J1第15節札幌戦で、三浦淳宏の記録を抜くJリーグ歴代1位となる通算16得点目の直接フリーキックを決めた。7月21日、カシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチでは、サポーター投票で最多の320,709票を集め、Jリーグ選抜の一員として出場した。この年、ガンバは極度の不振に陥り、自身は代表との過密日程ながら5年ぶりにリーグ戦全試合に出場したが、京都時代以来のJ2降格となってしまった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た横浜F・マリノス

    高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たガンバ大阪

    遠藤 保仁(えんどう やすひと、1980年1月28日 - )は、鹿児島県桜島町(現:鹿児島市)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。実兄は元サッカー選手の遠藤彰弘。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカー日本代表

    遠藤 保仁(えんどう やすひと、1980年1月28日 - )は、鹿児島県桜島町(現:鹿児島市)出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。実兄は元サッカー選手の遠藤彰弘。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たフジテレビジョン

    フジテレビ『ポンキッキシリーズ』のマスコット「ガチャピン」と容姿が似ていることから、スタジアムでガチャピンのイラストや人形を掲げて応援するサポーターも多い。2005年9月24日放送の「ポンキッキーズ」に出演した際、本物のガチャピンと共演し、「僕に似てるって言われるでしょ」と質問をされ、「昔は良く似てるって言われてました」と答えた。2010年には所属するガンバ大阪やフジテレビKIDSで、遠藤とガチャピンのコラボグッズが発売された。2010年9月8日にはガンバのホーム万博記念競技場へガチャピンが来場し、2011年9月25日にはガンバの練習場に訪れたガチャピンにサッカーを教えた。2011年12月4日に万博記念公園で行われたファン感謝祭では、自らガチャピンの着ぐるみを着て登場し、「本物です」「(似ているといわれて)嬉しいです」と答え、会場を沸かせた。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

166件中 21 - 30件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード