166件中 41 - 50件表示
  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカー大韓民国代表

    2010年10月12日、親善試合の韓国戦で、井原正巳、川口能活、中澤佑二に次ぐ4人目、GKとDF以外のポジションの選手では初となるA代表100試合出場を達成。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカーナイジェリア代表

    2002年、当時の日本代表監督ジーコによってA代表に初招集され、11月20日のキリンチャレンジカップ・アルゼンチン戦で初出場を果たし、2003年8月20日のナイジェリア戦で代表初ゴールを挙げる。以後、代表に定着するが、当時の中盤は同期の小野伸二や稲本潤一を始め、中田英寿や中村俊輔といった海外組が多い激戦区であり、レギュラーを勝ち取るには至らず、2006年のドイツW杯ではフィールドプレーヤー(GK以外の選手)で、唯一ピッチに立つことがなかった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た鹿児島実業高等学校

    鹿児島県桜島町に三兄弟の末弟として生まれ、6つ年上の長男・拓哉と4つ年上の次男・彰弘に影響され、物心ついた頃から自宅の庭でボールを蹴り、高校選手権やワールドカップのビデオを見ては、気に入ったプレーを真似していたという。鹿児島実業高等学校では1年生時の1995年に高校選手権優勝。2年生時の1996年には高円宮杯優勝、U-16日本代表に選出された。1997年の高校選手権では優秀選手に選ばれ、U-18日本代表にも選出された。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカーアルゼンチン代表

    2002年、当時の日本代表監督ジーコによってA代表に初招集され、11月20日のキリンチャレンジカップ・アルゼンチン戦で初出場を果たし、2003年8月20日のナイジェリア戦で代表初ゴールを挙げる。以後、代表に定着するが、当時の中盤は同期の小野伸二や稲本潤一を始め、中田英寿や中村俊輔といった海外組が多い激戦区であり、レギュラーを勝ち取るには至らず、2006年のドイツW杯ではフィールドプレーヤー(GK以外の選手)で、唯一ピッチに立つことがなかった。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たヴィッセル神戸

    憧れの選手はという問いには「2人の兄」を挙げており、6つ上の長男・拓哉は鹿児島実業高校では前園真聖と共にプレーし、次男よりも憧れの選手で、大学選抜や実業団で活躍。4つ年上の次男・彰弘は横浜FMや神戸で活躍し、アトランタオリンピックでは10番を背負ったなど、サッカー界では有名な「遠藤3兄弟」として知られている。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たエドウィン・ファン・デル・サール

    国内のリーグ戦やカップ戦では何度か失敗したことがあるが、リーグ戦での成功率は9割以上である。さらに、2008年のFIFAクラブワールドカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドとの対戦では、コロコロPKで元オランダ代表のファン・デル・サールからゴールを奪い、2010年のFIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦でも、1人目を任されて成功させる(ただし、この時はジャブラニがコロコロPKに合わないという理由でサイドに鋭く蹴った)など、代表での試合を含め国際大会においては未だに失敗をしたことがない。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た辻本茂輝

    高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た前園真聖

    憧れの選手はという問いには「2人の兄」を挙げており、6つ上の長男・拓哉は鹿児島実業高校では前園真聖と共にプレーし、次男よりも憧れの選手で、大学選抜や実業団で活躍。4つ年上の次男・彰弘は横浜FMや神戸で活躍し、アトランタオリンピックでは10番を背負ったなど、サッカー界では有名な「遠藤3兄弟」として知られている。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た立石智紀

    ガンバでは2002年に就任した西野朗監督の下、攻撃的なスタイルを標榜するチームの中心選手になっていき、ガンバに移籍して3年目の2003年に初めてJリーグベストイレブンを受賞する。2005年のナビスコカップ決勝の千葉とのPK戦では立石智紀相手にプロ入り以来初めてPKを失敗してしまいナビスコカップ優勝を逃すも、この年自身初のシーズン2桁得点を記録し、リーグ最終節の川崎戦では、PKでガンバにとって初のタイトルとなるJリーグ優勝を決める決勝ゴールを挙げ、自身にとっても初となるJリーグ優勝を経験。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たクレメルソン・デ・アラウージョ・ソアレス

    しかし、2008年6月末にウイルス性感染症により、再び1ヶ月以上の離脱を余儀なくされ、オーバーエイジ枠でのメンバー入りが確実視されていた北京オリンピック日本代表を辞退することとなった。さらに遠藤離脱後、ガンバはリーグ戦で不振に陥った。それでも、復帰後のACLではアシストを連発し、特に準決勝の浦和戦では2戦合計2ゴール2アシストと全得点に絡む活躍でクラブ初のアジア制覇に貢献し大会MVPを受賞した。同年11月には、イングランド2部のプリマスからオファーを受けるが、家族のことなどを考慮してガンバに残留した。同年12月に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップでも、準々決勝のアデレード・ユナイテッド戦では決勝ゴールを挙げ、準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦ではチームは敗れるも試合終盤にPKでゴールを挙げ、決定的なパスを前線に供給するなど攻守に活躍を見せた。この活躍により、同大会を優勝したマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督からは「キト(決勝で対戦した南米王者)には遠藤と同じくらいのクオリティーを持った選手はいなかった。」と賞賛された。さらに、同年度の天皇杯優勝にも貢献し、ガンバでは2005年のアラウージョ以来となる日本年間最優秀選手賞を受賞した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

166件中 41 - 50件表示

「遠藤保仁」のニューストピックワード