166件中 51 - 60件表示
  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たカルロス・レシャック

    高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たハンス・オフト

    2012年1月20日にNHK BS1で特集された『ドーハは悲劇だったのか?日本サッカー あの日からの18年?』番組内において、元日本代表監督のハンス・オフトは今一番会いたい選手として遠藤を指名し、対談する。その席上にて「遠藤の素晴らしさを日本で理解している人はまだまだ少ない。君は選手として全ての才能を持つ。状況判断、技術、メンタル。全てだ。」と賞賛した。また別の日にインタビュアーから「日本サッカーは何処を目指すべきか?W杯ベスト4か?それとも優勝か?」と問われ、「まずは日本は世界のベスト10を目標にするべき。それは遠藤のような選手を11人そろえれば必ずなれる。」と、ここでも遠藤を賞賛していた。遠藤は「ここまで評価して頂いているとは思わなかった。監督をして欲しいくらい。」と、喜びを表現していた。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカーフランス代表

    2012年10月12日、フランスとの国際親善試合にフル出場し、井原正巳が持っていた日本代表の国際Aマッチ最多出場記録の122試合に並ぶと、続く16日のブラジル戦にも出場し、最多出場記録を13年ぶりに更新した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た騎手

    趣味は競馬であり、2008年スプリンターズステークス優勝馬のスリープレスナイトの一口馬主であった。また騎手の福永祐一と交友がある。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たFUJI XEROX SUPER CUP

    2010年は代表との過密日程で開幕からコンディションが安定せず、2月27日に行われたゼロックススーパカップの鹿島戦では、PK戦で枠を外す失敗をしてしまい、自身の不調と比例するかのようにチームもリーグ戦で低迷してしまう。それでも、南アフリカW杯後の復帰初戦となった浦和戦では試合終了間際に決勝ゴールを挙げ(このゴールはガンバの公式応援番組『GAMBA TV〜青と黒〜』の年末特別企画『GAMBA TV アウォーズ』で、選手とサポーターが選ぶベストゴール賞を受賞した)、その後は安定した活躍を見せた。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たAFCチャンピオンズリーグ

    AFCチャンピオンズリーグMVP:1回 (2008年)遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たサッカーオランダ代表

    国内のリーグ戦やカップ戦では何度か失敗したことがあるが、リーグ戦での成功率は9割以上である。さらに、2008年のFIFAクラブワールドカップ準決勝のマンチェスター・ユナイテッドとの対戦では、コロコロPKで元オランダ代表のファン・デル・サールからゴールを奪い、2010年のFIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のパラグアイ戦でも、1人目を任されて成功させる(ただし、この時はジャブラニがコロコロPKに合わないという理由でサイドに鋭く蹴った)など、代表での試合を含め国際大会においては未だに失敗をしたことがない。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見た浦和レッドダイヤモンズ

    2006年からは、二川孝広・橋本英郎に加えこの年新加入した明神智和とで構成された抜群のパスワークで相手を圧倒する中盤は「黄金の中盤」と称され、ガンバの攻撃陣を牽引していたが、10月に日本代表でのインド遠征中に発熱してから体調が戻らず、後にウイルス性肝炎と判明したことで、シーズン終盤は1ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。12月2日に行われたリーグ最終節の浦和戦で復帰するも、チームは敗れリーグ連覇を逃した。2007年はシーズン通して大きな体調不良もなく、リーグ戦全34試合にフル出場し、ナビスコカップ優勝にも貢献。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たオリンピックサッカー日本代表選手

    しかし、2008年6月末にウイルス性感染症により、再び1ヶ月以上の離脱を余儀なくされ、オーバーエイジ枠でのメンバー入りが確実視されていた北京オリンピック日本代表を辞退することとなった。さらに遠藤離脱後、ガンバはリーグ戦で不振に陥った。それでも、復帰後のACLではアシストを連発し、特に準決勝の浦和戦では2戦合計2ゴール2アシストと全得点に絡む活躍でクラブ初のアジア制覇に貢献し大会MVPを受賞した。同年11月には、イングランド2部のプリマスからオファーを受けるが、家族のことなどを考慮してガンバに残留した。同年12月に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップでも、準々決勝のアデレード・ユナイテッド戦では決勝ゴールを挙げ、準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦ではチームは敗れるも試合終盤にPKでゴールを挙げ、決定的なパスを前線に供給するなど攻守に活躍を見せた。この活躍により、同大会を優勝したマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督からは「キト(決勝で対戦した南米王者)には遠藤と同じくらいのクオリティーを持った選手はいなかった。」と賞賛された。さらに、同年度の天皇杯優勝にも貢献し、ガンバでは2005年のアラウージョ以来となる日本年間最優秀選手賞を受賞した。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤保仁

    遠藤保仁から見たスプリンターズステークス

    趣味は競馬であり、2008年スプリンターズステークス優勝馬のスリープレスナイトの一口馬主であった。また騎手の福永祐一と交友がある。遠藤保仁 フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示